みかち司法書士事務所

  • 2022年10月1日

遺言書の内容と違う遺産分割協議はできるのか?

亡くなった人が遺言書を残していても遺産分割協議をすることは可能です。ただし、相続人全員の同意や受遺者や遺言執行者の同意も必要になります。遺言書と遺産分割協議の関係について、不動産登記の考えは違うので気を付けてください。

  • 2022年9月29日

遺産分割協議は債務不履行を原因に解除できない

債務不履行を原因に遺産分割協議を解除することはできません。たとえ債務負担が遺産分割の条件だったとしても解除はできません。遺産分割協議で債務負担を条件にするなら、債務不履行のリスクに注意してください。

  • 2022年9月24日

遺産分割協議書に相続放棄した人は記載するのか?

相続放棄した人は遺産分割協議に関わりません。遺産分割協議書に署名捺印も不要です。相続登記を申請する際は、遺産分割協議書だけでなく相続放棄申述受理証明書も添付します。遺産分割協議と相続放棄の注意点も確認してください。

  • 2022年9月4日

共有名義不動産の持分を相続すると共有者になる

共有不動産の持分も相続財産に含まれます。共有持分を相続した人は共有者となります。共有不動産を処分するなら相続登記が必要です。保有するなら誰が管理費用を負担するのか決めておきましょう。

  • 2022年8月15日

【共有持分の移転登記】申請書の記載例を用いて説明

不動産の共有持分を移転したなら、共有持分の移転登記を申請してください。共有持分の移転登記をしなければ、登記簿上では共有状態のままです。共有持分の移転を第3者に対抗するには、持分移転登記を済ませておく必要があります。

>相続専門の司法書士事務所

相続専門の司法書士事務所

相続に関する悩みや疑問があれば、お気軽にお問い合わせください。
遺言書に関すること。
相続登記に関すること。
相続手続に関すること。
相続放棄に関すること。
後見に関すること。
事実婚や同性カップルの相続対策。

CTR IMG