みかち司法書士事務所

  • 2021年4月26日

不在者財産管理人が相続放棄するには許可が必要

不在者財産管理人が相続放棄することはできるのか。本来であれば法定相続分を確保するのが仕事となります。ですが、亡くなった人の財産が借金等であれば、不在者の財産を減らさないためにも相続放棄が必要になります。家庭裁判所の許可を得たうえで、手続きを進めてください。

  • 2021年4月24日

養子縁組を解消すると相続はどうなるのか?

養子縁組を解消すると相続はどうなるのでしょうか?解消する時期により、相続に与える影響が違います。生前に解消すれば相続は発生しません。一方、死後に解消しても、すでに発生した相続に影響はありません。ただし、代襲相続を防ぐことは出来ます。

  • 2021年4月22日

養子縁組により代襲相続も発生する

養子縁組をすることにより、養親が亡くなった後に代襲相続人になる可能性があります。養親の親や兄弟姉妹の相続人となります。ただし、相続放棄をすることもできますし、死後離縁をすることもできます。急な相続に慌てないように、親族関係は確認しておいてください。

  • 2021年4月19日

不在者財産管理人の権限外行為許可とは?

不在者財産管理人が遺産分割協議をしたり不動産を売却するには、家庭裁判所の許可が必要となります。保存行為や管理行為はできるのですが、処分行為に関しては権限外となります。権限外行為許可の申立てをして認めてもらう必要があります。

  • 2021年4月17日

不在者財産管理人の予納金は申立人の負担となる

不在者財産管理人の選任申立てをするのに、予納金を負担することがあります。目安は20万円~100万円と言われていますが、不在者の財産により金額に違いがあります。財産管理人の報酬や事務費用を支払うために使われます。業務終了後に余れば返還されます。

  • 2021年4月15日

独身の叔母が亡くなると相続はどうなる?

あなたの親族に独身の叔母がいると、相続で関係する可能性が高いです。甥・姪として相続人になることもありますし、親の代わりに相続手続をすることもあります。ただし、遺言書があれば内容に従って財産は承継されます。前もって遺言書や相続人の確認をしておきましょう。

>相続専門の司法書士事務所

相続専門の司法書士事務所

相続に関する悩みや疑問があれば、お気軽にお問い合わせください。
遺言書に関すること。
相続登記に関すること。
相続手続に関すること。
相続放棄に関すること。
後見に関すること。
事実婚や同性カップルの相続対策。

CTR IMG