CATEGORY

遺留分

相続人に認められた最低限の相続分

遺留分の計算|元になる金額を知る必要がある

あなたの遺留分が侵害されているかどうかを知るには、計算の元となる金額を知る必要があります。 なぜなら、遺留分割合を知っていても、何に対してなのかが分からなければ意味がないからです。 亡くなった人の残した財産だけが、計算の対象になるわけではないです。 場合によっては、亡くなる前に贈与した財産も、遺留分の計算対象となります。 遺言書の内容があなたに不利だと感じたら、遺留分侵害額を計算してみてください。 […]

遺留分侵害額請求|請求できるのは金銭の支払い

亡くなった人が残した遺言書の内容によっては、あなたの遺留分を侵害しているかもしれません。 遺留分を侵害された場合は、遺留分侵害額請求を行使することができます。 請求権を行使することにより、遺留分に相当する金銭の支払いを求めることができます。 期間制限等もありますので、今回の記事を参考にしてください。 目次 遺留分侵害とは 遺留分減殺請求との違い 相続開始日で適用制度が違う 遺留分侵害額請求権者 請 […]

遺留分放棄と相続放棄は何が違うのか

遺留分放棄と相続放棄は名称も似ていますし、権利を放棄するという点は同じです。 しかしながら、放棄している権利がまったく別なので、勘違いしていると大変なことになります。 最大の違いは相続人かどうかです。 遺留分放棄をしても相続人ですが、相続放棄をすると相続人ではないです。 2つの放棄の違いについて説明していきます。 目次 遺留分放棄とは請求権の放棄 相続放棄で相続人ではない 2つの放棄の比較 相続開 […]

遺留分放棄の手続き|家庭裁判所に許可申立書を提出する

遺留分放棄に手続きが必要になるのは、相続開始前に行う場合です。相続開始後は何もしなければ遺留分放棄となります。 相続開始前に行う場合は、家庭裁判所に遺留分放棄の許可申立書を提出します。家庭裁判所の許可を得なければ放棄することはできません。 今回の記事は、相続開始前の遺留分放棄の手続きについてです。 目次 家庭裁判所等の確認 管轄家庭裁判所 申立てができる時期 遺留分を放棄できる人 提出に必要な費用 […]

遺留分の放棄は相続の前後で方法が違う

遺留分の放棄とは簡単に言うと、遺留分を侵害されても請求しませんという意思表示のこと。相続開始前と相続開始後では、少し変わってきますが根本的には同じです。 相続開始前の遺留分放棄は、相続対策以外で関係することはないです。 したがって、相続対策を考えている人が、遺留分の放棄を調べているのではないでしょうか。 今回の記事は遺留分の放棄についてなので、参考にしてみてください。 目次 相続開始前は許可が必要 […]

遺留分の割合|9つの組み合わせで計算

遺留分の割合を把握しておくことは、相続対策において重要となります。 遺留分は誰が相続人になるのかで全体割合が変わるのと、複数人存在する場合は法定相続分で案分します。 9つの組み合わせで割合計算をしていますので、相続対策する際の参考にしてみてください。 目次 財産全体に対する割合 相続人が直系尊属だけ その他の場合 配偶者だけ 配偶者と子ども 配偶者と子ども1人 配偶者と子ども2人 子どもだけ 子ど […]

遺留分とは相続人に保障された最低限の相続分

相続対策を検討していると高確率で遺留分の話が出てきます。 たとえば、「遺留分に配慮して遺言書を書いてください」や「生前贈与をする代わりに遺留分を放棄してもらいましょう」等があります。 遺留分をシンプルに説明すると、相続人の最低限の相続分です。 ですので、全財産を第3者に遺贈しても、相続人は遺留分を請求することができます。 財産を残す方と残される方のどちらにとっても重要になる、遺留分について説明して […]

>相続に関する取扱い業務

相続に関する取扱い業務

相続に関する相談
遺言書の文案作成
任意後見契約書の文案作成
相続登記
相続放棄
後見申立書作成
その他

CTR IMG