CATEGORY

特別縁故者

亡くなった人に相続人がいなかった場合、生前に特別の縁故があった人に財産の一部または全部を譲る制度です。ただし、自動的に財産が貰えるわけではなく、家庭裁判所に申立てをして認めてもらう必要があります。

  • 2021年1月30日

亡くなった人の療養看護に努めた人|特別縁故者に該当する3類型の1つ

特別縁故者に該当する3類型の1つに、亡くなった人の療養看護に努めた人があります。親族だけでなく色々な人が該当する可能性があります。直接的な療養看護だけではなく、周辺行為も療養看護に含まれているようです。ただし、報酬を得て療養看護をしている人は基本的に該当しません。

  • 2020年12月10日

特別縁故者が不動産を取得した際の手続き

特別縁故者が財産分与により不動産を取得した場合も、一般的な不動産の手続きをする必要があります。不動産の登記名義の変更や各種税金の支払い。不動産の評価額によっては費用も高額になりますので、前もって確認しておいてください。

  • 2020年9月4日

特別縁故者制度を当てにするのは危険|意外と相続人は存在する

あなたが前もって特別縁故者制度を調べているのなら、伝えておきたいのは当てにするのは危険だということです。 なぜなら、あなたの知らない相続人が存在する可能性があるからです。 特別縁故者制度は相続人がいないことが前提なので、1人でも存在すると使うことができません。亡くなった人と相続人とが疎遠であっても関係ないです。 今回の記事は、相続人が存在する可能性についてです。 目次 相続人の範囲 配偶者は絶対に […]

  • 2020年7月1日

特別縁故者とは|残された人の最後の希望

亡くなった人が遺言書を残していなかったとしても、相続人がいない場合には財産を取得する可能性が残っています。生前に特別の縁故があったと認められると財産分与が可能です。ただし、自動的に取得できるわけではなく、申立て等の手続きをしなければなりません。

>相続専門の司法書士事務所

相続専門の司法書士事務所

相続に関する悩みや疑問があれば、お気軽にお問い合わせください。
遺言書に関すること。
相続登記に関すること。
相続手続に関すること。
相続放棄に関すること。
後見に関すること。
事実婚や同性カップルの相続対策。

CTR IMG