CATEGORY

特別縁故者

亡くなった人に相続人がいなかった場合、生前に特別の縁故があった人に財産の一部または全部を譲る制度です。ただし、自動的に財産が貰えるわけではなく、家庭裁判所に申立てをして認めてもらう必要があります。

  • 2021年6月24日

特別縁故者の申立期間は3ヶ月なので確認を忘れずに

特別縁故者の財産分与の申立ては、相続人の不存在確定後3ヶ月以内です。不存在が確定するまで、相続財産管理人の選任から1年ぐらいかかります。気付かずに期間が経過してしまうと、申立てをすることができません。状況確認をして準備をしておきましょう。

  • 2021年1月30日

亡くなった人の療養看護に努めた人|特別縁故者に該当する3類型の1つ

特別縁故者に該当する3類型の1つに、亡くなった人の療養看護に努めた人があります。親族だけでなく色々な人が該当する可能性があります。直接的な療養看護だけではなく、周辺行為も療養看護に含まれているようです。ただし、報酬を得て療養看護をしている人は基本的に該当しません。

  • 2020年12月11日

特別縁故者の申立ての流れ|財産を取得するには時間がかかる

特別縁故者が財産分与の申立てをするには、相続財産管理人が選任されている必要があります。ですので、初めにするのは相続財産管理人の選任申立て手続きです。手続きの流れの中で相続人不存在が確定してから、特別縁故者の申立てとなります。

  • 2020年12月10日

特別縁故者が不動産を取得した際の手続き

特別縁故者が財産分与により不動産を取得した場合も、一般的な不動産の手続きをする必要があります。不動産の登記名義の変更や各種税金の支払い。不動産の評価額によっては費用も高額になりますので、前もって確認しておいてください。

  • 2020年9月17日

特別縁故者も相続税の課税対象者になるので金額に注意

亡くなった人の特別縁故者として財産を取得した人も、相続税の課税対象者になります。相続税には基礎控除があるので、すべての人に相続税が発生するわけではないです。ただし、不動産を取得した場合は、特例や控除が適用されないので注意が必要です。

  • 2020年9月4日

特別縁故者制度は相続人がいる場合は利用できない

亡くなった人に相続人が1人でも存在すると、特別縁故者制度は利用することが出来ません。相続人が存在する可能性は低くないので、生前から特別縁故者を当てにするのは危険です。できる限り相続対策を取っておいてください。

  • 2020年7月1日

特別縁故者とは|残された人の最後の希望

亡くなった人が遺言書を残していなかったとしても、相続人がいない場合には財産を取得する可能性が残っています。生前に特別の縁故があったと認められると財産分与が可能です。ただし、自動的に取得できるわけではなく、申立て等の手続きをしなければなりません。

>相続専門の司法書士事務所

相続専門の司法書士事務所

相続に関する悩みや疑問があれば、お気軽にお問い合わせください。
遺言書に関すること。
相続登記に関すること。
相続手続に関すること。
相続放棄に関すること。
後見に関すること。
事実婚や同性カップルの相続対策。

CTR IMG