CATEGORY

特別代理人

  • 2021年1月13日

未成年者に特別代理人が必要になる|相続手続では珍しくはないので確認しておこう

亡くなった人に幼い子供がいると相続手続で利益相反になりやすいです。子どもの代わりに親が相続手続をするのですが、その行為が利益相反行為に該当しやすいです。子どもの為に特別代理人を選任しなければ、手続きを進めることができません。どのようなケースが該当するのか確認しておいてください。

>相続専門の司法書士事務所

相続専門の司法書士事務所

相続に関する悩みや疑問があれば、お気軽にお問い合わせください。
遺言書に関すること。
相続登記に関すること。
相続手続に関すること。
相続放棄に関すること。
後見に関すること。
事実婚や同性カップルの相続対策。

CTR IMG