CATEGORY

遺産分割

  • 2022年11月12日

遺産分割協議書の作成が不要になるケースを4つ説明

相続手続きをする際に遺産分割協議書が不要なケースもあります。遺言書があれば遺産分割協議書は不要ですし、相続人が1人しかいなければ遺産分割協議書は不要です。銀行の用紙に相続人全員が署名捺印すれば遺産分割協議書は不要です。

  • 2022年10月27日

遺産分割協議も詐害行為に該当すれば取消しが可能

債務者が参加した遺産分割協議も詐害行為取消権の対象です。債務者が無資力や債権者を害することを知っていた等の要件を満たせば、遺産分割協議も詐害行為となります。ただし、取り消すには訴訟を提起する必要があります。

  • 2022年10月22日

遺産分割協議に相続人以外が参加することはあるのか?

遺産分割協議の参加者は相続人全員です。原則として、相続人以外は遺産分割協議に参加しないのですが、相続人の法定代理人や包括受遺者は遺産分割協議の参加者となります。相続放棄した相続人は遺産分割協議に参加しません。

  • 2022年10月20日

遺産分割協議書には未成年者ではなく親権者が署名捺印

未成年者が遺産分割協議書に署名捺印しても、相続手続きでは使用できないので注意してください。未成年者の代わりに親権者が遺産分割協議書に署名捺印します。未成年者と親権者が利益相反に該当する場合は特別代理人が遺産分割協議書に署名捺印します。

  • 2022年10月14日

【遺産分割と葬儀費用】費用負担で相続人同士が揉めやすい

葬儀費用は遺産分割の対象ではないですが、遺産分割協議の中で話し合うのは自由です。遺産分割協議が成立すれば、葬儀費用も遺産分割協議書に記載します。葬儀費用で揉めると遺産分割協議が成立しないので注意してください。

  • 2022年10月12日

代償分割により不動産を譲渡するなら3つの税金に注意

代償分割による不動産を譲渡するなら3つの税金に注意してください。譲渡所得税、不動産取得税、登録免許税の3つです。遺産分割協議をする際は不動産の価値だけなく税金についても話し合っておきましょう。

  • 2022年10月9日

代償分割により贈与税が課税されるケースを3つ説明

代償分割による支払いであっても、贈与税が課税される可能性はあります。遺産分割協議書に記載がない、遺産を上回る金額を支払った、生命保険金を相続財産と間違えた。知っていれば防げる内容なので、代償分割をするなら贈与税に注意してください。

  • 2022年10月6日

遺産分割協議書には代償分割による支払いであると記載する

遺産分割の内容に代償分割による支払いがあるなら遺産分割協議書に記載しましょう。遺産分割協議書に記載しなければ単なる贈与と判断される可能性もあります。誰が読んでも代償分割による支払いであると分かるように記載してください。

  • 2022年10月1日

遺言書の内容と違う遺産分割協議はできるのか?

亡くなった人が遺言書を残していても遺産分割協議をすることは可能です。ただし、相続人全員の同意や受遺者や遺言執行者の同意も必要になります。遺言書と遺産分割協議の関係について、不動産登記の考えは違うので気を付けてください。

  • 2022年9月29日

遺産分割協議は債務不履行を原因に解除できない

債務不履行を原因に遺産分割協議を解除することはできません。たとえ債務負担が遺産分割の条件だったとしても解除はできません。遺産分割協議で債務負担を条件にするなら、債務不履行のリスクに注意してください。

  • 2022年9月24日

遺産分割協議書に相続放棄した人は記載するのか?

相続放棄した人は遺産分割協議に関わりません。遺産分割協議書に署名捺印も不要です。相続登記を申請する際は、遺産分割協議書だけでなく相続放棄申述受理証明書も添付します。遺産分割協議と相続放棄の注意点も確認してください。

>相続専門の司法書士事務所

相続専門の司法書士事務所

相続に関する悩みや疑問があれば、お気軽にお問い合わせください。
遺言書に関すること。
相続登記に関すること。
相続手続に関すること。
相続放棄に関すること。
後見に関すること。
事実婚や同性カップルの相続対策。

CTR IMG