CATEGORY

養子縁組

  • 2021年9月21日

死後離縁をしても相続には影響しないが代襲相続は防げる

死後離縁をしても相続には影響しません。養子縁組を解消しても、すでに発生している相続には関係しないからです。死後離縁をしても相続財産を返却する必要はありません。ただし、亡くなった養親に借金があれば支払う必要があります。

  • 2021年9月18日

死後離縁のデメリットは4つ|欠点も把握して利用しよう

死後離縁にもデメリットがあります。家庭裁判所の許可が必要、すでに発生している相続には影響しない、死後離縁を撤回することはできない、養子縁組の期間によっては苗字が使えないです。デメリットも把握したうえで、死後離縁の手続きをしましょう。

  • 2021年4月24日

養子縁組を解消すると相続はどうなるのか?

養子縁組を解消すると相続はどうなるのでしょうか?解消する時期により、相続に与える影響が違います。生前に解消すれば相続は発生しません。一方、死後に解消しても、すでに発生した相続に影響はありません。ただし、代襲相続を防ぐことは出来ます。

  • 2021年4月22日

養子縁組により代襲相続も発生する

養子縁組をすることにより、養親が亡くなった後に代襲相続人になる可能性があります。養親の親や兄弟姉妹の相続人となります。ただし、相続放棄をすることもできますし、死後離縁をすることもできます。急な相続に慌てないように、親族関係は確認しておいてください。

  • 2021年3月2日

養子縁組により相続放棄の機会は増える

養子縁組をしている人は相続放棄に気を付けてください。自分では気づいていなくても相続人になっているケースがあります。養子縁組をしても実親の相続人です。実子と養子は兄弟姉妹なので第3順位の相続人となります。自分が誰の相続人になるか確認しておいてください。

  • 2021年2月9日

代理出産と養子縁組|特別養子縁組が認められないと相続が複雑になる

代理出産をすると養子縁組をする流れとなります。なぜなら、出産した人が母親となるので、養子縁組をしなければ親子関係が生じないからです。父親についても認知をしなければ親子関係は生じません。代理出産で子どもを授かると相続が複雑になります。必ず確認しておいてください。

>相続専門の司法書士事務所

相続専門の司法書士事務所

相続に関する悩みや疑問があれば、お気軽にお問い合わせください。
遺言書に関すること。
相続登記に関すること。
相続手続に関すること。
相続放棄に関すること。
後見に関すること。
事実婚や同性カップルの相続対策。

CTR IMG