CATEGORY

相続放棄

亡くなった人と相続では無関係になる方法が相続放棄です。ただし、3ヶ月以内という短い期間で手続きを進める必要があります。相続放棄をするなら、亡くなった人の財産を消費してはいけません。単純承認をしたとみなされてしまいます。

相続放棄の記事まとめも参考にしてください。

相続放棄に関する記事まとめ

  • 2021年2月18日

相続放棄申述の有無照会手続き|連絡が取れなくても確認する方法

相続放棄をした相続人と連絡が取れない人もいます。自分で確認する方法が相続放棄申述の有無照会です。相続放棄申述受理証明書を取得するためや、自分が相続放棄をするために確認します。家庭裁判所の手続きとなりますので、必要な書類等を確認しておいてください。

  • 2021年2月1日

相続放棄の熟慮期間|3ヶ月の起算点はいつなのか 

相続放棄は3ヶ月以内という短い期間で手続きを進める必要があります。ですが、いつから3ヶ月以内なのかが曖昧になっている人も多いです。亡くなった人と生前に疎遠であれば、何年経過していても熟慮期間は経過していません。後順位の相続人は先順位の相続人が全員相続放棄をしてからです。

  • 2021年1月8日

相続放棄したことを連絡する必要はあるのか?

相続放棄したことを連絡した方が良いのか悩んでいる人も多いです。結論としては、あなたがどうしたいのかで答えが変わります。教える義務はないので、教えなかったからといって罪になるわけではないです。あなたとの関係性で判断してもらって大丈夫です。

  • 2020年12月17日

相続放棄しているかを確認する方法は3つある

相続放棄しているかを確認する方法は3つあります。直接聞く、受理通知書を見せてもらう、自分で照会する。どの方法を使ってもいいのですが、手段であって目的ではないです。確認した後の手続きも忘れずに行いましょう。

  • 2020年12月12日

未成年者が相続放棄をする|利益相反に該当するなら特別代理人

未成年者が相続放棄をする場合は、親権者と利益相反に該当するかを確認する必要があります。利益相反に該当する場合は、特別代理人を選任しなければいけません。特別代理人が未成年者の相続放棄の申述を行います。どのようなケースが利益相反に該当するかを確認しておいてください。

  • 2020年11月25日

相続放棄を自分でする|時間に余裕があることが最低条件

相続放棄を自分でしようと思っている人向けの記事となります。自分でする場合に注意する点は、時間が確保できるかどうかです。相続放棄は期間制限があるので、時間が確保できない人がするには向いていません。専門家を利用しましょう。

  • 2020年10月27日

相続放棄に関して勘違いしやすいこと

相続放棄について勘違いされている人が多いと感じます。悩む必要がないのに悩んでいる人が、世の中には多いのではないでしょうか。依頼を受けた際に勘違いされていた事例から、複数取り上げていますので参考にしてみてください。

>相続専門の司法書士事務所

相続専門の司法書士事務所

相続に関する悩みや疑問があれば、お気軽にお問い合わせください。
遺言書に関すること。
相続登記に関すること。
相続手続に関すること。
相続放棄に関すること。
後見に関すること。
事実婚や同性カップルの相続対策。

CTR IMG