CATEGORY

相続放棄

亡くなった人と相続では無関係になる方法が相続放棄です。ただし、3ヶ月以内という短い期間で手続きを進める必要があります。相続放棄をするなら、亡くなった人の財産を消費してはいけません。単純承認をしたとみなされてしまいます。

相続放棄の質問をまとめています。

相続放棄の記事まとめも参考にしてください。

  • 2021年10月1日

相続放棄は絶縁状態の家族が亡くなっても必要

亡くなった人と絶縁状態であっても、相続しないのであれば相続放棄が必要になります。郵送物などで死亡を知ることが多いので、知った日から3ヶ月以内となります。後回しにせず手続きを行いましょう。

  • 2021年8月23日

相続放棄は郵送での提出も可能なので遠方でも大丈夫

相続放棄の申述書は郵送で提出することも可能です。家庭裁判所が遠方の場合や昼間に時間が取れない場合は、郵送で提出できるので安心してください。郵送する場合は普通郵便ではなく、書留やレターパックプラスなどで送る方が安全です。

  • 2021年8月18日

相続放棄は財産の保存行為をした場合でも認められる

自分の行為が単純承認とみなされないか、不安に思われていませんか。 あなたの行為が保存行為に該当するなら、単純承認とはみなされません。 ただし、相続放棄を検討しているなら、保存行為であってもしない方が安全です。過去には保存行為と思われる行為で、単純承認とみなされた事例もあります。 今回の記事では、相続放棄と保存行為について説明しているので、相続放棄を検討される際の参考にしてください。 目次 保存行為 […]

  • 2021年8月11日

相続放棄をするなら入院給付金や高額療養費の受取人に注意

相続放棄をするなら、入院給付金や高額療養費の受取人には注意が必要です。受取人が亡くなった人なら、相続放棄をすると受け取ることができません。逆に、亡くなった人以外なら、個人の財産をとして受け取ります。相続放棄する場合は受取人の確認が重要です。

  • 2021年8月5日

相続放棄の照会書(回答書)を記載する際のポイントは3つ

相続放棄をご自身でされると、照会書(回答書)の書き方が分からず困っている人もいます。照会書は本人確認を兼ねて送ってきます。注意点は、死亡を知った経緯と相続財産の消費についてです。嘘を書かずに正直に記載しましょう。

  • 2021年7月27日

相続放棄に必要な収入印紙と予納郵券を用意しよう

相続放棄を自分でする場合は、収入印紙や予納郵券も自分で用意します。収入印紙は郵便局でも購入できるので、切手と一緒に購入すると効率がいいです。予納郵券は家庭裁判所ごとに必要な金額が違うので、管轄家庭裁判所で確認しておきましょう。

  • 2021年7月23日

相続放棄をすると次順位の相続人に借金等が移ってしまう

全員が相続放棄すると、次順位の相続人に相続が移ります。相続が移ることを知らなければ、思わぬトラブルを招くこともあります。次順位の相続人と交流があれば、相続放棄を知らせておきましょう。次順位の相続人は相続放棄を知った日から3ヶ月以内なら相続放棄できます。

  • 2021年7月22日

生前にした相続放棄の口約束や同意書等の意思表示は無効

生前に相続放棄の約束をしても法的拘束力はありませんので、相続を選ぶことも自由です。相続発生後の約束は有効ですが、家庭裁判所で手続きをしなければ相続放棄は認められません。3ヶ月以内に家庭裁判所で手続きをしましょう。

  • 2021年7月19日

相続放棄を兄弟がするなら期限は2通りあるので気を付けよう

兄弟が相続放棄をする場合、3ヶ月の期限に気を付ける必要があります。なぜなら、起算日(スタート日)が2通りあるので、どちらに該当するかにより期限に違いがあるからです。いつから3ヶ月以内なのかを、まずは確認しておいてください。

  • 2021年7月18日

相続放棄したいが親戚に迷惑をかけたくないなら方法は3つ

相続放棄をしたいが親戚に迷惑をかけたくないと、悩んでいる相続人は少なくありません。迷惑をかけない方法は3つ考えられます。相続放棄の費用を負担すると、限定承認をして相続権を回さないです。どの方法もメリット・デメリットがあるので、しっかりと相談してください。

  • 2021年6月19日

相続放棄と生活保護の関係|返還義務にも気を付けておこう

亡くなった人が生活保護を受給していた場合、借金だけではなく生活保護費の返還義務にも気を付けましょう。返還義務は相続人が引き継ぎます。生活保護を受給していても相続放棄をすることはできますが、相続財産の内容によっては窓口で相談した方がいいです。

  • 2021年4月9日

相続放棄を孫がする|親が亡くなっているなら注意

孫が相続放棄をする場合は、親が先に亡くなっているはずです。子どもが相続放棄する場合とは違う注意点もあります。戸籍謄本の枚数が増えたり、2つの立場で手続きをするケースもあります。疑問点をまとめていますので、参考にしてください

  • 2021年4月2日

相続放棄は葬儀代を支払っても認められるのか?

葬儀代を支払っても相続放棄ができるかは、誰の財産から支払ったかで結論が違います。自分の財産から葬儀代を支払って相続放棄はできます。相続財産から支払った場合はケースごとに判断されます。

  • 2021年3月20日

相続放棄をした人がいると法定相続分が変更になる

他の相続人が相続放棄をすると、あなたの相続分が変化することはご存知でしょうか。相続人の数が変われば相続分も変わります。相続財産に借金があれば相続分の割合は重要です。割合に従って借金を負担することになるからです。他の相続人が相続放棄している場合は、相続分の変化に気を付けてください。

  • 2021年3月5日

相続放棄の撤回は無理だが取消し事由があれば取消しは可能

相続放棄の申述が受理されると撤回することはできません。たとえ見つかっていなかった預貯金が発見されたとしても認められません。ただし、取消し事由がある場合には相続放棄を取消すことができます。相続放棄をする際は撤回することが出来ないことは知っておいてください。

  • 2021年2月18日

相続放棄の有無照会|連絡が取れなくても事件番号は調べれる

相続放棄をした相続人と連絡が取れない人もいます。自分で確認する方法が相続放棄申述の有無照会です。相続放棄申述受理証明書を取得するためや、自分が相続放棄をするために確認します。家庭裁判所の手続きとなりますので、必要な書類等を確認しておいてください。

  • 2021年2月15日

相続放棄は借金に後から気付いても認められるのか?

相続開始後3ヶ月経過してから借金の存在に気付くことがあります。原則として、相続は確定しているので借金も支払うことになります。ただし、借金に気付くことが出来なかった特別な事情があれば、相続放棄が認められる可能性はあります。

  • 2021年2月10日

相続放棄をしても受け取れるもの|忘れずにチェックしておこう

相続放棄をすると相続人ではなくなります。相続人ではないので相続財産を受け継ぐことはできないです。ただし、相続放棄をしても受け取れる財産はあります。生命保険金や未支給年金等が有名ですが、その他にも色々ありますので確認しておいてください。

  • 2021年2月1日

相続放棄の期間は3ヶ月|いつまでなのか確認しておこう

相続放棄は3ヶ月以内という短い期間で手続きを進める必要があります。ですが、いつから3ヶ月以内なのかが曖昧になっている人も多いです。亡くなった人と生前に疎遠であれば、何年経過していても熟慮期間は経過していません。後順位の相続人は先順位の相続人が全員相続放棄をしてからです。

  • 2021年1月8日

相続放棄を連絡する必要はあるのか?

相続放棄したことを連絡した方が良いのか悩んでいる人も多いです。結論としては、あなたがどうしたいのかで答えが変わります。教える義務はないので、教えなかったからといって罪になるわけではないです。あなたとの関係性で判断してもらって大丈夫です。

>相続専門の司法書士事務所

相続専門の司法書士事務所

相続に関する悩みや疑問があれば、お気軽にお問い合わせください。
遺言書に関すること。
相続登記に関すること。
相続手続に関すること。
相続放棄に関すること。
後見に関すること。
事実婚や同性カップルの相続対策。

CTR IMG