CATEGORY

相続登記

  • 2021年7月17日

調停調書は相続登記を申請する際の添付書類となる

遺産分割調停により不動産の取得者を決めた場合、調停調書を添付書類として相続登記を申請します。相続登記は不動産の取得者から単独申請することができます。ただし、相続登記を先にしている場合は、相続人全員で共同申請となります。

  • 2021年7月14日

相続登記の添付書類は相続の内容により違いがある

相続登記の添付書類は、相続の内容により違いがあります。戸籍謄本や住民票、遺言書や遺産分割協議書等が添付書類になります。ご自身で相続登記をする際は、あらかじめ確認して抜けがないように気を付けてください。

  • 2021年7月5日

相続登記の際に相続関係説明図を提出すると戸籍が返却される

相続関係説明図とは相続登記の添付書類の1つです。亡くなった人の相続関係について整理された書面。ただし、提出しなくても相続登記に影響はありません。メリットは戸籍謄本等が返却されるので、何度も取得する手間と費用がかかりません。

  • 2021年7月3日

相続登記の登記原因証明情報は相続の内容により違いがある

相続登記の登記原因証明情報とは、相続を証明する書類のことです。相続の内容により、提出する書類に違いがあります。戸籍謄本や除籍謄本、遺言書や遺産分割協議書等を提出します。必要となる書類を確認しておいてください。

  • 2021年7月2日

相続登記を法定相続分で申請するなら単独でも可能

法定相続分の割合で相続登記をすることもできます。相続人の1人から単独申請をすることも可能ですが、デメリットもあるのでご注意ください。申請人にならなかった相続人には、登記識別情報が発行されません。相続人全員が申請人なることをお勧めします。

  • 2021年7月1日

相続放棄をした人がいると相続登記の添付書類は増える

相続放棄をした相続人がいると、相続登記の添付書類が増えます。受理通知書または受理証明書のどちらかで、登記官に相続放棄を証明する必要があるからです。受理証明書は他の相続人も取得できるので、あらかじめ準備しておいてください。

  • 2021年6月29日

相続登記の課税価格は不動産ごとに違うので確認しておこう

相続登記をする際に必要となる登録免許税を計算するには、不動産の課税価格を知る必要があります。課税価格は固定資産評価証明書を取得して、評価額を確認すれば分かります。最新年度の評価額になるので、取得する場合はご注意ください。

>相続専門の司法書士事務所

相続専門の司法書士事務所

相続に関する悩みや疑問があれば、お気軽にお問い合わせください。
遺言書に関すること。
相続登記に関すること。
相続手続に関すること。
相続放棄に関すること。
後見に関すること。
事実婚や同性カップルの相続対策。

CTR IMG