CATEGORY

同性婚

現時点の法律では、同性カップルは婚姻届けを提出することができません。

ですので、パートナーは法定相続人とはなりません。パートナーに財産を残すための相続対策は必須となります。

遺言書の作成、生前贈与、信託契約、生命保険金の受取、養子縁組等が相続対策として有名です。

  • 2021年2月17日

性別の変更手続き|6つの要件を満たす必要がある

性別の変更をするには6つの要件を満たす必要があります。2人以上の医師により性同一性障害であると診断されている、20歳以上、婚姻していない、未成年の子どもがいない、生殖腺を除去している、他の性別の性器の部分に近似する外観を備えている。

  • 2021年2月7日

同性カップルと子どもの相続関係|複雑になりやすいので必ず確認しておこう

同性カップルに子どもがいる割合は小さいです。ただし、子どもについて話し合っているカップルは多いでしょう。同性カップルと子どもの相続関係は複雑になりやすいです。連れ子との養子縁組、精子提供による父親、代理出産による母親等が考えられます。まずは、相続権について確認しておいてください。

  • 2020年12月29日

明石市パートナーシップ・ファミリーシップ制度

明石市のパートナシップ制度は今までの自治体と何が違うのか。子どもも含めて証明できる点や、住民票の続柄の記載を変えられる等があります。パートナシップ制度に協力する医療機関も公表されています。まだ明石市のパートナシップ制度を確認されていない場合は確認しておいてください。

  • 2020年9月19日

養子縁組だけでは解決できない|2人が亡くなった後の相続

同性カップルの相続対策として、養子縁組を利用されることもあります。 あなたの財産をパートナーに残す、またはパートナーの財産をあなたが引き継ぐことに関しては、養子縁組により基本的には解決できます。 今回の記事で取り上げるのは、同性パートナーが先に亡くなって、あなたが財産を引き継いだ後の相続。 つまり、2人が亡くなった後(あなたが亡くなるとき)の相続についてです。 同性カップルに子どもがいる場合は、特 […]

  • 2020年8月24日

渋谷区パートナーシップ証明書|何が他の自治体とは違うのか

パートナーシップ証明書は全国の自治体に広がっています。 ところで、一番初めに行動した東京都渋谷区のパートナーシップ証明書は、他の自治体とは根本的に違いことはご存知でしょうか。 何が違うのかイマイチ分からない人も多いと思いますので、今回の記事は渋谷区パートナーシップ証明書についてです。 目次 条例と要綱 条例 要綱 発行に必要な書類 任意後見契約公正証書 合意契約公正証書 公正証書 最後に &nbs […]

  • 2020年8月21日

同性婚と医療機関|相手を納得させるには準備が必要

同性カップルにとって医療機関は頭の固いイメージかもしれません。相手を納得させる準備をしたうえで、医療機関を利用しましょう。同性パートナーの治療方法の説明や入院時の付き添い等、対策をしていれば断ることはできないです。死亡診断書の受取も、死後事務委任契約を結んでおく等をしておく必要があります。

  • 2020年8月18日

同性パートナーと養子縁組|生活面でのメリットは多い

同性パートナーと養子縁組をすることで、生活面において様々なメリットがあります。家族としての権利や義務も当然に発生します。同性カップル間では適用されない、所得控除や年金等の受取もできます。贈与税の税率も変更されます。

>相続専門の司法書士事務所

相続専門の司法書士事務所

相続に関する悩みや疑問があれば、お気軽にお問い合わせください。
遺言書に関すること。
相続登記に関すること。
相続手続に関すること。
相続放棄に関すること。
後見に関すること。
事実婚や同性カップルの相続対策。

CTR IMG