CATEGORY

遺贈

  • 2021年6月5日

遺贈と生前贈与の違いを5つの項目で比較

遺贈と生前贈与はどちらも財産を贈る手段です。しかし、違う部分も多く、どちらの手段を選ぶかは重要となります。遺贈・生前贈与どちらにもメリット・デメリットはあります。5つの違いを確認したうえで、財産を贈る手段を選んでください。

  • 2021年5月30日

遺贈の登記とは|不動産の取得を第3者に対抗する要件

遺贈による所有権移転登記は、登記権利者と登記義務者の共同申請となります。遺言執行者が選任されていれば、受遺者と遺言執行者で登記を申請します。登録免許税という税金も必要になるので、あらかじめ金額を確認しておいてください。

  • 2021年5月27日

遺贈義務者は誰なのか|遺言者の代わりに遺贈を実行する人

遺言書に記載された遺贈を実行するのは、遺言者ではなく遺贈義務者になります。相続人は亡くなった人の権利義務を引き継ぐのですが、遺言執行者が選任されている場合は遺贈義務者になります。誰が遺贈義務者になるのかを、あらかじめ確認しておいてください。

  • 2021年5月25日

特定遺贈と包括遺贈の違いを5つの項目で比較

遺贈には特定遺贈と包括遺贈の2つがあります。どちらの遺贈にもメリット・デメリットがあるので、遺言書を書く際はご注意ください。遺贈する財産や法定相続人の有無によって、どちらの遺贈が良いかは変わります。

  • 2021年5月21日

特定遺贈を一部放棄することは可能なのか?

特定遺贈の内容が可分であれば、一部だけ放棄することも可能です。不動産と預貯金を遺贈されて不動産だけ放棄する。預貯金を遺贈されて一部だけ放棄する。遺贈義務者への意思表示は書面で行いましょう。

  • 2021年5月18日

遺贈は相続放棄をしても受け取ることができる

相続放棄をしても遺贈を受け取ることはできます。相続人と受遺者の立場は別なので、相続放棄をしても遺贈の効力に影響はありません。ただし、不動産関連の税金には影響があります。ご存知ない部分があれば参考にしてください。

  • 2021年5月16日

包括遺贈は債務も承継するので借金の額には注意

包括遺贈を受けると、亡くなった人の負債も受け継ぐことになります。財産には預貯金等だけではなく、借金等の負債も含まれているからです。受け継ぐのは遺言書で指定された割合になるので、ご注意ください。

  • 2021年5月13日

包括遺贈の放棄には家庭裁判所の手続きが必要

包括遺贈を放棄するには、家庭裁判所での手続きが必要となります。包括受遺者は相続人と同一の権利義務を有するからです。ただし、包括遺贈を知った日から3ヶ月以内となるので、放棄する場合は早めに準備しておいてください。

  • 2021年5月11日

遺贈による登録免許税は受取人によって税率が違う

遺贈により不動産を取得すると、名義変更をするのに登録免許税が必要になります。税率は誰が取得したかによって、0.4%または2%と違います。名義変更は第3者対抗要件なので絶対に必要となります。あらかじめ計算しておいてください。

  • 2021年5月9日

遺贈でも不動産取得税は発生するのか?

不動産を遺贈すると不動産取得税が発生する可能性があります。受取人が誰であるかや、遺贈の種類によって発生するかが決まります。相続税や登録免許税もあるので、税金が発生するかは前もって確認しておいてください。

>相続専門の司法書士事務所

相続専門の司法書士事務所

相続に関する悩みや疑問があれば、お気軽にお問い合わせください。
遺言書に関すること。
相続登記に関すること。
相続手続に関すること。
相続放棄に関すること。
後見に関すること。
事実婚や同性カップルの相続対策。

CTR IMG