CATEGORY

遺言書

法務局に遺言書を保管する費用

自筆証書遺言を法務局に保管する費用は安いです。遺言書の枚数や保管年数に関わらず一律の料金です。自宅で保管している人がいましたら、安全のためにも法務局での保管をおすすめします。

自筆証書遺言は法務局で保管しよう

自筆証書遺言を家で保管しているなら、法局で保管することをお勧めします。なぜなら、紛失や改ざんの恐れがなくなるからです。遺言書の原本は法務局が預かるので、自筆証書遺言の欠点を補ってくれます。預けるまでの流れをご確認ください。

遺言書の検認申立て手続きの流れ|思っているよりも時間がかかる

亡くなった人の遺言書を発見した場合に、その後どのような手続きをするのかはご存知ですか。 銀行等の窓口で「先に検認を済ませてください」と言われた人もいるはずです。 あるいは検認という言葉自体は知っているかもしれません。 検認までには思っているよりも時間がかかるので、手続きの流れについて確認しておいてください。 目次 検認申立てをする人 申立先の家庭裁判所 申立てに必要な書類 検認申立書 亡くなった人 […]

遺言書の検認とは相続手続をするのに必要な作業

亡くなられた人の遺言書を発見した相続人は、一定の場合を除き家庭裁判所での検認手続きを受ける必要があります。 なぜなら、家庭裁判所での検認手続きを終えなければ、不動産の名義変更や銀行での口座手続き等をすることができないからです。 今回の記事では、遺言書の検認について説明していきます。 遺言書を見つけてから慌てないように、検認について確認しておいてください。 目次 検認とは何なのか 勝手に開封すると過 […]

相続人が困る遺言書|書いた後はチェックが必要

遺言書の内容に問題が無くても、後々相続人が困ってしまう場合もあります。せっかく書いた遺言書で子ども達が困ってしまうのは、あなたにとっても本意ではないはずです。 困る理由は色々ですが前もって防ぐことは可能です。遺言書をすでに書いている場合は一度確認してみてください。 5つのケースについて説明しています。 目次 相続税に対する配慮が無い 不動産しか相続させていない 配偶者にすべて相続させている 理由を […]

遺言書の基本について知っておこう

相続において必ず関係することになる遺言書。遺言書をすでに書いている人は、まだまだ少ないと思います。 遺言書についての基本的な説明になりますので、遺言書を書かれるときの参考にしてください。 目次 遺言書とは 遺言書に書けること 法定遺言事項 付言事項 普通方式の遺言書 自筆証書遺言 公正証書遺言 秘密証書遺言 特別方式の遺言書 一般危急時遺言 難船危急時遺言 一般隔絶地遺言 船舶隔絶地遺言 まとめ […]

遺言書で揉める|問題のある内容と書いた後の行動

相続人のために書いた遺言書で揉めることは少なくありません。相続対策の為に書いた遺言書が揉め事を引き起こします。 なぜ、遺言書で揉めるのでしょうか。揉める原因は2つに分けることができます。 内容に問題がある 書いた後の行動に問題がある 揉める遺言書を、5つ説明しています。 それぞれの対策も書いていますので、参考にしてください。 目次 内容に問題がある遺言書 遺留分を考慮せずに書いた遺言書 家族に対す […]

遺言書を書くべきケース|21の事例に該当するなら要注意

遺言書を書くのは本人の自由です。ただし、場合によっては遺言書を書いた方が良いケースもあります。子どもがいない夫婦や独身の方、財産が不動産しかない、相続人の中に連絡が取れない人がいる等。遺言書が無ければ後々困ったことになりやすいです。遺言書を作成するだけで防げる問題もありますので、まだ書いていない人は参考にしてください。

>相続に関する取扱い業務

相続に関する取扱い業務

相続に関する相談
遺言書の文案作成
任意後見契約書の文案作成
相続登記
相続放棄
後見申立書作成
その他

CTR IMG