事実婚では住民票の記載は重要|続柄は夫(未届)妻(未届)ですか

事実婚を証明する手段の一つが住民票です。

法律婚とは違い、事実婚を法律的に証明することはできません。そのため、複数の事実から事実婚を証明する必要があります。

住民票の記載は相続対策を補助する効果もあるので、すぐにでも手続きを済ませておいてください。

1.住民票の続柄記載

法律婚をした場合は住民票の続柄記載が、基本的に男性の欄に世帯主で女性の欄に妻と記載されます。
それに対して、事実婚では3つの記載が考えられます。

  1. 世帯主が別々になっている
  2. 世帯が同じで同居人となっている
  3. 事実婚の手続きが完了している

住民票の記載は3種類

1-1.世帯主が別々になっている

同じ住所であっても、世帯が別々になっているケース。

1人世帯が2つ同じ住所で暮らしている状態なので、それぞれが世帯主となっています。

ちなみに、ルームシェアを複数人でしていると、それぞれが世帯主になっていることもあります。

1-2.世帯が同じで同居人となっている

世帯が同じになっていて、どちらかが世帯主でどちらかは同居人と記載されているケース。

2人世帯なのですが、いわゆる同棲をしている状態です。

1-3.事実婚の手続きが完了している

事実婚の手続きが完了している場合は、どちらかが世帯主で妻(未届)または夫(未届)と記載されます。

住民票の記載からも、婚姻の意思はあるが届け出をしていないことがわかります。

 

2.手続きは窓口で完了する

住所地の役所に行き、窓口で事実婚にしたいので「妻(未届)または夫(未届)」にしたい旨を伝えてください。

余計な手間を省くため役所に行く前に、電話で必要な書類等があるかを確認しておいた方がいいです。自治体によっては独身であることを確認するために、戸籍謄本の提出を求められることもあります。

ちなみに、大阪市のホームページでは住民票の続柄について記載があります。

7 記載内容
⑤ 続柄欄
世帯主を基準にして続柄を記載する。
ウ 内縁の夫婦の続柄
内縁の夫婦は、法律上の夫婦ではないが、準婚として各種の社会保障の面では法律上の夫婦と同じ扱いを受けているので、「夫(未届)」「妻(未届)」と記載する。ただし、戸籍上の配偶者が現存している者が、他の者と事実上婚姻関係のある場合には、「夫(未届)」「妻(未届)」と記載することはできず、「縁故者」と記載するので、戸籍等との照合を十分に行なわなければならない。

出典:大阪市住民基本台帳事務処理要領

〈15ページの上部が該当箇所です〉

事実婚を証明するケースでは、必ずと言っていいほど住民票を提出することになります。特別な理由がない限り手続きを済ませておいてください。

 

3.相続対策に役立つこともある

住民票への記載を済ませても、事実婚の配偶者が相続人になるわけではないです。
あくまでも、法律上の配偶者が相続人となります。

では、相続にまったく関係しないかというと、必ずしもそうとは言えません。住民票への記載が相続対策に役立つこともあります。

  • 遺言書の裏付けとなる
  • 特別縁故者となる手助け

3-1.遺言書の裏付けとなる

事実婚において遺言書の作成は必須なので、遺言書を書いていない人は少ないと思います。

遺言書の問題点として、作成時期によっては内容を疑われることが挙げられます。
なぜかというと、法定相続人の立場からすると、遺言書が無効になれば自分が相続できるからです。

住民票にしっかりと記載していることが、遺言書の内容が真意に基づいて作成されていることの裏付けにもなります。記載しないよりは記載した方が良いです。

3-2.特別縁故者となる手助け

事実婚では遺言書を書くのは必須ですが、理由があって書いていない場合もあります。
たとえば、若いので作成していないや、絶対に書かないと決めている等です。

遺言書を書かないまま亡くなってしまうと、基本的に事実婚の配偶者は何も取得することができません。
例外として、亡くなった人に相続人がいない場合は、特別縁故者制度を頼ることができます。

特別縁故者と認められるには、事実婚であったことを証明する必要があります。住民票の記載が証明の手助けとなります。

特別縁故者制度をご存じない場合は『特別縁故者とは』をご覧ください。

 

4.住民票以外の対策もしておく

住民票の記載を変えておくことで、事実婚を証明する証拠の1つとなります。
ただし、住民票以外にも方法はあります。

下記が代表的な方法です。

  • 事実婚契約書を結ぶ
  • 結婚式を挙げる
  • 子どもを認知する
  • 社会保険の被扶養者にしている

複数の対策をしておくことで、事実婚の証明が強固となります。

その中でも、子どもを認知しておくことは、子どもの相続にも関係してきます。なぜなら、父親から子どもへの相続は認知が絶対条件となるからです。

関連記事

婚姻届けを提出していない2人の間に生まれた子どもは、亡くなった父親の財産を当然に相続できるわけではないです母親の財産は無条件に相続することができますが、父親の財産を相続するには認知が必要です。父親が子供を認知していない場合は[…]

その他の対策についてもまとめています。

詳細記事

2人が事実上の婚姻関係(事実婚)であることを証明するには、事実を積み重ねていく必要があります。事実婚は法律婚と違い事実でしか証明することができません。当事者同士に婚姻意思があるのは当然ですが、周りの人から夫婦と認識されているかも重要[…]

事実婚を証明する方法は複数存在する

 

5.さいごに

住民票の記載を変更するだけで、事実婚であることを証明する手助けになります。手続きは役所の窓口で済みますので、変更されていない場合はぜひ変更しておいてください。

また、相続で揉めたときにも役立つ可能性もあります。事実婚であったことを証明する証拠は多くて困ることはないです。

事実婚は便利である反面、相続では不便となりますので対策は必ずしておきましょう。

記事を読んで疑問に思われた箇所や分かりにくい説明がありましたら、お気軽にお問い合わせください。
事実婚の相続に関することことでしたら、無料でお答えしています。
LINEでの回答もできるようになりましたので、公式LINEを登録してお問い合わせください。
友だち追加
>相続専門の司法書士事務所

相続専門の司法書士事務所

相続に関する悩みや疑問があれば、お気軽にお問い合わせください。
遺言書に関すること。
相続登記に関すること。
相続手続に関すること。
相続放棄に関すること。
後見に関すること。
事実婚や同性カップルの相続対策。

CTR IMG