CATEGORY

相続管理

  • 2021年11月18日

相続財産管理人の流れを知り目的達成までの時間も把握する

相続財産管理人の申立てをするなら流れも知っておきましょう。相続財産の調査や目録の作成をして、相続債権者等を探します。請求申出があれば相続財産から支払います。財産が残れば特別縁故者の申立てができます。財産が無くなれば管理業務は終了です。

  • 2021年11月1日

相続財産管理人は相続人がいる場合どうなるのか?

相続財産管理人は相続人がいる場合は選任されません。ただし、相続人全員が相続放棄した場合は選任することができます。相続人はいるが行方不明の場合は不在者財産管理人を選任しましょう。相続財産管理人が選任された後で相続人が見つかることもあります。

  • 2021年10月31日

相続財産管理人が選任されない場合を5つ説明

相続財産管理人が選任されないケースは5つあります。相続人が存在する、相続財産が存在しない、申立てをしていない、法律上の利害関係を有していない、予納金を支払っていないです。相続財産管理人を必要としているなら、選任されないケースも知っておいてください。

  • 2021年10月19日

相続財産管理人の費用は3つに分かれる

相続財産管理人の選任申立ての費用は3つに分けることができます。必須費用・予納金・専門家報酬です。戸籍謄本等の収集費用は家族構成により違います。予納金は相続財産により違います。専門家報酬は事務所により違います。

  • 2021年10月15日

相続財産管理人の利害関係人には誰が該当するのか

相続財産管理人の選任申立てができるのは、法律上の利害関係を有する人です。相続財産管理人が選任されていなければ、手続きを進めることができない人です。特別縁故者や相続債権者などが該当します。

>相続専門の司法書士事務所

相続専門の司法書士事務所

相続に関する悩みや疑問があれば、お気軽にお問い合わせください。
遺言書に関すること。
相続登記に関すること。
相続手続に関すること。
相続放棄に関すること。
後見に関すること。
事実婚や同性カップルの相続対策。

CTR IMG