CATEGORY

事実婚

事実婚は法律婚と違い事実で婚姻関係を証明する必要があります。一つだけではなく複数用意しておくことをお勧めします。

事実婚の配偶者は相続人となることができません。ですので、遺言書等の相続対策が必須となります。後回しにせず確実に準備しておきましょう。

夫婦の間に生まれた子どもについても、父親の認知が無ければ相続人となることができません。認知が済んでいるかの確認はしておいてください。

  • 2021年4月8日

事実婚と法律婚|相続の違いを4つ知っておこう

事実婚と法律婚では相続で大きな違いがあります。配偶者の相続権、遺留分、子どもの相続権、相続税の控除等が有名です。遺言書を必ず作成しておくや、子どもの認知も必要となります。配偶者の控除が適用されないので、相続税の計算では不利になります。

  • 2021年2月26日

事実婚では配偶者控除が適用されない|相続税では不利になる

亡くなった人の財産を受け取れば事実婚の配偶者も相続税の課税対象者です。法律婚の配偶者と違い相続税では圧倒的に不利になっています。控除や特例が適用されないので、相続税が発生する可能性が高くなります。相続税についても確認しておいてください。

  • 2021年1月3日

事実婚を証明するための証拠は複数用意しておこう

事実婚を証明するための材料は色々あります。同居している、住民票の続柄を変更している、結婚式を挙げている等です。事実を積み重ねることでしか事実婚を証明することはできません。できる限り準備しておくことをお勧めします。

  • 2021年1月1日

事実婚契約書|夫婦の間で何を決めているのか

事実婚夫婦の間で契約書を交わすことがあります。法律婚と違い事実婚では曖昧になっている部分を、契約という形で表しておくためです。契約書に記載することは夫婦ごとによって違いますが、婚姻意思の確認や夫婦間のルール、子どもに関することや婚姻解消についてなどです。

  • 2020年12月19日

事実婚の被扶養者|夫婦であることを証明するための証拠にもなる

事実婚の被扶養者となることは、相続対策で事実婚を証明する手助けとなります。年収制限は法律婚と同じくありますが、事実婚の配偶者も被扶養者となれます。社会保険の保険料が免除される等のメリットもありますので、条件に該当される夫婦は手続きを済ませておいてください。

  • 2020年10月17日

事実婚のデメリット|相続については不利な面しかない

事実婚のデメリットとして、相続における法律婚との差が挙げられます。なぜなら、相続において事実婚はデメリットしかないからです。配偶者として相続することもできませんし、相続税の計算でも不利になってしまいます。

  • 2020年9月8日

事実婚と賃貸不動産|亡くなった配偶者が借りていた場合

事実婚の配偶者は亡くなった人が借りていた賃貸不動産に、そのまま住むことができるのでしょうか。相続人がいるかどうかで多少の違いはありますが、結果的には住み続けることができます。法律関係等を確認しておいてください。

>相続専門の司法書士事務所

相続専門の司法書士事務所

相続に関する悩みや疑問があれば、お気軽にお問い合わせください。
遺言書に関すること。
相続登記に関すること。
相続手続に関すること。
相続放棄に関すること。
後見に関すること。
事実婚や同性カップルの相続対策。

CTR IMG