CATEGORY

実家

  • 2021年9月23日

不動産の共有持分を贈与する相手は自由に選べる

不動産の共有持分を贈与することで、共有状態を解消することができます。贈与する相手は共有者以外の第3者も可能です。持分を贈与した場合は不動産登記をしなければ、持分移転を共有者に対抗することができません。受贈者に贈与税が発生する可能性も考慮しておきましょう。

  • 2021年7月7日

不動産の共有持分を放棄すると共有者に移るが注意点もある

不動産の共有持分を放棄すると、共有者に持分は移転されます。本人の意思表示だけで効力は発生します。ですが、不動産登記の名義を変更するには、共有者との共同申請となります。持分放棄をすると共有者に贈与税が発生したり、登録免許税も必要になります。

  • 2020年11月11日

不動産(実家)を共有名義にするのはデメリットが多い

実家を相続等のタイミングで共有名義にするとトラブルの元になります。共有名義の不動産を売却するには全員の同意が必要となります。共有者が亡くなると相続人が新たな共有者となります。最初から共有名義にしないように、相続人間で話し合っておきましょう。

  • 2020年6月11日

実家の相続はトラブルが起きやすいので早めに話し合おう

あなたの親が実家に住んでいるなら、早めに相続について決めておいた方が良いです。なぜなら、実家の相続は問題になりやすいからです。誰が相続するのかや、処分費用は誰が払うのかです。問題を先送りにして共有名義にしたり、空き家にして放置すると後々面倒なことになります。親が元気なうちに全員で話し合っておいてください。

>相続専門の司法書士事務所

相続専門の司法書士事務所

相続に関する悩みや疑問があれば、お気軽にお問い合わせください。
遺言書に関すること。
相続登記に関すること。
相続手続に関すること。
相続放棄に関すること。
後見に関すること。
事実婚や同性カップルの相続対策。

CTR IMG