相続放棄に関する記事(まとめ)

みかち司法書士事務所のホームページでは、相続のカテゴリーごとに記事を定期的に作成しております。もちろん、相続放棄に関する記事も複数作成しております。

相続放棄に関する記事を簡単にまとめましたので、知りたい部分の記事があれば参考にしてください。

相続放棄とは相続では無関係になる方法

人が亡くなると相続が発生します。相続放棄することで相続では無関係になります。

相続財産にはプラスの財産だけでなく、マイナスの財産(借金)も含まれます。亡くなった人が借金を残していると、相続放棄を選ばれる人が多いです。

ただし、借金以外の理由で相続放棄をしている人もいます。

相続放棄をしたからといって、家族関係がなくなるわけではありません。あくまでも、相続では無関係になるだけです。

昔に比べて亡くなった人の兄弟姉妹が、相続放棄をする機会が増えています。

相続放棄の手続き

相続放棄をするには、家庭裁判所に申述書を提出する必要があります。当事者間の話し合いでは、相続放棄の効力は発生しません。

相続放棄の手続きは、相続人になったことを知った日から3ヶ月以内です。

亡くなった人の財産が遠方にあるなどして、調査に時間がかかりそうな場合は期間延長もご検討ください。

ただし、期間延長も3ヶ月以内にする必要があります。

相続放棄をするには戸籍謄本等が必要です。戸籍謄本等の枚数は誰が相続放棄をするかにより違います。

相続放棄を検討する人にとって、最終的に費用がどれぐらい発生するのかは気になります。

絶対に必要な費用と専門家報酬があるので、興味があればご確認ください。

自分で相続放棄の手続きをされる方もいます。時間があることが最低条件となります。

相続放棄に関して注意する点

相続放棄をしたくても認められないケースがあります。

単純承認をしたとみなされた場合です。

相続放棄をすると借金を相続しない等のメリットがあります。

ですが、相続放棄にもデメリットはあります。

未成年の子どもが相続放棄するには、親権者が代理人となって手続きをします。

ただし、利益相反に注意してください。

相続放棄と相続分の放棄を間違えている人も多いです。2つの言葉は非常に似ていますが、根本的に別の行為になります。

あなたが相続放棄をしても、子どもが相続するわけではないです。

ただし、兄弟姉妹の子どもが相続することはあります。

生命保険金については、誰が受取人かで結論が違います。

相続放棄が完了した後

相続放棄の申述書が受理されると、家庭裁判所から相続放棄申述受理通知書が届きます。名称は似ていますが相続放棄申述受理証明書とは別ものです。

自分が相続放棄したことを連絡する必要はあるのか?

法律上の義務は無いので、相手との関係性で決めることが多いです。

他の相続人が相続放棄したかを知る方法は複数あります。もちろん、連絡を取って聞くのが一番早いです。

 

相続放棄を検討している人からの質問をまとめています。

相続放棄の依頼を検討されている方は下記より確認できます。

相続放棄の料金を確認してみる

相続放棄に関する新着記事5
孫が相続放棄をする

孫が相続放棄をする場合は、親が先に亡くなっているはずです。子どもが相続放棄する場合とは違う注意点もあります。戸籍謄本の枚数が増えたり、2つの立場で手続きをするケースもあります。疑問点をまとめていますので、参考にしてください

葬儀代は相続放棄に影響するのか

葬儀代を支払っても相続放棄ができるかは、誰の財産から支払ったかで結論が違います。自分の財産から葬儀代を支払って相続放棄はできます。相続財産から支払った場合はケースごとに判断されます。

相続放棄により相続分変更

他の相続人が相続放棄をすると、あなたの相続分が変化することはご存知でしょうか。相続人の数が変われば相続分も変わります。相続財産に借金があれば相続分の割合は重要です。割合に従って借金を負担することになるからです。他の相続人が相続放棄している場合は、相続分の変化に気を付けてください。

相続放棄の撤回・取消し

相続放棄の申述が受理されると撤回することはできません。たとえ見つかっていなかった預貯金が発見されたとしても認められません。ただし、取消し事由がある場合には相続放棄を取消すことができます。相続放棄をする際は撤回することが出来ないことは知っておいてください。

相続放棄をした相続人と連絡が取れない人もいます。自分で確認する方法が相続放棄申述の有無照会です。相続放棄申述受理証明書を取得するためや、自分が相続放棄をするために確認します。家庭裁判所の手続きとなりますので、必要な書類等を確認しておいてください。

>相続専門の司法書士事務所

相続専門の司法書士事務所

相続に関する悩みや疑問があれば、お気軽にお問い合わせください。
遺言書に関すること。
相続登記に関すること。
相続手続に関すること。
相続放棄に関すること。
後見に関すること。
事実婚や同性カップルの相続対策。

CTR IMG