大阪梅田で相続の悩みを解決します

06-6643-9269

相続放棄

相続放棄をしても代襲相続は起こらないが無関係ではない

    相続放棄をしても代襲相続は起こらない

    亡くなった人の相続人が、相続放棄をしても代襲相続は起こりません。
    ただし、相続放棄をきっかけに、代襲相続が起ることはあります。

    あなたが相続放棄をしても、子どもさんは代襲相続人となりません。
    一方、従兄弟(従姉妹)に代襲相続が発生することはあります。

    言葉だけでは分かりにくい部分もありますので、図を交えながら説明していきます。

    目次

    1. 代襲相続とは
      1. 孫が代襲相続人
      2. 甥・姪が代襲相続人
    2. 相続放棄をすると初めから相続人ではない
    3. 相続放棄と代襲相続は無関係ではない
      1. 相続放棄をすると次順位の相続人に移る
      2. 次順位の相続人が亡くなっていると代襲相続
    4. まとめ

     

    1.代襲相続とは

    まず初めに、代襲相続について簡単に説明します。

    代襲相続とは本来相続する人がすでに亡くなっているときに、子どもが代わりに相続することです。
    *その他にも代襲相続は発生しますが省略します。

    一般的な代襲相続の例を2つご紹介します。

    1-1.孫が代襲相続人

    孫が代襲相続人となるケースです。

    代襲相続

    上記の図では、配偶者と子どもと孫の3人が相続人となります。

    親よりも子供が先に亡くなっていると、子どもの代わりに孫が相続人となります。

    1-2.甥・姪が代襲相続人

    意外と多く発生する甥・姪が代襲相続人となるケースです。
    甥・姪が代襲相続人

    上記の図では甥・姪が相続人となります。

    生涯未婚の人が増えているので、兄弟姉妹が相続人となるケースも増えています。
    ただし、兄弟姉妹が先に亡くなっていることもあるので、結果として甥・姪が代襲相続するケースも増えています。

    当事務所に相続放棄を依頼されるお客様の中にも、代襲相続をした甥・姪の方がいらっしゃいます。

     

    2.相続放棄をすると初めから相続人ではない

    相続放棄をすると、初めから相続人ではないとみなされます。
    亡くなった人と相続においては、無関係になる手段が相続放棄です。
    相続放棄をすると子どもは代襲相続しない

    上記の図では、配偶者と子どもの2人だけが相続人となります。

    初めから相続人ではないので、子ども(孫)が代わりに相続(代襲相続)をすることもありません。
    ですので、あなたが相続放棄をしたからといって、子どもに相続権が回るわけではないです。

    相続放棄に関しては『相続放棄とは』も確認しておいてください。

    相続放棄と代襲相続に直接的な繋がりはないです。

     

    3.相続放棄と代襲相続は無関係ではない

    相続放棄をしても代襲相続は起こらないのですが、無関係ではないです。
    ややこしいのですが、相続放棄をきっかけに代襲相続が起ることはあります。

    3-1.相続放棄をすると次順位の相続人に移る

    相続放棄をすることにより同順位の相続人がいなくなると、次順位の相続人へと相続権が移ります。
    相続放棄により次順位の相続権が移る

    上記の図では、子どもが相続放棄をしたことにより、兄弟姉妹に相続権が移っています。

    3-2.次順位の相続人が亡くなっていると代襲相続

    相続放棄と代襲相続が関係するのは、次順位の相続人がすでに亡くなっていたときです。
    次順位の相続人がすでに亡くなっていると、代襲相続が発生します。
    相続放棄により従兄弟が相続
    上記の図を要約すると以下になります。

    • 親が亡くなり、子どもが相続放棄
    • 親の親(祖父・祖母)も亡くなっている
    • 親の兄弟姉妹(叔父・叔母)も亡くなっている
    • 亡くなった叔父・叔母の子どもが代襲相続

    亡くなられた親御さんが高齢だと、実際に起こっている事例です。

    一定の条件下では、相続放棄と代襲相続が関係することがあります。

     

    4.まとめ

    相続放棄をしても代襲相続は発生しません。
    ですので、あなたが相続放棄をしたからといって、子どもに相続権が移ることはないです。

    一方、相続放棄をきっかけに、代襲相続が発生することはあります。
    非常に分かりにくいのですが、無関係ということではないです。

    一定の条件を満たすと、相続放棄と代襲相続は関係します。

    今回の記事では、図を多用して説明してみましたが、まだまだ改善の余地があります。
    理解しにく部分もあったと思いますが、ご了承ください。

    実際に当事者になられた際には、お気軽にご相談ください
    相続放棄の相談に関しては、無料で受け付けています。

    関連記事

    相続の悩みなら、範囲を問わず相談に乗ります

    電話またはメールでご連絡ください

    06-6643-9269

    TOP