相続放棄を兄弟姉妹がする機会は増えている

亡くなった人の兄弟姉妹が相続放棄をするのは、珍しいことではないです。

相続放棄の件数が増えていることも、原因の一つとして考えられます。
なぜなら、亡くなった人に子どもがいても、全員が相続放棄をすると次順位の相続人に回ってくるからです。

兄弟姉妹が相続放棄をする場合は、必要な書類等が増えますので早めの手続きが必要です。

1.兄弟姉妹の相続順位は3番目

亡くなった人の相続人に誰がなるかは法律で決められています。
法定順位
配偶者と相続順位が高い人が相続人になります。
兄弟姉妹の相続順位は第3位なので、順位としては1番低いです。

相続順位だけで考えるなら、子どもがいなくて親も亡くなっている場合に相続人になります。
ただし、生涯未婚率も高くなっているので、昔に比べると兄弟姉妹は相続人になりやすいです。

実際に当事務所にも兄弟姉妹からの依頼があります。

2.先順位相続人が全員相続放棄した

亡くなった兄弟姉妹に子どもがいても、全員が相続放棄をすると相続人が変更になります。
先順位相続人が相続放棄
両親は年齢的に亡くなっていることが多いので、第1順位である子どもが全員相続放棄をすると兄弟姉妹が相続人となります。
*配偶者の有無は関係ありません。

相続放棄の件数は年々右肩上がりで増えているので、結果として兄弟姉妹も相続人となります。先順位の相続人が相続放棄をするぐらいなので、兄弟姉妹も相続放棄を選ぶことになるはずです。

当事務所の依頼で多いのは、子どもさんの相続放棄を終わらせた後で兄弟姉妹も相続放棄をするケース。
子どもさんと従兄弟(兄弟姉妹の子ども)が、連絡を取っているようです。

3.相続放棄に時間がかかる

兄弟姉妹が相続放棄をする場合、必要書類を準備するのに時間がかかります。

3-1.必要書類が多い

亡くなった人の生まれてから亡くなるまでの全ての戸籍謄本等が必要です。
全ての戸籍謄本等を提出することにより、子どもがいるのかどうかを確認します。

子どもがいる場合は全員相続放棄しているかを、家庭裁判所が戸籍謄本等で確認します。

両親が亡くなっている場合は、両親の戸籍謄本等も必要です。
亡くなった人や両親にもよりますが、すべて集めるのに1ヶ月以上かかる可能性もあります。

相続放棄は3ヶ月以内という期間制限があるので、書類集めに時間がかかってしまうと厳しくなります。

3-2.例外的に少ない場合

親が相続放棄をしている場合だけは、必要な書類が少ないです。
なぜなら、親が相続放棄を申請するときに、亡くなった人の生まれてから亡くなるまでの全ての戸籍謄本等を提出しているからです。

同じ戸籍謄本等は1枚だけで大丈夫になっています。

4.同じ事務所に依頼する方が便利

兄弟姉妹が複数人いるなら、同じ事務所に依頼する方が安く済みます。
なぜなら、2人目以降の料金を安くしている事務所が多いからです。

安い理由としては、同じ書類は1枚で足りるのと申述書作成の半分以上は共通なので、仕事量が少なくなるからです。

先順位の子どもさんが相続放棄をした場合も、同じ事務所に依頼すると割引料金にしてくれる事務所もあります。
連絡が取れるのであれば、子どもさん(甥・姪)に聞いてみることをお勧めします。

相続放棄は個人ごとにするので、兄弟姉妹の中に相続放棄に気付いていない人もいます。声をかけてあげることにより、同じ事務所に依頼すれば結果として料金も安くなるでしょう。

5.さいごに

亡くなった人の兄弟姉妹が相続放棄をするケースが増えています。
理由としては、「子どもさんがいない場合」と「全員が相続放棄をした場合」が考えられます。

昔に比べると相続放棄の依頼料金も低額になっているので、借金の可能性がある場合やプラスの財産が無い場合等は安全の為に相続放棄をしている人も増えています。

早めに依頼することで割引等を行っている事務所もありますので、相続放棄を決めている場合は後回しにせず行動しましょう。

相続放棄を検討されている場合は、下記のボタンより料金と流れについて確認できます。

相続放棄の料金を確認してみる

>相続専門の司法書士事務所

相続専門の司法書士事務所

相続に関する悩みや疑問があれば、お気軽にお問い合わせください。
遺言書に関すること。
相続登記に関すること。
相続手続に関すること。
相続放棄に関すること。
後見に関すること。
事実婚や同性カップルの相続対策。

CTR IMG