相続放棄申述受理証明書が必要になる場面は少ない

相続放棄の後に債権者(銀行・税務署・市役所など)から、「相続放棄の証明書を送ってください」と言われることがあります。

ご存知ない人も多いのですが、債権者に相続放棄したかどうかを説明するだけなら、受理通知書のコピーを郵送するだけで大丈夫です

受理証明書が必要になるのは相続放棄した人ではなく、相続した人が相続手続で使用します。銀行口座の解約や不動産名義の変更などでは、受理証明書を提出するからです。

どちらの書面なのか確認して、必要であれば相続放棄申述受理証明書を取得しましょう。

1.相続放棄後に貰えるのは通知書

まず初めに、相続放棄の手続き後に家庭裁判所から送ってくるのは、相続放棄申述受理通知書です。2文字しか変わらないので紛らわしいですが、証明書とは別の書面になります。

通知書は申述人に対して「相続放棄が受理されました」と、知らせるために送られてきます。

基本的には通知書があれば、相続放棄が認められていることは確認できます。通知書に書いている内容も証明書とほぼ同じです。

通知書と証明書の内容は同じ

第3者に相続放棄をしたことを説明する際には、通知書をコピーして渡しましょう。
なぜかというと、通知書自体は1枚しかもらえないので、原本を渡してしまうと不便になるからです。

通遺書を紛失した場合や証明書が必要な時だけ、相続放棄申述受理証明書を取得することになります。

2.受理証明書が必要になる場面

相続放棄申述受理証明書が必要になる場面は限られます。

  • 金融機関での手続き
  • 通知書を失くしたとき
  • その他

2-1.金融機関での手続き

相続人の中に相続放棄をしなかった人がいる場合は、金融機関での手続きが発生します。
*相続人全員が相続放棄をすると手続きもないです。

相続放棄をすると相続人の人数等が変更します。金融機関が相続人を確認するために、相続放棄申述受理証明書の提出を求めます。

銀行に受理証明書を提出

金融機関によっては通知書で対応可能かもしれないので、一度確認しておくことをお勧めします。

2-2.受理通知書を失くしたとき

相続放棄申述受理通知書は1枚しか送付されないので、失くしたときは証明書を取得する必要があります。
*通知書の再発行はしていないです。

受理通知書を渡す際は原本ではなく、コピーを取って使いましょう。

2-3.その他

その他の場面で必要なケースとしては以下があります。

  • 相続登記
  • 債権者への説明

相続登記は通知書でも対応可能

かつては、相続登記の際に受理証明書を添付していましたが、受理通知書でも対応可能になっています。

ただし、通知書の原本が必要になるので、相続放棄をした人が送ってくれない場合は、受理証明書を取得することになります。

債権者への説明に利用する

債権者から証明書の送付を求められることもあります。通知書のコピーで目的は達成できるのですが、通知書と証明書の区別がついていない人もいるので、説明するのが面倒なら証明書を送付しましょう。

ただし、当事務所で相続放棄の依頼を受けたケースでは、受理通知書のコピーで問題は発生していません。

3.受理証明書を取得する手続き

相続放棄申述受理証明書を取得するなら、以下の項目を確認してください。

  • 請求できる人
  • 請求先の家庭裁判所
  • 請求方法は2種類
  • 必要な書類等
  • 事件番号が必要

3-1.証明書を請求できる人

証明書を取得できるのは以下の人です。

  • 本人
  • 利害関係人

本人も取得できる

相続放棄をした人も受理証明書を取得できます。

受理通知書を失くした場合や、他の相続人に受理証明書を渡したい場合は取得できます。

相続人や債権者も取得できる

他の相続人や債権者は利害関係人に該当するので取得できます。

相続放棄した人が受理通知書のコピーを送ってくれないときは、自分で取得できるので大丈夫です。

3-2.請求先の家庭裁判所

受理証明書の請求先は、相続放棄を申述した家庭裁判所となります。

相続放棄を申述した家庭裁判所とは、亡くなった人の最後の住所地を管轄する家庭裁判所です。

最後の住所地は亡くなった人の住民票(除票)を取得すると確認できます。

3-3.請求方法は2種類

窓口または郵送での取得が可能です。郵送で請求する場合は申請書を準備しておく必要があります。

家庭裁判所で請求書を取得できますし、家庭裁判所のホームページから取得することも可能です。

3-4.請求に必要な書類等

窓口と郵送で少しだけ違います。

窓口で取得する場合

  • 申請書(収入印紙150円)
  • 本人確認書類
  • 認印
  • 利害関係疎明資料
    *相続人なら戸籍謄本等
    *債権者なら契約書等

収入印紙は100円と50円を購入します。
*150円という額面はありません。

郵送で取得する場合

  • 申請書(収入印紙150円貼付)
  • 返送用封筒(切手貼付)
  • 本人確認書類のコピー
  • 利害関係疎明資料
    *相続人なら戸籍謄本等
    *債権者なら契約書等

3-5.事件番号が必要

相続放棄申述受理証明書を取得するには、事件番号が必要になります。

事件番号は相続放棄受理通知書に記載されています。コピーを取得できるなら問題ないですが、できなければ事件番号が分かりません。

事件番号が分からない場合は、先に相続放棄申述の有無照会を申請します。相続放棄をしている人については、事件番号も記載されて返送されます。

詳細記事

相続放棄をした相続人と連絡が取れず、次の行動に移れなくて困っていませんか。相続人と連絡が取れなくても、相続放棄を自分で確認する方法はあります。相続人や次順位の相続人は自分の権利として、家庭裁判所に対し有無照会をすることができ[…]

相続放棄を自分で確認する

4.さいごに

相続放棄申述受理証明書を使う機会は少ないのですが、金融機関等によっては必要になります。あるいは、通知書を失くしてしまったときに取得します。

ほとんどの人は取得することがないので、いざ必要になると困ることになります。相続放棄を専門家に依頼された場合は、証明書についても聞いてみてください。

自分で相続放棄の手続きをされた場合は、今回の記事等を参考にしてください。

相続放棄申述受理証明書の取得も司法書士に依頼することが可能です。

みかち司法書士事務所では、相続放棄の早割サービスを行っています。相続人になったことを知った日から1ヶ月以内(配偶者・子どもは2ヶ月以内)なら、追加費用無しの定額料金としております。

相続放棄を検討されている場合は、下記のボタンより料金と流れについてご確認ください。

相続放棄の料金を確認する

相続放棄について電話や面談の際に、よく聞かれる質問をまとめています。

相続放棄に関する質問を確認する

相続放棄に関する記事も30以上ありますので、興味がある記事があれば参考にしてください。

相続放棄記事まとめ

相続放棄の質問は電話でお答えします
📞06-6643-9269

業務時間8:00~20:00
司法書士の小嶋(こじま)が担当します
>相続専門の司法書士事務所

相続専門の司法書士事務所

相続に関する悩みや疑問があれば、お気軽にお問い合わせください。
遺言書に関すること。
相続登記に関すること。
相続手続に関すること。
相続放棄に関すること。
後見に関すること。
事実婚や同性カップルの相続対策。

CTR IMG