相続放棄の注意点を7つ説明|勘違いしている人が多い

相続放棄の依頼を受けていると、意外と間違えている相続人が多いことに気付きます。

相続放棄の注意点で間違えやすい点を7つ紹介しているので、ご自身の悩みに該当する箇所があれば、解決の参考にしてください。

1.相続放棄と葬儀費用

1つ目の注意点は、相続放棄と葬儀費用です。

相続放棄をすると、初めから相続人でなかったとみなされます。ですが、相続放棄をする人が葬儀をしても問題ありません。葬儀をするのは誰であっても構わないからです。

注意が必要なのは、葬儀費用をどこから支払うかです。

喪主が自分の財産から支払うのであれば、相続放棄とは全く関係ありません。それに対して、相続財産から支払うと、金額によっては単純承認とみなされる可能性があります。

明確にいくら以上なら駄目と決まっていないので、できる限り低額にした方が安全です。

2.相続放棄と相続分の放棄は違う

2つ目の注意点は、相続放棄と相続分の放棄です。

「相続放棄」と「相続分の放棄」は間違えやすく、私の知り合いも間違えて相続分の放棄をしていました。

2つの名称は似ていますが、まったくの別ものです。最大の違いは、相続分の放棄をしても相続人のままなので、借金等があった場合は相続することになります。

亡くなった人の相続に関して関わる気がないのであれば、相続放棄をする必要があります。相続放棄は家庭裁判所への申述が必要ですし、期間の定めがあるので注意してください。

 

3.3ヶ月の熟慮期間は相続人ごとにスタート

3つ目の注意点は、3ヶ月の熟慮期間は相続人ごとにスタートです。

3ヶ月という数字は知っているのですが、起算点を間違えている人は多い気がします。

【配偶者・先順位相続人】

相続が開始したことを知った日から3ヶ月以内です。つまり、亡くなったことを知らなければ、熟慮期間はスタートしていません。

たとえば、親と子どもの頃から会っていなければ、亡くなった当日に知ることは少ないと思います。相続人が子どもであっても、亡くなってから数年後に熟慮期間がスタートする人もいます。

当事務所で受けている依頼でも、亡くなってから数年経過後に知ったケースは少なくないです。
*相続放棄は認められています。

【後順位相続人】

先順位相続人が全員相続放棄をした場合は、自分が相続人になったこと知った日から3ヶ月です。亡くなった日は関係ありませんので注意してください。

借金のお知らせなどは書面で送ってくるので保管しておいてください。相続放棄の申述をするときに提出することもあります。

関連記事

相続放棄は3ヶ月以内ということはご存知な方も多いです。ですが、いつから3ヶ月なのかについては曖昧な方が多いです。起算点を間違えてしまうと気づいた時には相続放棄ができなかったり、熟慮期間が経過していないのに勘違いして諦めることもありま[…]

 

4.相続放棄は相続人になってから

4つ目の注意点は、相続放棄ができるのは相続人になってからです。

相続放棄が生前にできないのは当然ですが、亡くなった後でも相続放棄ができない人もいます。

後順位相続人は先順位相続人が全員相続放棄しないと、相続放棄の手続きをすることができません。

亡くなった人に借金があることが判明していても、先順位相続人が全員相続放棄をしなければ相続放棄はできません。連絡が取れていれば問題ないのですが、疎遠になっている相続人がいると困ります

なぜなら、自分が相続人になるタイミングが分からないからです。亡くなって数年経過してから相続人になることもあります。

先順位相続人が相続放棄しているか確かめるなら、「相続放棄の有無照会」という方法があります。

 

5.生命保険金は受取人の権利

5つ目の注意点は、生命保険金は受取人の権利です。

相続放棄と生命保険金の受取も、間違えやすいので気を付けてください。

【自分が受取人】

相続放棄をしても、自分が受取人である生命保険金は受け取れます。なぜなら、受取人固有の権利として受け取るので、相続財産とは関係ないからです。

相続放棄をしたら生命保険金を受け取れないと、勘違いしている人もいるのでご注意ください。

【亡くなった人が受取人】

生命保険金の受取人が亡くなった人の場合や、生命保険契約の解約返戻金は相続放棄をすると受け取ることはできないです。

亡くなった人の権利なので、相続人が権利を引き継いて受取ります。相続放棄をするつもりなら、手続きに関わってはいけません。

 

6.相続放棄と代襲相続の関係

6つ目の注意点は、相続放棄と代襲相続の関係です。

まず初めに、相続放棄をしても代襲相続は起こりません。あなたが相続放棄をしたからといって、子どもに相続権が移るわけではないです。

ただし、相続放棄と代襲相続が関わることはあります。

相続放棄をしても代襲相続は起きない

相続放棄をすると初めから相続人ではないので、代襲相続も発生しません。

一方、あなたが相続放棄をした結果、亡くなった人の兄弟姉妹に相続権が移ることがあります。兄弟姉妹が先に亡くなっていると、子どもが代襲相続します。
相続放棄と代襲相続の関係

 

7.誰に依頼しても回答書は自分で記入

7つ目の注意点は、誰に依頼しても回答書は自分で記入です。

相続放棄を専門家に依頼しても、家庭裁判所から送られてくる回答書の記入は本人となります。

回答書とは相続放棄の申述書を家庭裁判所に提出した後に、自宅に送られてくる書類のことです。回答書への記入は本人確認を兼ねているので、誰に依頼したとしても本人が記入します。

ちなみに、家庭裁判所によっては回答書の記入が省略される場合もあります。

 

8.さいごに

相続放棄に関しては間違えやすい注意点が複数あります。相続放棄を検討されているなら、間違えないように気を付けてください。

相続放棄に関してよく質問されることを、まとめたページもありますので参考にしてください。

参考:『相続放棄のFAQ

みかち司法書士事務所では、相続放棄の早割サービスを行っています。相続人になったことを知った日から1ヶ月以内(配偶者・子どもは2ヶ月以内)なら、追加費用無しの定額料金としております。

相続放棄を検討されている場合は、下記のボタンより料金と流れについてご確認ください。

相続放棄の料金を確認する

相続放棄について電話や面談の際に、よく聞かれる質問をまとめています。

相続放棄に関する質問を確認する

相続放棄に関する記事も30以上ありますので、興味がある記事があれば参考にしてください。

相続放棄記事まとめ

相続放棄の質問なら電話でお答えします
📞06-6643-9269

業務時間8:00~20:00
司法書士の小嶋(こじま)が担当します
>相続専門の司法書士事務所

相続専門の司法書士事務所

相続に関する悩みや疑問があれば、お気軽にお問い合わせください。
遺言書に関すること。
相続登記に関すること。
相続手続に関すること。
相続放棄に関すること。
後見に関すること。
事実婚や同性カップルの相続対策。

CTR IMG