大阪梅田で相続の悩みを解決します

06-6643-9269

相続放棄

相続放棄に必要な戸籍謄本等|取得費用は依頼人ごとに違う

    相続放棄に必要な戸籍謄本等の取得費用

    相続放棄に必要な戸籍謄本等は、誰が相続放棄をするかによって取得する枚数が違います。
    したがって、取得費用も違います。

    相続放棄を検討されている人にとって、費用がいくら必要になるのかは重要です。
    なぜなら、専門家に依頼すると「費用は別途必要です」と言われるからです。

    最終的にいくら必要になるかは、亡くなった人にもよるので答えを提示することはできないですが、なぜ費用が違うのかはご理解いただけると思います。

    目次

    1. 絶対に必要な費用
    2. 住所地や本籍地によっては発生
      1. 相続放棄申述書の提出を郵送でする
      2. 取得するために発生する費用
      3. 本籍地が不明
    3. 相続放棄する人により加算
      1. 配偶者・子ども
      2. 兄弟姉妹
    4. 同じ戸籍は1枚で大丈夫
    5. まとめ

     

    1.絶対に必要な費用

    誰が相続放棄をする場合でも、絶対に必要な費用です。

    • 相続放棄申述書に貼る収入印紙(800円)
    • 家庭裁判所に提出する切手代(約600円)
      *家庭裁判所により違います
    • 亡くなった人の戸籍謄本等(450円または750円)
      *戸籍謄本または除籍謄本により違います
    • 亡くなった人の住民票除票(300円から400円)
      *役所により違います
    • 相続放棄をする人の戸籍謄本(450円)
      *亡くなった人の戸籍謄本と同じ場合は不要

    一番少ない人でも2,000円は絶対に必要です。

    絶対に必要な金額をベースに、費用が上積みされていきます。

     

    2.住所地や本籍地によっては発生

    絶対に発生する費用ではないですが、亡くなった人の住所地や本籍地の場所によっては発生します。

    2‐1.相続放棄申述書の提出を郵送でする

    提出先は亡くなった人の最後の住所地を管轄する家庭裁判所です。
    したがって、遠方の場合は郵送で提出します。

    普通郵便でも可能ですが、専門家は簡易書留等で郵送するのではないでしょうか。
    *郵便料金に320円加算。

    2‐2.取得するために発生する費用

    本籍地等が遠方の場合は郵送で取得します。

    郵送で取得する場合

    • 定額小為替の発行手数料(100円)
    • 郵送用封筒と返送用封筒の切手代(168円)

    郵送で戸籍謄本等を取得する場合は、現金ではなく定額小為替を封筒にいれます。

    定額小為替を購入する際に、発行手数料が1枚につき100円発生します。

    2‐3.本籍地が不明

    本籍地が不明な場合は、本籍地記載入りの住民票を取得すると判明します。
    住民票の取得費用が加算されます。

     

    3.相続放棄する人により加算

    誰が相続放棄をするかにより、必要な戸籍謄本等の枚数が違います。

    1. 配偶者
    2. 子ども
    3. 祖父母
    4. 兄弟姉妹
    5. 甥・姪

    基本的に数字が増えるほど、必要な戸籍謄本等も増えていきます。

    3‐1.配偶者・子ども

    配偶者・子どもに関しては、【1.絶対に必要な費用】が目安となります。

    ちなみに、当事務所が配偶者・子どもさんから相続放棄の依頼を受けるときは、2,500円から4,000円ぐらいと説明しています。

    子どもさんの方が費用は増える可能性があります。
    なぜなら、戸籍が別であることが多いのと、両親が亡くなっていると除籍謄本の可能性もあるからです。
    *戸籍謄本(450円)と除籍謄本(750円)の違い。

    お孫さんは少し追加

    お孫さんが相続放棄する場合は、基本の費用に本来の相続人(子ども)が亡くなっていることを証明するために、戸籍謄本等が追加になります。

    3‐2.親

    親が相続放棄をする場合から必要書類が増えていきます。
    なぜなら、先順位の相続人がいないことを証明する必要があるからです。

    亡くなった人に子どもさん(第1順位)がいないことを証明するために、「生まれてから亡くなるまで」の全ての戸籍謄本等を提出します。

    必要な戸籍謄本等が何枚になるかは、亡くなった人次第なので難しいです。
    *目安としては3枚から5枚と伝えています。

    年齢、婚姻の有無、本籍地の移転等により戸籍謄本等の枚数は変わります。

    祖父母は少し追加

    両親が亡くなっていても、祖父母が健在な場合は相続人になります。
    したがって、両親が亡くなっていることを証明するために、戸籍謄本等が追加になります。

    3‐3.兄弟姉妹

    兄弟姉妹が相続放棄をする場合は、【3‐2.親】の費用に親が亡くなっていることを証明する戸籍謄本等が追加になります。

    注意

    親が亡くなっていても祖父母が健在な場合もあるので、祖父母が亡くなっていることを証明するための戸籍謄本等が追加になることもあります。

    追加で必要かどうかは、祖父母がもし健在な場合の年齢から判断するそうです。
    ですので、家庭裁判所に必ず確認してください。

    甥・姪は少し追加

    本来の相続人(兄弟姉妹)が亡くなっていることを証明するために、戸籍謄本等が追加になります。

     

    4.同じ戸籍は1枚で大丈夫

    複数人が相続放棄を依頼する場合に、2人目以降は減額サービス等を目にすることがあると思います。

    同じ人に対する相続放棄に関しては、必要な戸籍謄本等で同じ書面は1枚で大丈夫です。
    したがって、複数人で依頼する場合は、2人目以降は必要な書面が少なくなります。
    先順位の相続人が相続放棄をしている場合も同じです。

    ですので、2人目以降は作業量も少なくなるので、報酬を減額しているのだと思います。

     

    5.まとめ

    相続放棄に必要な戸籍謄本等の取得費用が、人によってなぜ違うのかを解説しました。

    結論は正確な金額は集めてみないと分からないです。
    ただし、費用が加算される理由については、ご理解いただけたのではないでしょうか。

    取得する戸籍謄本等が増えるほど、準備の時間も増えていきます。

    相続放棄は亡くなったことを知った日から3ヶ月以内ですが、準備の時間を考慮していない人も多いです。
    当事務所では2ヵ月以内に行動を起こすことを推奨しています。

    相続放棄は期間内に提出することが、認められることの大前提になっています。
    遅くなればなるほど、専門家報酬も追加になるので、早めの行動をお勧めします。

    亡くなったことを知った日から1ヶ月以内の【早割限定料金】もありますので、相続放棄を検討されている人はご確認ください。

    相続の悩みなら、範囲を問わず相談に乗ります

    電話またはメールでご連絡ください

    06-6643-9269

    TOP