相続放棄をすると次順位の相続人に借金等が移ってしまう

相続人が全員相続放棄をすると、次順位の相続人に相続権が移ります。

亡くなった人にマイナスの財産(借金等)があれば、次順位の相続人に請求書が届くことになります。

相続放棄により相続権が移ることを知らなかった場合は、今回の記事を参考にしてください。

1.相続放棄をすると相続人ではない

亡くなった人の財産は、相続人が引き継ぎます。

財産はプラスの財産(預貯金や不動産等)だけではなく、マイナスの財産(借金等)も含まれます。

ですが、さまざま理由により相続したくない人もいるので、相続放棄の手続きがあります。

相続放棄をすると、初めから相続人ではなかったとみなされます。

(相続の放棄の効力)
第九百三十九条 相続の放棄をした者は、その相続に関しては、初めから相続人とならなかったものとみなす。

出典:e-Govウェブサイト(民法939条)

初めから相続人ではないので、相続人を決め直します。誰が相続人になるのかは、あらかじめ法律で決められています。

2.相続順位は第3順位まである

誰が相続人になるかは、法律で優先順位が決められています。

以下が基本となる相続順位です。

相続順位

配偶者は常に相続人となります。血族相続人は順位の高い方から相続人となります。

  • 第1順位:子ども
  • 第2順位:直系尊属(両親等)
  • 第3順位:兄弟姉妹

同順位の相続人が複数人存在するなら、全員が相続人となります。

2-1.全員が相続放棄すると次順位に移る

亡くなった人に子どもが複数人存在するなら、全員が相続放棄をした場合のみ次順位に相続が移ります。

誰か1人でも相続放棄をしなければ、相続順位に変更はありません。

1人だけ相続放棄していない

第1順位の相続人が全員相続放棄した場合のみ、次順位の相続人に相続が移ります。

配偶者は血族相続人ではないので、相続順位の変更には関わらないです。

2-2.相続が甥・姪に回る可能性もある

先順位の相続人が全員相続放棄すると、亡くなった人の甥・姪に相続権が回る可能性があります。

なぜなら、亡くなった人よりも先に兄弟姉妹が亡くなっていると、代わりに甥・姪が相続人になるからです。

甥・姪が代襲相続する

兄弟姉妹が相続人になることは知っていても、甥・姪にまで回る可能性があることを知っている人は少ないです。

3.相続放棄を知った日から3ヶ月以内

相続放棄の期間は3ヶ月以内なのですが、次順位相続人は起算日(スタート日)が先順位相続人とは違います。

次順位相続人の相続放棄は、先順位相続人が全員相続放棄したことを知った日から3ヶ月以内です。

つまり、亡くなった人の死亡日は一切関係ありません。全員の相続放棄を知った日から3ヶ月以内であれば、亡くなってから何年経過していても相続放棄できます。

3-1.相続放棄を知らせた方が良いのか?

先順位相続人が相続放棄する際に、次順位相続人に知らせた方が良いのか聞かれることがあります。

相続放棄を知らせる法律上の義務はありません。ですので、次順位相続人とどれぐらい親しいかによります。

知らせることにより3ヶ月の期間がスタ―トするので、人によっては迷惑と考えるかもしれません。

3-2.相続放棄を自分で確かめる手段

先順位相続人が相続放棄しているか、次順位相続人が調べる手段はあります。

教えてもらうのが一番簡単なのですが、疎遠である等の理由により聞けない人もいます。

相続放棄しているかは、「相続放棄の有無照会」を家庭裁判所にすることで分かります。

自分が相続人になっているか知りたい場合は、下記の記事を参考にしてください。

4.次順位に相続を回したくない場合

相続放棄を検討しているが、次順位相続人に相続を回したくない人もいます。

回したく理由は複数ありますが、選択肢は3つです。

  • 相続する
  • 事情を説明する
  • 限定承認をする

4-1.相続放棄せずに相続する

自分が相続してしまえば、次順位相続人に相続は回りません。

亡くなった人に借金等があるなら、相続をした後で支払いについて考えます。払いきれない額なら自己破産も検討します。

ただし、借金等が払いきれない額なら、わざわざ相続する必要はありません。別の方法を選んだほうが良いです。

4-2.次順位相続人に事情を説明する

亡くなった人の借金が高額なら、相続放棄するのは当然です。

次順位相続人に事情を説明して、相続放棄の費用を負担することを伝えれば、揉める可能性は低いです。

実際、当事務所に依頼されている相続人の中にも、次順位相続人の費用を負担している人はいます。

4-3.限定承認をして相続する

限定承認をして相続すれば、次順位相続人に相続は回りません。限定承認はプラスの財産を限度として、マイナスの財産を負担する相続方法です。

例えば、プラスの財産が10万円であれば、借金も10万円までしか負担しません。

ただし、デメリットも多いので年間の利用件数は少ないです。専門家に相談して決めてください。

5.さいごに

先順位相続人が全員相続放棄をすると、次順位相続人に相続が移ります。

亡くなった人に借金等があれば、次順位相続人も相続放棄をする可能性が高いです。

相続放棄を知らせる義務は無いのですが、次順位相続人と交流があれば教えてあげましょう。

逆に、先順位相続人が相続放棄しているか確認するには、「相続放棄の有無照会」をすることで可能です。

次順位相続人のことで疑問があれば、お気軽にお問い合わせください。

みかち司法書士事務所では、相続放棄の早割サービスを行っています。相続人になったことを知った日から1ヶ月以内(配偶者・子どもは2ヶ月以内)なら、追加費用無しの定額料金としております。

相続放棄を検討されている場合は、下記のボタンより料金と流れについてご確認ください。

相続放棄の料金を確認する

相続放棄について電話や面談の際に、よく聞かれる質問をまとめています。

相続放棄に関する質問を確認する

相続放棄に関する記事も30以上ありますので、興味がある記事があれば参考にしてください。

相続放棄記事まとめ

相続放棄の質問は電話でお答えします
📞06-6643-9269

業務時間8:00~20:00
司法書士の小嶋(こじま)が担当します
>相続専門の司法書士事務所

相続専門の司法書士事務所

相続に関する悩みや疑問があれば、お気軽にお問い合わせください。
遺言書に関すること。
相続登記に関すること。
相続手続に関すること。
相続放棄に関すること。
後見に関すること。
事実婚や同性カップルの相続対策。

CTR IMG