大阪梅田で相続の悩みを解決します

06-6643-9269

相続放棄

相続放棄のデメリット|5つの可能性について

    Pocket
    LINEで送る

    相続放棄のデメリット

    亡くなった人に借金があっても、相続放棄をすることで無関係になれます。
    ただし、当然ですが相続放棄にもデメリットはあります。

    たとえば、相続財産が他にもあったので、借金を払ってもお金が残る場合です。
    相続放棄をすると撤回することはできないので、結果として損をしたことになります。

    デメリットについて知っておくことで、防げるミスもありますので相続放棄をする前にお読みください。

    目次

    1. すべての財産を相続できない
    2. 相続放棄するには手続きが必要
    3. 相続人が変更することがある
      1. 遺産分割協議が複雑になる
      2. 次順位の相続人が不満を抱く
    4. 生命保険金の非課税枠が使えない
    5. 相続放棄の撤回はできない
    6. まとめ

     

    1.すべての財産を相続できない

    一番分かりやすい相続放棄のデメリットです。

    相続を放棄すると初めから相続人ではなかったことになるので、マイナスの財産だけではなくプラスの財産も相続することができません。
    *相続放棄をしても家族関係はそのままです。

    相続放棄をした後で他の財産が見つかっても、相続することはできません。
    たとえば、借金があったので相続放棄をした後に、気付いていなかった銀行口座が見つかっても相続は認められません。

    結果として、相続放棄をしたことにより損をすることはあります。
    相続放棄をする際には、後から財産が出てきても後悔しないぐらいの覚悟が必要です。

     

    2.相続放棄するには手続きが必要

    相続放棄するには家庭裁判所での手続きが必要です。
    したがって、相続人間で話し合いをしても、相続放棄の効力は発生しません。

    勘違いをしやすいので『相続放棄と相続分の放棄は違う』で確認しておいてください。

    家庭裁判所の手続きには費用と手間がかかります。
    専門家に依頼すると報酬も必要です。

    相続放棄の費用』で費用について説明しています。

    相続放棄は相続人であることを知ってから3ヶ月以内に、手続きをしなくてはいけません。
    時間の確保が難しい場合は、早めに専門家に依頼しましょう。

     

    3.相続人が変更することがある

    相続人が相続放棄をすることにより、別の人が相続人になることがあります。
    相続順位
    上記の図のように、相続人には順位があります。
    優先順位の高い相続人が全員相続放棄をすると、次順位の相続人に回ってきます。

    考えられるデメリットとしては次の2つです。

    • 遺産分割協議が複雑になる
    • 次順位の相続人が不満を抱く

    3-1.遺産分割協議が複雑になる

    たとえば、配偶者と子どもさんが相続人の場合で、子どもさんが全員相続放棄をします。
    相続人は配偶者と両親になります。両親が亡くなっているときは、配偶者と兄弟姉妹が相続人です。

    相続人が変更することにより、遺産分割協議が複雑になる可能性があります。

    3-2.次順位の相続人が不満を抱く

    次順位の相続人と連絡を取っている場合は大丈夫ですが、連絡を取っていない場合は自分が相続人になっていることに気づきにくいです。

    借金が原因で相続放棄をした場合等は、次順位の相続人は借金の連絡で気づくこともあります。
    場合によっては、不満を抱く相続人もいるかもしれません。

    相続放棄をしたからといって連絡をする義務はないのですが、普段から交流がある場合は伝えておきましょう。
    同じ専門家に依頼すると料金が安くなることが多いので、伝えた方が得する場合もあります。

     

    4.生命保険金の非課税枠が使えない

    生命保険金を受け取ると相続税が課税されます。
    ちなみに、相続放棄をしても相続税の課税対象者です。
    非課税枠が使えない
    相続放棄をすると生命保険金の非課税枠が適用されません。
    非課税枠とは【500万円×法定相続人の数】です。

    生命保険金の額から非課税枠を控除した金額に、相続税が課税される。
    したがって、相続放棄をした結果、相続税が発生する可能性はあります。

     

    5.相続放棄の撤回はできない

    原則として、一度相続放棄をすると撤回することができません。
    後から高額な財産が見つかっても、相続するすることは認められません。

    ですので、借金があるのでとりあえず相続放棄をして、他に財産があれば撤回する等の方法は使うことができないです。

    例外は、他の相続人に脅迫を受けたり、騙されたりして相続放棄をした場合等です。
    撤回ができるのは、騙されていることに気づいてから6ヶ月以内、または相続放棄から10年以内です。

     

    6.まとめ

    相続放棄をすることにより、相続においては無関係になれます。
    ただし、どんな制度にもデメリットはあります。

    実はプラスの財産の方が多かったや、生命保険金の非課税枠が使えないので相続税が発生した等が考えられます。

    相続放棄を検討されている方は、デメリットに該当していないかの確認も必要です。

    相続放棄の相談は無料ですので、お気軽にご連絡ください。

    Pocket
    LINEで送る

    関連記事

    相続の悩みなら、範囲を問わず相談に乗ります

    電話またはメールでご連絡ください

    06-6643-9269

    TOP