相続登記FAQ

相続登記FAQ

相続登記という言葉は知っているが、細かい部分までは知らないという人は多いです。

司法書士は相続登記の専門家なので、多くの人から相続登記の質問を受けています。

もし、下記にあなたの疑問や悩みが無ければ、ぜひ教えてください。

Q.相続登記をしていなくて、父親名義のままになっています。
相続登記は申請した方が良いのでしょうか?
A.相続登記の義務化も決定しているので、早めに相続登記を申請しましょう。
Q.相続登記が義務化されると聞きました。本当でしょうか?
A.本当です。2024年に義務化されます。
Q.相続登記の登録免許税はいくら必要ですか?
A.不動産の固定資産評価額×0.4%です。
Q.相続登記をする前に実家を取り壊したのですが、相続登記はどうなるのでしょうか?
A.建物の相続登記は不要です。
ただし、土地も相続している場合は、土地の相続登記は必要です。
Q.不動産の課税価格はいくらになりますか?
A.不動産の固定資産評価証明を取得すると分かります。
Q.父親は20年前に亡くなっていますが、相続登記は可能でしょうか?
A.集める戸籍謄本等が増える可能性はありますが、相続登記の申請は問題ありません。
Q.遺言書があれば相続登記は楽になるのでしょうか?
A.遺言書で不動産の取得者が決まっていれば、必要な戸籍謄本等の枚数が少ないです。
Q.遺産分割協議書は自分達で作るのでしょうか?
A.司法書士に相続登記を依頼すると遺産分割協議書も作成します。
Q.相続した不動産を売却するのですが、相続登記は省略できますか?
A.相続登記の申請後でなければ、売却相手に名義変更ができません。

 

あなたの疑問を解消する質問が見つからなければ、ぜひ教えてください。

あなたの電話をお待ちしております
📞06-6643-9269

みかち司法書士事務所
受付時間8:00~20:00
司法書士の小嶋(こじま)が担当します

面談中により電話に出れなかった場合、折り返し電話連絡いたします。

申込フォームは24時間対応ですのでご希望の時間をご記入ください。折り返しご連絡いたします。

\問い合わせは無料/相続登記の問い合わせをする

相続登記を検討している場合は、下記より料金等を確認することができます。

\想像登記の義務化も決定/相続登記の流れを確認する

>相続専門の司法書士事務所

相続専門の司法書士事務所

相続に関する悩みや疑問があれば、お気軽にお問い合わせください。
遺言書に関すること。
相続登記に関すること。
相続手続に関すること。
相続放棄に関すること。
後見に関すること。
事実婚や同性カップルの相続対策。

CTR IMG