相続登記は相続放棄した人がいると受理証明書も必要になる

他の相続人が相続放棄していると、相続登記を申請する際に受理証明書(受理通知書)が必要になります。

なぜなら、法務局の登記官は誰が相続放棄しているか分からないので、受理証明書で確認するからです。

相続放棄が関係する相続登記には以下があります。

  • 相続放棄者以外が法定相続分で登記
  • 相続放棄者以外が遺産分割協議に従って登記
  • 相続放棄により後順位相続人が登記

上記の相続登記を申請するには、登記官に相続放棄の証明が必要です。

今回の記事では、相続登記と相続放棄について説明しているので、相続登記を申請する際の参考にしてください。

1.相続登記の申請には相続放棄の証明が必要

相続放棄をした相続人は、初めから相続人ではなかったとみなされます。

つまり、相続放棄をした相続人は相続登記に関係しません。

相続放棄をしなかった相続人が、法定相続分または遺産分割協議に従って相続登記を申請します。

ただし、法務局の登記官は誰が相続放棄しているか分からないので、添付書面で相続放棄を証明する必要があります。

家庭裁判所と法務局は連動していないので、相続放棄の情報は法務局に伝わらないからです。

以下の2つが添付書面として利用されます。

  • 相続放棄受理通知書
  • 相続放棄受理証明書

1-1.相続放棄申述受理通知書でも可能になった?

相続放棄受理通知書を添付書類とすることで、相続放棄を証明することもできます。

相続放棄受理通知書
相続放棄が受理されると申述人に送られる書面のこと

かつては、相続放棄受理通知書では認められませんでしたが、取り扱いが変更になり可能になったそうです。

相続を原因とする所有権の移転の登記の申請において、相続放棄等の申述有無についての照会に対する家庭裁判所からの回答書や相続放棄申述受理通知書を登記原因を証する情報の一部とすることができる。

出典:(登記研究808号 平成27年6月号 質疑応答より)

ただし、法務局によっては、今までどうり相続放棄申述受理証明書でなければ認めないようです。

結局、余計な手間を省くためにも、受理証明書を取得した方が安全だと思います。

1-2.自分で相続放棄申述受理証明書を取得する

一般的には、相続放棄申述受理証明書を添付書類として相続登記を申請します。

相続放棄受理証明書
家庭裁判所で取得できる相続放棄を証明する書類

受理通知書でも添付書類にすることは可能なのですが、原本を提出する必要があります。
※受理通知書では不可な法務局もある。

相続放棄をした相続人と疎遠であるや、受理通知書を紛失している場合等には、相続放棄受理証明書を取得して提出します。

相続放棄をしなかった相続人は利害関係があるので、自分で受理証明書を取得することができます。

相続放棄受理証明書の取得方法は下記を参考にしてください。

 

2.相続放棄しなかった人が法定相続分で相続登記

相続放棄しなかった相続人が、法定相続分で相続登記する場合です。

相続放棄した相続人がいると法定相続分が変更になるので、登記官に相続放棄を証明します。

例えば、亡くなった人の相続人が長男と次男と三男の3人で、三男が相続放棄したとします。相続人は長男と次男の2人になるので、法定相続分は2分の1ずつとなります。

相続人の1人が相続放棄

登記官に相続人が2人であることを証明します。

  • 亡くなった人のすべての戸籍謄本等
    *亡くなった人の子どもが3人であることを確認します
  • 相続人の戸籍謄本
    *相続人が健在であることを確認します
  • 相続放棄受理通知書等
    *三男が相続放棄していることを確認します

上記の書面を確認することで、登記官は相続人が2人で法定相続分どおりの登記であることが分かります。

 

3.相続放棄しなかった人が遺産分割協議により相続登記

相続放棄しなかった相続人が、遺産分割協議により相続登記する場合です。

遺産分割協議の成立には相続人全員の同意が必要なので、相続放棄した人(遺産分割協議に不参加)を証明します。

例えば、亡くなった人の相続人が長男と次男と三男の3人で、三男は相続放棄しました。相続人である長男と次男の2人が遺産分割協議をして、長男が不動産を相続することになりました。

登記官に相続するのが長男であることを証明します。

  • 亡くなった人のすべての戸籍謄本等
    *亡くなった人の子どもが3人であることを確認します
  • 相続人の戸籍謄本
    *相続人が健在であることを確認します
  • 相続放棄受理通知書等
    *三男が相続放棄していることを確認します
  • 遺産分割協議書
    *相続人全員が参加していることを確認します

上記の書面を確認することで、登記官は不動産を相続するのが長男であることが分かります。

 

4.相続放棄により後順位相続人が相続登記

相続放棄により後順位相続人が、相続登記をする場合です。

後順位相続人が相続登記を申請する場合は、先順位相続人が相続放棄していることを登記官に証明します。

例えば、亡くなった人の相続人が長男と次男と三男の3人で、長男と次男と三男は全員相続放棄しました。亡くなった人の直系尊属は亡くなっているので、亡くなった人の兄が相続することになりました。

相続放棄により後順位が相続

登記官に相続人が兄であることを証明します。

  • 亡くなった人のすべての戸籍謄本等
    *亡くなった人の子どもが3人であることを確認します
  • 相続人の戸籍謄本
    *相続人が健在であることを確認します
  • 相続放棄受理通知書等
    *長男と次男と三男が相続放棄していることを確認します
  • 直系尊属のすべての戸籍謄本等
    *直系尊属の死亡と兄弟姉妹が兄だけであることを確認します

上記の書面を確認することで、登記官は不動産を相続するのが兄であると分かります。

 

5.さいごに

相続人の中に相続放棄をした人がいると、相続登記をする際に登記官に対して相続放棄を証明する必要があります。

相続放棄を証明する書類は、相続放棄申述受理証明書で大丈夫です。

受理通知書で大丈夫な法務局もありますが、確認する手間が面倒なので受理証明書を取得した方が楽です。

相続放棄をした相続人がいると、登記をする際の添付書類が増えるので、あらかじめ準備しておいてください。

相続登記の義務化も決定しているので、後回しにするメリットがありません。

後回しにすると相続が複雑になり費用も増えるので、できる限り早めに登記をしましょう。

相続登記に関する記事も複数ありますので、悩みを解決するための参考にしてください。

相続登記記事一覧

相続登記を検討している場合は、下記より料金等を確認することができます。

相続登記の料金を確認する

下記から相談用LINEに登録できます。

質問・相談

電話やメールよりも簡単に質問したい場合にご利用ください。

相続登記の質問は電話でお答えします
📞06-6643-9269

受付時間8:00~20:00
司法書士の小嶋(こじま)が担当します

ご相談中など出られない場合には、折り返しご連絡いたします。

申込フォームは24時間対応ですのでご希望の時間をご記入ください。折り返しご連絡いたします。

申込フォーム入力はこちら

>相続専門の司法書士事務所

相続専門の司法書士事務所

相続に関する悩みや疑問があれば、お気軽にお問い合わせください。
遺言書に関すること。
相続登記に関すること。
相続手続に関すること。
相続放棄に関すること。
後見に関すること。
事実婚や同性カップルの相続対策。

CTR IMG