兄弟姉妹の代襲相続人として甥姪が承継します

相続人である兄弟姉妹が先に亡くなっていると、相続人が誰になるかはご存知でしょうか。

兄弟姉妹の子ども(甥姪)が代襲相続により、兄弟姉妹の代わりに相続人になります。

誰が相続人になるかは非常に重要なので、兄弟姉妹の代襲相続についても知っておく必要があります。

今回の記事では、兄弟姉妹の代襲相続について説明しているので、亡くなっている兄弟姉妹がいる場合は参考にしてください。

1.兄弟姉妹が先に亡くなっている

相続人である兄弟姉妹が先に亡くなっていると、兄弟姉妹の子ども(甥姪)が代襲相続により相続人になります。

兄弟姉妹が相続人になるケースは2つあります。

  • 先順位相続人が存在しない
  • 先順位相続人が全員相続放棄した

1-1.先順位相続人が存在しない

亡くなった人に子どもが存在せず、かつ、直系尊属が亡くなっている場合です。
※子どもが亡くなっている場合を含む。

兄弟姉妹の代襲相続人

兄弟姉妹の相続順位は第3位ですが、先順位相続人が存在しなければ相続人になります。

つまり、兄弟姉妹が先に亡くなっていて、かつ、先順位相続人が存在しなければ、甥姪が代襲相続人になります。

独身の人が亡くなると、兄弟姉妹(甥姪)が相続人になる可能性が高いです。

1-2.先順位相続人が全員相続放棄した

亡くなった人の子どもや直系尊属が全員相続放棄した場合です。

相続放棄により甥姪が相続

相続放棄すると初めから相続人ではなかったとみなされるので、結果的に先順位相続人が存在しない場合になります。

つまり、兄弟姉妹が先に亡くなっていて、かつ、亡くなった人の子どもや直系尊属が全員相続放棄すると、甥姪が代襲相続人になります。

亡くなった人に負債(借金等)があると、先順位相続人は相続放棄する可能性が高いです。

 

2.兄弟姉妹の代襲相続は甥姪まで

亡くなった人よりも先に兄弟姉妹だけでなく、甥姪も亡くなっていると相続がどうなるかご存知でしょうか。

間違えやすいのですが、甥姪の子どもは相続人になりません。

なぜなら、再代襲の規定が兄弟姉妹には準用されていないからです。

2-1.兄弟姉妹に再代襲の規定は準用されていない

以下は、民法で代襲相続について定めている部分です。

(子及びその代襲者等の相続権)
第八百八十七条 (省略)
2 被相続人の子が、相続の開始以前に死亡したとき、又は第八百九十一条の規定に該当し、若しくは廃除によって、その相続権を失ったときは、その者の子がこれを代襲して相続人となる。(省略)
3 前項の規定は、代襲者が、相続の開始以前に死亡し、又は第八百九十一条の規定に該当し、若しくは廃除によって、その代襲相続権を失った場合について準用する。

出典:e-Govウェブサイト(民法887条2項・3項)

民法887条2項で亡くなった人よりも先に子どもが死亡した場合の、代襲相続について定めてあります。

民法887条3項で代襲者(孫)が先に亡くなっている場合の、再代襲について定めてあります。

次に、民法で兄弟姉妹の相続について定めている部分を確認します。

(直系尊属及び兄弟姉妹の相続権)
第八百八十九条 (省略)
一 (省略)
二 被相続人の兄弟姉妹
2 第八百八十七条第二項の規定は、前項第二号の場合について準用する。

出典:e-Govウェブサイト(民法889条2項)

887条2項(代襲相続)の規定は兄弟姉妹が相続人の場合に準用されていますが、887条3項(再代襲)の規定は準用されていません。

ですので、亡くなった人よりも先に甥姪が亡くなっていても、甥姪の子どもは相続人になりません。

2-2.孫や両親が先に亡くなっている場合

亡くなった人よりも先に孫や両親が亡くなっている場合、兄弟姉妹の代襲相続とは規定が違うので注意してください。

孫が先に亡くなっていても、曾孫がいれば再代襲により相続人になります。

両親が先に亡くなっていても、祖父母が健在であれば直系尊属として相続人になります。
※代襲相続人ではない。

亡くなった人の相続人が誰になるかは、相続では重要なので間違えないように気をつけてください。

 

3.兄弟姉妹の死亡以外でも代襲相続は発生する

甥姪が代襲相続により相続人になる場合は、兄弟姉妹の死亡以外にもあります。

死亡以外で代襲相続が発生する可能性は低いですが、簡単に説明しておきます。

第八百八十七条 (省略)
2 被相続人の子が、相続の開始以前に死亡したとき、又は第八百九十一条の規定に該当し、若しくは廃除によって、その相続権を失ったときは、その者の子がこれを代襲して相続人となる。(省略)

出典:e-Govウェブサイト(民法887条2項)

兄弟姉妹が891条の規定(相続人の欠格事由)に該当すると、甥姪が代襲相続人となります。

相続人の欠格事由とは、主に以下の事由です。

  • 被相続人や先順位相続人を殺害した
  • 詐欺や強迫により遺言書を作成させた
  • 遺言書を偽造したり破棄した

亡くなった人の兄弟姉妹が欠格事由に該当すると、生存していても甥姪が代襲相続人になります。

司法書士から一言兄弟姉妹には廃除の規定が適用されないので、甥姪の代襲相続には関係ありません。

 

4.遺産分割前に兄弟姉妹が亡くなった場合

亡くなった人よりも後に兄弟姉妹が亡くなると、代襲相続は発生しません。

ただし、遺産分割協議をする前に兄弟姉妹が亡くなると、甥姪は遺産分割協議に参加する必要があります。

なぜなら、甥姪は相続人としての権利を相続しているからです。代襲相続人としてではなく、兄弟姉妹の相続人として参加します。

遺産分割前に兄弟姉妹が亡くなる

遺産分割を後回しにしていると、相続人が亡くなって遺産分割をするのが難しくなるので、できる限り早めに終わらせておきましょう。

 

5.さいごに

亡くなった人よりも先に兄弟姉妹が亡くなっていると、甥姪が代襲相続人になる場合があります。

  • 先順位相続人が存在しない
  • 先順位相続人が全員相続放棄した

亡くなった人に子どもが存在せず、かつ、直系尊属が亡くなっていると代襲相続が発生します。

また、子どもや直系尊属が存在していても、全員が相続放棄すると代襲相続が発生します。

気を付ける点は、甥姪が先に亡くなっていても、再代襲は発生しない点です。

代襲相続の知識を知っておかなければ、相続人を間違えることに繋がるので注意してください。

みかち司法書士事務所は相続を専門にしております。相続について悩みや疑問があれば、お気軽にお問い合わせください。

相続に関する記事も複数ありますので、悩みを解決するための参考にしてください。

記事の探し方

下記から相談用LINEに登録できます。

質問・相談

電話やメールよりも簡単に質問がしたい場合はご利用ください。

相続のご質問お待ちしています
📞06-6643-9269

受付時間8:00~20:00
司法書士の小嶋(こじま)が担当します

面談等で電話に出れない場合は、折り返し連絡いたします。

みかち司法書士事務所では有料相談を行っています。有料の理由は下記をご覧ください。

有料相談を検討する

申込フォームは24時間対応ですのでご希望の時間をご記入ください。折り返しご連絡いたします。

申込フォーム入力はこちら

>相続専門の司法書士事務所

相続専門の司法書士事務所

相続に関する悩みや疑問があれば、お気軽にお問い合わせください。
遺言書に関すること。
相続登記に関すること。
相続手続に関すること。
相続放棄に関すること。
後見に関すること。
事実婚や同性カップルの相続対策。

CTR IMG