大阪梅田で相続の悩みを解決します

06-6643-9269

事実婚

事実婚の子どもは相続できるか|無条件では財産を引き継げない

    Pocket
    LINEで送る

    事実婚の子どもは相続できるか

    婚姻届けを提出していない2人の間に生まれた子どもは、亡くなった親の財産を当然に相続できるわけではないです

    母親の財産は無条件に相続することができますが、父親の財産を相続するには認知が必要です

    父親が子供を認知していない場合は、生まれたときから一緒に暮らしていても相続人とはならないです。
    ですので、認知が済んでいるかどうかは、必ず確認してください

    目次

    1. 非嫡出子
    2. 認知の方法
      1. 任意認知
      2. 審判認知
      3. 強制認知
      4. 遺言認知
      5. 死後認知
    3. 認知をしても遺言書は必要
    4. 最後に

     

    1.非嫡出子

    婚姻関係にない2人の間に生まれた子どもを非嫡出子といいます。
    嫡出子と非嫡出子とでは、相続権に違いがあります。

    嫡出子は無条件に相続人となります。
    それに対して、非嫡出子は父親からの認知が無ければ、父親の相続人にはならないです。
    父親の認知が必要
    母親の相続に関しては、非嫡出子も無条件で相続人です
    *分娩の事実があるからです。

    生まれたときから一緒に暮らしていても、認知をされていない限り父親の相続人にはならないので、必ず確認してください。

    子どもが認知されているかどうかは、戸籍謄本を見れば確認できます。
    父親の欄が空欄の場合は、認知されていない状態です

    事実婚の相続では遺言書と同じぐらい重要ですので、一度は戸籍謄本を取得してください。

     

    2.認知の方法

    子どもを認知するにはいくつかの方法があります。

    1. 任意認知
    2. 審判認知
    3. 強制認知
    4. 遺言認知
    5. 死後認知

    2‐1.任意認知

    本籍地(父親または子ども)の役所で、父親が認知届を出すことで手続きが完了します。

    認知をする時期によっては同意が必要となります。

    • 子どもが胎児の場合は母親の同意
    • 子どもが成人している場合は子どもの同意

    子どもが生まれた際に認知届も一緒に提出しておきましょう。

    2‐2.審判認知

    父親が自発的に認知をしないときは、子ども側は裁判上で認知を請求することができます。
    ただし、訴えを請求する前に、家庭裁判所に調停の申立てをする必要があります。
    *調停前置主義が適用されます。

    調停の段階で父子が合意して、家庭裁判所が間違いないと判断すると認知の審判をします。

    2‐3.強制認知

    認知調停が不成立に終わると、裁判上での争いになります。

    親子関係が認められると、強制的に認知が認められます。

    2‐4.遺言認知

    遺言書により認知をすることもできます。

    遺言認知には遺言執行者が必要です。
    遺言書で遺言執行者が指定されていない場合は、家庭裁判所に選任申立てをする必要があります。

    2‐5.死後認知

    父親が亡くなってから3年以内なら、死後認知の訴えを請求することができます。
    *父親の死後なので、調停前置主義は適用されないです。

    認知が認められると、生まれたときに遡って子どもであったとみなされます

     

    3.認知をしても遺言書は必要

    子どもを認知していても、遺言書が必要な場合があります。
    別れた相手との間にも、子どもがいる場合です。
    認知をしても遺言書は必要
    相続人が複数いる場合で遺言書を作成していないと、相続人同士で遺産分割協議をする必要があります。
    遺産分割協議は揉めやすいので、できる限る避けるべきです。

    正しい遺言書を作成しておけば、遺産分割協議をする必要がないので、揉めるリスクを下げることができます。
    遺言書を作成していない場合は、必ず書いておいてください。

     

    4.最後に

    事実婚の場合は、配偶者だけでなく子どもにも気を付けてください。

    認知をしていないと、子どもであっても相続することができません。
    認知届を出すことで、相続人になることができます。

    事実婚の相続対策では、遺言書と認知が必須になります。
    したがって、後回しにすることなく、今すぐにでも行ってください。

    相続に関することで疑問や悩みがありましたら、お気軽にお問い合わせください。

    Pocket
    LINEで送る

    相続の悩みなら、範囲を問わず相談に乗ります

    電話またはメールでご連絡ください

    06-6643-9269

    TOP