法定相続人|誰がなるかは法律により定められている

あなたが亡くなった後に財産を受け継ぐ人は、法律により定められています。一緒に住んでいた人や仲が良い人ではないです。

相続について考える際に、誰が相続人になるのかを知ることは重要です。知っておかなければ対策を立てるのは難しいでしょう

相続対策の第一歩は、相続人が誰なのか知ることです。

目次

  1. 法定相続人
  2. 配偶者
    1. 離婚した相手
    2. 別居状態
  3. 子ども
    1. 養子も実子と同じ
    2. 認知しているかは重要
    3. 胎児は生まれているとみなす
    4. 代襲相続は続く
  4. 直系尊属
    1. 養親も実親と同じ
    2. 相続放棄に注意
  5. 兄弟姉妹
    1. 甥・姪が代襲相続人
  6. まとめ

 

1.法定相続人

亡くなった人の相続人に、誰がなるのかは民法で定められています。
配偶者血族相続人です。

血族相続人とは、子ども、直系尊属(親)、兄弟姉妹です。
法定相続順位

血族相続人には順位があり、先順位から相続します。

先順位の人がいない場合のみ、後順位の人が相続人になります。
*先順位の相続人が全員相続放棄をしている場合を含みます。

配偶者がいる場合は配偶者+先順位相続人。配偶者がいない場合は先順位相続人だけ。

 

2.配偶者

配偶者は常に相続人となります。

配偶者とは、法律上の婚姻関係にある人です。
ですので、事実婚(内縁関係)や同性パートナーは、配偶者には含みません。

2‐1.離婚した相手

離婚した元配偶者は相続人ではないです。婚姻期間の長短も無関係。

離婚が成立した次の日に亡くなっても、元配偶者なので相続人ではないです。

2‐2.別居状態

別居していても配偶者なので相続人です。別居期間の長短も無関係。

事実上、婚姻関係が破綻していても、相続人であることに変わりはないです。

 

3.子ども

子どもが、第1順位の相続人となります。
第1順位の相続人

3‐1.養子

養子も相続人となり、実子と区別はないです。

再婚相手の連れ子は相続人ではないです。
ただし、養子縁組をしている場合は相続人になります。

3‐2.認知しているかは重要

認知していない子どもは、相続人ではないです。
事実婚の相手との間に子どもがいる場合は、認知していると相続人になります。

3‐3.胎児は生まれているとみなす

相続については、胎児はすでに生まれているとみなされます。
死産となった場合は相続人とはならないです。

3‐4.代襲相続ダイシュウソウゾクは続く

子どもが亡くなっていて、子どもに子ども(孫)がいる場合は、代わりに相続人になります。
代襲相続人
孫も亡くなっていても、ひ孫がいる場合は代わりに相続人になります。

子どもの配偶者は代襲相続人ではないです。
子どもが相続放棄をした場合、代襲相続は起こらないです。

 

4.直系尊属

直系尊属が第2順位の相続人となります。

直系尊属が相続人になるケース

  • 亡くなった人に子どもがいない
  • 亡くなった人の子ども(孫)も亡くなっている
  • 先順位相続人が全員相続放棄した
    第2順位の相続人

親等が一番近い直系尊属が相続人です。

親(1親等)が健在な場合は、親が相続人です。
両親が共に亡くなっている場合は、祖父母(2親等)が相続人となります。
*曾祖父母(3親等)も同じですが、現実的には起こらないでしょう。

祖父母は、父方・母方共に直系尊属の相続人です。
平均寿命も延びているので、両親が亡くなっていても、祖父母が健在な場合はあります。

4‐1.養親

養親も相続人となり実親と区別はないです。実親も健在な場合は養親と実親が相続人となります。

4‐2.相続放棄に注意

親(1親等)が全員相続放棄をすると、祖父母(2親等)が健在であっても相続人にはなりません。

 

5.兄弟姉妹

兄弟姉妹が第3順位の相続人となります。
第3順位の相続人
異父(異母)兄弟姉妹も相続人です。
親から存在を聞いていないと、気づくのは難しいので、意外な相続人が登場することになります。

兄弟姉妹が相続人になるケースは、昔に比べると増えています。
なぜなら、生涯未婚の人が増えているのと、相続放棄をする人も増えているからです。
*先順位の相続人が全員相続放棄をすると、後順位に回ってきます。

5‐1.甥・姪が代襲相続人

兄弟姉妹が亡くなっていて、兄弟姉妹に子どもがいる場合は、代わりに相続人になります。

相続人が増えるケースは代襲相続が起っている場合です。
兄弟姉妹の子どもが多いと、5人や6人になることもあります。

兄弟姉妹の代襲相続は1回までです。
甥・姪に子どもがいても代襲相続は起こらないです。

 

6.まとめ

相続を考えるうえで、誰が相続人になるのかは非常に重要です。

相続対策の第一歩は自分の相続人を知ることです。知らなければ何もすることができません。

相続人は法律で定められています。配偶者と血族相続人です。

血族相続人には順位があるので、自分の場合は誰になるのか想定してみてください。
想定する際は、「今なら誰が相続人になるのか」「10年後なら誰が相続人になるのか」等、条件を変えてみてください。

未来を正確に予測することは無理ですが、可能性として想定しておくと対応もできます。
今日からでも可能なので、一度は考えてみてください。

>相続専門の司法書士事務所

相続専門の司法書士事務所

相続に関する悩みや疑問があれば、お気軽にお問い合わせください。
遺言書に関すること。
相続登記に関すること。
相続手続に関すること。
相続放棄に関すること。
後見に関すること。
事実婚や同性カップルの相続対策。

CTR IMG