不動産の共有持分を贈与する相手は自由に選べる

不動産の共有状態を解消する方法の1つに、共有持分の贈与があります。

持分を贈与する相手は自由に選ぶことができます。共有者以外の第3者に贈与する場合でも、共有者の同意は不要です。

ただし、不動産登記をしなければ、持分移転を共有者に対抗することができません。

今回の記事では、不動産共有持分の贈与について説明しているので、共有状態の解消を検討しているなら参考にしてください。

1.持分の贈与は相手が受諾すると効力発生

不動産の共有持分を贈与するには、相手(受贈者)の受諾が必要です。

(贈与)
第五百四十九条 贈与は、当事者の一方がある財産を無償で相手方に与える意思を表示し、相手方が受諾をすることによって、その効力を生ずる。

出典:e-Govウェブサイト(民法549条)

したがって、あなたが不動産の共有持分を贈与したいと思っても、相手が受諾しなければ効力は発生しません。

1-1.持分を贈与する相手は自由に選べる

共有持分を贈与する相手は自由に選ぶことができます。

つまり、持分を共有者に贈与することもできますし、共有者以外の第3者に贈与することもできます。

持分贈与の相手は自由

不動産の共有持分を欲しい人がいれば、自由に贈与することが可能です。

1-2.持分を贈与するのに共有者の同意は不要

あなたの共有持分を贈与するのに、共有者の同意は不要です。

たとえ共有者が反対していても、共有者以外の第3者に贈与することはできます。

ただし、持分移転を共有者に対抗するには、不動産登記をする必要があります。

あなた以外の共有者が第3者に贈与する可能性もあります。

 

2.持分を贈与したら不動産登記を忘れずに申請

不動産の共有持分を贈与したなら、不動産登記を忘れずに申請しておきましょう。

なぜなら、不動産に関する権利の移転は、不動産登記をしなければ第3者に対抗することができないからです。

(不動産に関する物権の変動の対抗要件)
第百七十七条 不動産に関する物権の得喪及び変更は、不動産登記法(平成十六年法律第百二十三号)その他の登記に関する法律の定めるところに従いその登記をしなければ、第三者に対抗することができない。

出典:e-Govウェブサイト(民法177条)

当事者間では贈与の効力は発生していますが、第3者(当事者以外)に対抗するには不動産登記が必要になります。

2-1.不動産登記をしないと共有者にも対抗できない

不動産登記をしなければ、他の共有者に対しても持分取得を対抗することができません。

不動産の共有者の一員が自己の持分を譲渡した場合における譲受人以外の他の共有者は民法一七七条にいう「第三者」に該当するから、右譲渡につき登記が存しないときには、譲受人は、右持分の取得をもつて他の共有者に対抗することができない。

出典:最高裁判所判例集(最判昭和46年6月18日)

つまり、共有持分を贈与されていても不動産登記をしていなければ、他の共有者に対して持分取得を主張することができません。

例えば、不動産の使用方法などは共有者間で話し合うのですが、登記をしていなければ参加することができません。

2-2.持分贈与の登記は相手との共同申請

持分贈与による所有権移転登記は、贈与者と受贈者の共同申請となります。

持分贈与は共同申請

持分贈与による所有権移転登記について、簡単にまとめています。

  • 登記原因:持分贈与
  • 登記権利者:持分を取得する人
  • 登記義務者:持分を贈与する人
  • 課税価格:固定資産評価額×贈与する持分
  • 登録免許税:課税価格×2%

持分贈与の登記をするのにも、登録免許税という税金が発生します。あらかじめ確認しておいてください。

以下は、相続により不動産を共有にしたが、その後に持分を第3者に贈与した場合の不動産登記簿です。
*簡略化しています。

不動産登記簿の見本
権利部(甲区)(所有権に関する事項)
順位番号登記の目的受付年月日・受付番号権利者その他の事項
所有権移転令和元年5月25日
第2345号
原因 令和元年5月20日相続
共有者 住所〇〇
持分2分の1 A
共有者 住所〇〇
持分2分の1 B
B持分全部移転令和3年7月5日
第3456号
原因 令和3年7月1日持分贈与
所有者 住所〇〇
持分2分の1 C

①相続によって不動産がAとBの共有になっています。
②Bが持分をCに贈与したことにより、持分がCに移転しています。

 

3.持分を贈与すると受贈者に贈与税が課税される

不動産の持分を贈与すると、受贈者に贈与税が課税されます。

贈与税
個人から贈与により財産を取得した場合、その取得した財産に課税される税金のこと

受贈者に贈与税が課税される

不動産の評価額によっては贈与税が高額になるので、前もって受贈者に説明をしておく必要があります。

贈与税を考慮していない場合、不動産の持分を貰っても税金が払えないかもしれません。

不動産の持分を贈与するなら、贈与税の発生について税理士に確認しておきましょう。

 

4.さいごに

不動産の共有持分を贈与する相手は、自由に選ぶことが可能です。共有者に贈与することもできますし、共有者以外の第3者に贈与することもできます。

たとえ共有者以外の第3者に贈与する場合でも、共有者の同意は不要となります。

不動産の共有持分を贈与した場合は、忘れずに不動産登記を申請しておきましょう。不動産登記をしなければ、持分移転を共有者に対抗することができません。

不動産の持分を贈与するなら、贈与税が発生するかどうかも確認しておいてください。贈与税は高額になりやすいので、持分を貰っても税金が払えないかもしれません。

不動産の共有状態を解消する方法として、持分贈与についても知っておいてください。

>相続専門の司法書士事務所

相続専門の司法書士事務所

相続に関する悩みや疑問があれば、お気軽にお問い合わせください。
遺言書に関すること。
相続登記に関すること。
相続手続に関すること。
相続放棄に関すること。
後見に関すること。
事実婚や同性カップルの相続対策。

CTR IMG