CATEGORY

相続放棄

相続放棄をしても代襲相続は起こらないが無関係ではない

亡くなった人の相続人が、相続放棄をしても代襲相続は起こりません。 ただし、相続放棄をきっかけに代襲相続が起ることはあります。 あなたが相続放棄をしても、子どもさんは代襲相続人となりません。 一方、従兄弟(従姉妹)に代襲相続が発生することはあります。 言葉だけでは分かりにくい部分もありますので、図を交えながら説明していきます。 目次 代襲相続とは 孫が代襲相続人 甥・姪が代襲相続人 相続放棄をすると […]

相続放棄と相続分の放棄は違う|勘違いすると借金の相続が確定する

亡くなった人の相続放棄と相続分の放棄は違います。名前は似ていますが、まったくの別ものです。 あなたが亡くなった人の借金を放棄するつもりで、知らずに相続分の放棄を選んでしまうと、借金を相続することが確定します。 間違えたでは済まなくなる事態を避けるためにも、2つの違いについて確認しておいてください。 目次 相続放棄とは 相続分の放棄とは 2つの放棄の違い 期間制限 手続き方法 借金の相続 他の相続人 […]

相続放棄に必要な戸籍謄本等|取得費用は依頼人ごとに違う

相続放棄に必要な戸籍謄本等は、誰が相続放棄をするかによって取得する枚数が違います。 したがって、人によって取得費用も違います。 相続放棄を検討されている人にとって、費用がいくら必要になるのかは重要です。 なぜなら、専門家に依頼すると「費用は別途必要です」と言われるからです。 最終的にいくら必要になるかは、亡くなった人にもよるので答えを提示することはできないですが、なぜ費用が違うのかはご理解いただけ […]

相続放棄の費用|依頼人には分かりにくい内訳を解析する

相続放棄を考えている人にとって、最終費用がいくらになるのかは重要だと思います。 相続放棄の費用は自分で申請しても発生する費用と、専門家に依頼すると発生する報酬に分かれます。 何に対して費用が発生しているのか、分かりにくい内訳を解析していきます。 目次 誰が放棄するかで費用が違う 書類が増える理由 書類を取得するための費用 郵送で取得する場合は追加費用発生 本拠地が分からないケース 家庭裁判所に提出 […]

相続放棄とは|亡くなった人と相続では無関係になる手段

相続財産にはマイナス財産(借金)も含むので、相続することで自分の財産が減ることにもなります。 また、相続人となることで、相続争いに巻き込まれる可能性もあります。 相続放棄をすることで、亡くなった人の相続では無関係になることができます。 近年、相続放棄をする人は増えています。 理由は人それぞれですが、無関係になりたい人が増えているのでしょう。 ただし、相続放棄にはデメリットもあるので、確認をしてから […]

相続放棄が認められない|単純承認とみなされる3つの行動

相続放棄をするつもりが借金を相続してしまった。残念ですが実際に起こっていることです。 相続放棄をしたくても、認められない場合があります。単純承認をしたとみなされると、相続放棄はすることができません。 単純承認とみなされる場合は、3つあります。 熟慮期間の経過 相続財産の処分 相続財産の隠匿 相続放棄を考えている場合は、単純承認とみなされないように注意する必要があります。 目次 熟慮期間を経過してい […]

相続放棄の期間延長|財産を調べる時間は延ばせる

相続放棄をするかどうかを決める期間は短いです。調べる財産が遠方にある場合等は、間に合わない可能性があります。相続放棄の期間延長の申立てをすることで、調べる期間を延長できる可能性があります。

相続放棄の手続き|熟慮期間が短いので迷っている暇はない

相続放棄を検討されている人に知ってほしいのは、熟慮期間が短いので迷っている暇はないことです。3ヶ月以内に手続きをするのですが、準備にも時間がかかります。あるいは、単純承認とみなされる行為をする可能性もあります。できる限り早く相続放棄を完了させてください。

>相続に関する取扱い業務

相続に関する取扱い業務

相続に関する相談
遺言書の文案作成
任意後見契約書の文案作成
相続登記
相続放棄
後見申立書作成
その他

CTR IMG