相続放棄は郵送での提出も可能なので遠方でも大丈夫

家庭裁判所が遠方にあり困っていませんか。あるいは、窓口に行く時間が無いのかもしれません。

ですが、相続放棄の申述書は郵送で提出することも認められています。

郵送で提出したからといって、相続放棄が不利になるわけではないです。

今回の記事では、相続放棄の郵送提出について説明しているので、窓口に行けなくて困っていた人は参考にしてください。

1.亡くなった人の住所地を管轄する家庭裁判所に提出

相続放棄申述書の提出先は、亡くなった人の住所地を管轄する家庭裁判所です。

第二百一条 相続の承認及び放棄に関する審判事件(別表第一の八十九の項から九十五の項までの事項についての審判事件をいう。)は、相続が開始した地を管轄する家庭裁判所の管轄に属する。

出典:e-Govウェブサイト(家事事件手続法201条)

住所地は、亡くなった人の最後の住民票上の住所となります。

家庭裁判所の管轄は『裁判所ホームページ』から確認することができます。

1-1.最後の住所が遠方であれば郵送するしかない

現実問題として、亡くなった人の最後の住所地が遠方であれば、郵送でしか提出できないと思います。

私の事務所は大阪市にありますが、相続放棄の3割から4割ぐらいは遠方の家庭裁判所に提出しています。

相続放棄の申述書を郵送で提出するのは、決して珍しくありません。

1-2.家庭裁判所は平日の昼間しか開いていない

家庭裁判所は平日の昼間しか開いていません。

提出先の家庭裁判所が近くにあっても、昼間に時間が取れない人は郵送で提出するしかありません。

ただし、相続放棄申述書の提出は家族もできるので、時間の取れる人が代わりに提出することは可能です。

代わりに家庭裁判所に提出

家族が代わりに提出する場合でも委任状は不要です。

窓口で家族の代わりに提出にきたと伝えれば、問題なく受け取ってもらえます。

 

2.書類が揃っているかの確認は必ずしよう

相続放棄の申述書を郵送で提出する場合、郵送する前に必ず書類が揃っているか確認をしましょう。

  • 相続放棄申述書(収入印紙貼付)
  • 戸籍謄本等
  • 予納郵券

【相続放棄申述書(収入印紙貼付)】

相続放棄申述書は以下をチェックしましょう。

  • 氏名は戸籍謄本と同じ漢字で書いているか
  • 印は押されているか
  • 提出先の家庭裁判所は記載しているか
  • 収入印紙(800円分)はあるか

郵送する前に再度確認しておきましょう。

【戸籍謄本等】

戸籍謄本等は相続放棄する人によって違うのですが、以下の戸籍謄本等は確実に必要です。

  • 亡くなった人の戸籍謄本または除籍謄本
  • 亡くなった人の住民票(除票)または戸籍の附票
  • 相続放棄する人の戸籍謄本

相続放棄する人が配偶者や子ども以外であれば、必要な戸籍謄本の枚数は増えます。

詳しくは下記の記事をご確認ください。

【予納郵券】

相続放棄に必要な予納郵券は、家庭裁判所ごとに違います。

管轄家庭裁判所が判明したら、裁判所のホームページまたは電話で確認しておきましょう。

切手は小さいので無くならないように、小袋に入れて申述書にクリップで留めておくといいでしょう。

予納郵券については、下記の記事で詳しく説明しています。

 

3.郵送するなら書留などで送った方が安全

相続放棄申述書の郵送方法について、特に決まりはありません。

普通郵便で送ったからといって、家庭裁判所が受け取らないということもありません。

ですが、相続放棄は3ヶ月以内という期間制限があるので、郵送物が届かないと大変なことになります。そのため書留などの証拠を残す郵送方法をお勧めします。

3-1.家庭裁判所に郵送物が届いても連絡は来ない

郵送した相続放棄申述書が家庭裁判所に届いても、特に連絡などは来ません。

したがって、普通郵便で提出すると、無事に到着しているか分からないです。宛先を間違って郵送していると、誰も気付かないまま3カ月を経過する可能性もあります。

到着連絡は来ない

どうしても確認したい場合は、家庭裁判所に電話で直接聞くしかありません。

3-2.追跡番号があると確認するときに便利

相続放棄申述書を書留やレターパックプラスなどで郵送しておくと、追跡番号があるので確認するときに便利です。

なぜかというと、郵便局の『郵便追跡サービス』から到着を確認できるので、家庭裁判所に電話で確認する際も何月何日に到着していると伝えれるからです。

以下は郵送方法による料金の違いです。

郵送方法による料金の違い
郵送方法料金特徴
普通郵便約140円料金が安い
簡易書留+320円追跡番号
レターパックプラス520円追跡番号
受取サイン

普通郵便の料金は重さによって違います。戸籍謄本の枚数によって料金に差がでます。

簡易書留は普通郵便の料金に320円を足した金額です。

レターパックプラスは520円で重さ4キロまで大丈夫です。

ちなみに、みかち司法書士事務所で依頼を受けた際は、レターパックプラスで家庭裁判所に提出しています。

最初は簡易書留を利用していたのですが、数十円足すだけで受取サインまで貰えるので変更しました。

 

4.さいごに

相続放棄の申述書は郵送で提出することも認められています。

なぜなら、亡くなった人の最後の住所地が管轄となるので、郵送でなければ提出できない人もいるからです。

家庭裁判所に郵送で提出する場合は、提出する前に必ず申述書の確認をしてください。

  • 氏名は戸籍謄本と同じ漢字で記載しているか
  • 印は押してあるか
  • 収入印紙(800円分)は貼られているか

上記は忘れやすいので気を付けてください。

郵送する際は普通郵便ではなく、簡易書留やレターパックプラスで郵送した方が安全です。万が一の事態が起こると3カ月の期間を経過する可能性があるからです。

家庭裁判所に郵送で提出する場合は、期間に余裕を持って行動しましょう。

みかち司法書士事務所では、相続放棄の早割サービスを行っています。相続人になったことを知った日から1ヶ月以内(配偶者・子どもは2ヶ月以内)なら、追加費用無しの定額料金としております。

相続放棄を検討されている場合は、下記のボタンより料金と流れについてご確認ください。

相続放棄の料金を確認する

相続放棄について電話や面談の際に、よく聞かれる質問をまとめています。

相続放棄に関する質問を確認する

相続放棄に関する記事も30以上ありますので、興味がある記事があれば参考にしてください。

相続放棄記事まとめ

相続放棄の質問は電話でお答えします
📞06-6643-9269

業務時間8:00~20:00
司法書士の小嶋(こじま)が担当します
>相続専門の司法書士事務所

相続専門の司法書士事務所

相続に関する悩みや疑問があれば、お気軽にお問い合わせください。
遺言書に関すること。
相続登記に関すること。
相続手続に関すること。
相続放棄に関すること。
後見に関すること。
事実婚や同性カップルの相続対策。

CTR IMG