任意後見契約の登記|登記事項証明書で代理権を証明する

任意後見契約を結ぶと、法務局の後見登記簿に記録されているのはご存知でしょうか。最初の登記は公証人がするので、意外とご存知ない人も多いです。

ですが、任意後見契約の効力が発生した後は、登記事項証明書で代理権を証明するので、任意後見人は知っておく必要があります。

今回の記事では、後見登記簿の記載事項や登記事項証明書の取得方法について説明しているので、まだご存知なかった場合は参考にしてください。

1.昔は登記ではなく戸籍に記録されていた

まず初めに、成年後見制度が始まる前は、「禁治産」「準禁治産」の制度がありました。当時は登記ではなく本人の戸籍に記録されていました。

禁治産・準禁治産制度が廃止され、戸籍への記載に代わる公示制度として成年後見登記制度が創設されました。ですので、今は後見が開始しても戸籍に記載されることはないです。

東京法務局後見登録課で管理されており、任意後見契約の内容等を登記官が発行する登記事項証明書により開示します。

2.登記事項は時期により変わる

任意後見契約の登記事項は、後見登記等に関する法律により定められています。

(任意後見契約の登記)
第五条 任意後見契約の登記は、嘱託又は申請により、後見登記等ファイルに、次に掲げる事項を記録することによって行う。
一 任意後見契約に係る公正証書を作成した公証人の氏名及び所属並びにその証書の番号及び作成の年月日
二 任意後見契約の委任者(以下「任意後見契約の本人」という。)の氏名、出生の年月日、住所及び本籍(外国人にあっては、国籍)
三 任意後見受任者又は任意後見人の氏名又は名称及び住所
四 任意後見受任者又は任意後見人の代理権の範囲
五 数人の任意後見人が共同して代理権を行使すべきことを定めたときは、その定め
六 任意後見監督人が選任されたときは、その氏名又は名称及び住所並びにその選任の審判の確定の年月日

出典:e-Govウェブサイト(後見登記等に関する法律5条)

登記事項証明書の記載事項は、任意後見監督人の選任前(効力発生前)と選任後(効力発生後)で変わります。

2-1.任意後見監督人の選任前(効力発生前)

任意後見契約を締結してから、任意後見監督人が選任されるまでの記載事項です。

  • 公証人の氏名・所属・証書番号・作成年月日
  • 本人の氏名・生年月日・住所・本籍
  • 任意後見受任者の氏名・住所・代理権の範囲
  • 代理権目録

契約の効力発生前なので、任意後見人ではなく任意後見受任者になっています

2-2.任意後見監督人の選任後(効力発生後)

任意後見監督人が選任されて、任意後見契約の効力が発生した後の記載事項です。

  • 公証人の氏名・所属・証書番号・作成年月日
  • 本人の氏名・生年月日・住所・本籍
  • 任意後見人の氏名・住所・代理権の範囲
  • 任意後見監督人の氏名・住所
  • 代理権目録

任意後見受任者から任意後見人に代わっているのと、任意後見監督人も記載されています。

任意後見監督人が記載されていることからも、任意後見の効力が発生していることが分かります。

3.登記事項証明書の取得方法は2つ

後見登記の登記事項証明書は取得者が限定されています。本人のプライバシー保護と取引の安全保護を図るためです。

以下の人が取得できます。

  • 本人
  • 任意後見人
  • 任意後見監督人
  • 本人の4親等以内の親族

間違いやすいのですが、取引の相手側は取得することができません。

取得するのに収入印紙が550円必要です。
*郵便局で購入できます。

申請方法は、窓口申請と郵送申請の2つです。

3-1.窓口でも取得できるが法務局は限られる

法務局の窓口でも取得できますが、取得できる法務局は限られます。

東京法務局の後見登録課および全国の法務局・地方法務局の本局の戸籍課で取得できます。
支局・出張所では取り扱っていません。

窓口での所要時間は10分から20分程度。

3-2.郵送対応は東京法務局後見登録課のみ

お近くに窓口対応している法務局が無い場合や、平日の昼間に時間が取れない場合は、郵送で登記事項証明書を取得します。

郵送対応しているのは、東京法務局後見登録課の一ヵ所のみとなります。

郵送の場合は、返送用封筒(切手を貼り・返送先を書く)の同封も必要です。

所要期間は申請書送付から1週間から10日程度。

4.登記事項証明書が必要となる場面

登記事項証明書が必要となる場面は2つに分かれます。

  • 任意後見監督人の選任申立て
  • 任意後見人として契約を結ぶ

4-1.任意後見監督人の選任申立てに必要

任意後見監督人の選任申立てをする際の、添付書面として登記事項証明書が必要となります。

選任申立てをするには任意後見契約を結んでいることが前提条件なので、登記事項証明書を確認書類として提出します。

4-2.任意後見人として契約を結ぶ際に必要

登記事項証明書は任意後見人が本人に代わって、不動産の売買や介護施設等との契約を締結する際に必要となります。

なぜなら、相手側は本人の後見が開始していることを確認できないので、登記事項証明書を見て後見人の権限を確認するからです。
*取引の相手側は登記事項証明書を取得することができません。

登記事項証明書で代理権を証明

契約等を締結する前に登記事項証明書を用意しておきましょう。

関連記事

任意後見人が本人の居住用不動産を売却するのに、家庭裁判所の許可は不要です。なぜなら、任意後見契約において、自らの意思で不動産の処分権限を与えているからです。ただし、代理権目録に記載されているかの確認や、任意後見監督人への相談[…]

任意後見人が不動産売却

5.まとめ

任意後見契約の登記についてのまとめです。

  • 後見契約を締結すると登記される
  • 契約の効力発生で登記事項に変更有り
  • 後見人が本人に代わって契約等を交わす際に必要

今までの生活では関わることが無かった後見登記ですが、効力発生後は権限を証明するために必要となりますので、取得方法等を覚えておいてください。

任意後見契約等に関して疑問等がありましたら、お気軽にご相談ください。

任意後見契約は元気な間しか結べないので、後見に希望があれば早めにご利用ください。

任意後見契約をご検討されている場合は、下記ボタンより料金と流れについて確認できます。

任意後見について電話や面談の際に、よく聞かれる質問をまとめています。

任意後見に関する質問を確認する

任意後見に関する記事も10以上ありますので、興味がある記事があれば参考にしてください。

任意後見記事まとめ

任意後見の質問は電話でお答えします
📞06-6643-9269

業務時間8:00~20:00
司法書士の小嶋(こじま)が担当します
>相続専門の司法書士事務所

相続専門の司法書士事務所

相続に関する悩みや疑問があれば、お気軽にお問い合わせください。
遺言書に関すること。
相続登記に関すること。
相続手続に関すること。
相続放棄に関すること。
後見に関すること。
事実婚や同性カップルの相続対策。

CTR IMG