限定承認をわかりやすく簡単に説明

限定承認は相続方法の1つなのですが、世間一般の認知度は相続放棄より低いです。限定承認の内容が分かりにくいのも原因かもしれません。

今回の記事では、限定承認の基本をわかりやすく説明していきます。もちろん、限定承認を実際に選ぶ場合は、詳しい説明をしっかりと読んでおいてください。

1.限定承認とは相続方法の1つ

人が亡くなると相続が発生します。限定承認とは3つある相続方法の1つです。

  • 単純承認
  • 相続放棄
  • 限定承認

残りの2つも少しだけ説明しておきます。

単純承認が一般的に言われる相続のことです。亡くなった人の財産をすべて相続します。

相続放棄は相続する権利を放棄することです。亡くなった人の財産をすべて放棄します。

単純承認と相続放棄については、全部相続するか全部放棄するかなので分かりやすいです。

それに対して、限定承認はプラスの財産を限度として、マイナスの財産を負担する相続方法です。

 

2.借金の負担額に限度がある

限定承認の最大の特徴は、亡くなった人のプラスの財産を限度として、マイナスの財産を負担するということです。

プラスの財産
現金・預貯金や不動産等
マイナスの財産
借金や未払金等

借金の負担額に限度がある

例えば、亡くなった人の借金が1,000万円だったとしても、限定承認をした相続人はプラスの財産を限度して負担します。

亡くなった人の借金が1,000万円
プラスの財産借金の負担額
100万円100万円
500万円500万円
900万円900万円

借金の方が多ければ相続放棄と思うかもしれませんが、亡くなった人の借金が後から見つかる可能性もあります。

最終的にプラスとマイナスのどちらが多いか分からないときは、限定承認を選ぶ方が得になることもあります。

 

3.支払いをして残れば貰える

限定承認をした相続人は、プラスの財産で借金等を支払います。支払いをした結果、プラスの財産が残れば貰えます。

マイナスの財産が多い場合とは結論が逆になります。プラスの財産が多い場合は、そのまま相続することができます。

プラスの財産が多ければ貰える

借金の方が多いかもしれないので限定承認をしたが、結果としてプラスの財産の方が多いこともあります。プラスの財産が多ければすべて相続することができます。

限定承認をしてからプラスの財産が見つかる可能性もあるので、亡くなった人の財産構成によっては限定承認を検討しましょう。

 

4.相続人全員で行う必要がある

限定承認は亡くなった人の相続人全員で行う必要があります。

1人でも限定承認に反対する相続人がいれば、単純承認か相続放棄のどちらかを選ぶことになります。

限定承認は全員の同意が必要

限定承認を選ぶには、相続人全員の意見を一致させる必要があります。

誰が相続人になるかは『法定相続人|誰がなるかは法律により定められている』でご確認ください。

 

5.さいごに

限定承認とは3つある相続方法の1つです。残り2つが単純承認と相続放棄となります。

限定承認は亡くなった人のプラスの財産を限度として、マイナスの財産を負担する相続方法です。

限定承認をするには3ヶ月以内に、相続人全員で家庭裁判所の手続きをする必要があります。

今回の記事は分かりやすさを優先していますので、詳しい説明に関しては個別の記事でご確認ください。

>相続専門の司法書士事務所

相続専門の司法書士事務所

相続に関する悩みや疑問があれば、お気軽にお問い合わせください。
遺言書に関すること。
相続登記に関すること。
相続手続に関すること。
相続放棄に関すること。
後見に関すること。
事実婚や同性カップルの相続対策。

CTR IMG