事実婚の相続FAQ

事実婚の相続疑問

事実婚の相続について電話や面談の際に、よく出る質問をまとめています。

あなたの疑問を解消する手助けになれば幸いです。

 

A.事実婚の配偶者は相続人になれますか?
Q.現時点での法律では相続人になれません。
A.2人の間の子どもは相続人になれますか?
Q.母親の相続人には無条件でなれます。
父親については、認知をしていることが条件となります。
A.事実婚はどうやって証明するのですか?
Q.事実婚を法的に証明することはできません。
ですので、事実を積み重ねて証明することになります。
A.遺言書はいつ書けばいいですか?
Q.あなたが亡くなって配偶者が困るのであれば、今すぐ書きましょう。
A.事実婚であれば、特別縁故者になれますか?
Q.亡くなった人に相続人が存在せず、かつ、家庭裁判所に認められる必要があります。

 

あなたの疑問を解消する質問が見つからなければ、お気軽にお問い合わせください。

事実婚の相続の質問お待ちしています
📞06-6643-9269

業務時間8:00~20:00
司法書士の小嶋(こじま)が担当します
>相続専門の司法書士事務所

相続専門の司法書士事務所

相続に関する悩みや疑問があれば、お気軽にお問い合わせください。
遺言書に関すること。
相続登記に関すること。
相続手続に関すること。
相続放棄に関すること。
後見に関すること。
事実婚や同性カップルの相続対策。

CTR IMG