独身の兄弟が死亡すると相続はどうなるのか?

あなたの兄弟が独身のまま亡くなると、相続がどうなるのかはご存知でしょうか。

誰が相続するかは法律で決まっているので、相続順位を確認しておいてください。相続財産には借金等も含まれるので、相続するかどうかの判断も必要になります。

あなたに独身の兄弟がいる場合は、相続の参考にしてください。

1.相続人は法律で決まっている

亡くなった人の相続人が誰になるかは、法律により定められています。

法律により定められているので法定相続人という言い方をします。

下記の図をご覧ください。

独身の相続人

独身なので配偶者はいない前提です。第1順位から優先的に相続人となります。

  • 第1順位は子ども
  • 第2順位は親(直系尊属)
  • 第3順位は兄弟姉妹

例えば、あなたの兄弟に子どもがいれば相続人となります。

1-1.独身でも子どもは存在する

独身であっても子どもは存在します。

  • 認知をしている
  • 養子縁組を結んでいる

認知や養子縁組は当事者間の行為なので、兄弟に子どもがいても知らない可能性はあります。

相続手続をする際にはすべての戸籍を取得するので、子どもがいれば気付くはずです。

1-2.兄弟姉妹が相続人になることは多い

あなたの兄弟に子どもがいなければ、親(直系尊属)が相続人になります。

ただし、年齢的に親は亡くなっている可能性が高いので、第3順位である兄弟姉妹が相続人になることが多いです。

 

2.遺言書があれば優先される

亡くなった人の相続人は法律で決まっているのですが、遺言書が残されていれば遺言書の内容が優先されます。

遺言書の内容は法定相続人より優先される

亡くなった兄弟の法定相続人があなたであっても、遺言書が残されていれば指定された人が財産を取得します。

2-1.兄弟姉妹には遺留分がない

法定相続人には遺留分という権利があります。

簡単に言えば、相続人に保障された最低限の相続分です。亡くなった人の財産から遺留分を請求できます。

遺留分とは相続人に保障された最低限の相続分

ただし、兄弟姉妹には遺留分がありません。あなたの兄弟が遺言書で第3者に全財産遺贈しても、遺留分を請求することはできません。

2-2.遺言書を確認する

兄弟が亡くなる前に遺言書の存在を話していた場合は別ですが、まずは遺言書があるのかを確認する必要があります。

自宅を探してみるや、公証役場・法務局で調べたりしてみましょう。受贈者(遺言書で指定された人)から、遺言書の存在を知らされることもあります。

遺言書の探し方については『遺言書を探して見つける|公証役場や法務局も調べてみよう』も参考にしてください。

 

3.相続の判断は3ヶ月以内

亡くなった兄弟の財産には、マイナスの財産(借金等)も含まれます。借金等を相続した場合は、当然ですが返済しなければいけません。

借金等を相続しないのであれば、兄弟が亡くなったことを知った日から3ヶ月以内に、相続放棄の手続きをする必要があります。

兄弟と生前から連絡を取り合っていた場合は、借金等の存在を聞いているかもしれません。けれども、疎遠になっている兄弟も少なくないので、財産の内容については注意する必要があります。

兄弟の相続を放棄する人は増えているので、相続放棄についても確認しておいてください。

関連記事

昔に比べると、亡くなった人の兄弟姉妹が相続放棄する機会は確実に増えています。主な理由としては2つ考えられます。 独身の人が増えている 相続放棄の件数が増えている亡くなった人に子どもがいても、全員が相続放棄をす[…]

兄弟姉妹の相続放棄

 

4.さいごに

あなたの兄弟が独身のまま亡くなると、相続人が兄弟姉妹になることが多いです。

ただし、遺言書を残していた場合は、指定された人が財産を取得します。兄弟姉妹には遺留分がないので、遺言書の内容は重要となります。

相続財産には借金等も含まれます。相続するかどうかを3ヶ月以内に判断しましょう。

独身の人も亡くなると相続が発生します。あなたの財産を誰に残すかは決まっていますか。

みかち司法書士事務所は相続を専門にしております。相続について悩みや疑問があれば、お気軽にお問い合わせください。

相続のご質問お待ちしています
📞06-6643-9269

業務時間8:00~20:00
司法書士の小嶋(こじま)が担当します

みかち司法書士事務所では有料相談を行っています。有料の理由は下記のボタンよりご確認ください。
有料相談を検討する

申込フォームは24時間対応ですのでご希望の時間をご記入ください。業務時間外であっても、できる限りご希望の時間にお電話をいたします。
申込フォーム入力はこちら

>相続専門の司法書士事務所

相続専門の司法書士事務所

相続に関する悩みや疑問があれば、お気軽にお問い合わせください。
遺言書に関すること。
相続登記に関すること。
相続手続に関すること。
相続放棄に関すること。
後見に関すること。
事実婚や同性カップルの相続対策。

CTR IMG