大阪梅田で相続の悩みを解決します

06-6643-9269

遺留分

遺留分の割合|9つの組み合わせで計算

    Pocket
    LINEで送る

    遺留分の割合

    遺留分の割合を把握しておくことは、相続対策において重要となります。

    遺留分は誰が相続人になるのかで全体割合が変わるのと、複数人存在する場合は法定相続分で案分します。

    9つの組み合わせで割合計算をしていますので、相続対策する際の参考にしてみてください。

    目次

    1. 財産全体に対する割合
      1. 相続人が直系尊属だけ
      2. その他の場合
    2. 配偶者だけ
    3. 配偶者と子ども
      1. 配偶者と子ども1人
      2. 配偶者と子ども2人
    4. 子どもだけ
      1. 子どもが2人
      2. 子どもの1人に代襲相続が発生
    5. 配偶者と直系尊属
      1. 配偶者と両親
      2. 配偶者と父親(母親)
    6. 直系尊属だけ
      1. 直系尊属が1人
      2. 直系尊属が2人
    7. さいごに

     

    1.財産全体に対する割合

    財産全体に対する遺留分の割合は、誰が相続人かによって2通りあります。

    • 直系尊属だけの場合
    • その他の場合

    1-1.相続人が直系尊属だけ

    直系尊属とは一般的に両親が該当します。
    ただし、両親が亡くなっていても、祖父母が健在なら祖父母が該当します。

    相続人が直系尊属だけの場合は、遺留分の割合は財産全体の3分の1です。
    相続人が直系尊属だけの場合のみなので、計算する前にご確認ください。

    1-2.その他の場合

    その他の相続人の場合は、遺留分の割合は財産全体の2分の1です。
    相続人が複数存在する場合は、2分の1を法定相続分で案分します。

    具体的な割合は各項目でご確認ください。

     

    2.配偶者のみ

    相続人が「配偶者のみ」と「配偶者と兄弟姉妹」の場合が該当します。
    なぜなら、兄弟姉妹は相続人ですが、遺留分権利者ではないからです。
    配偶者の遺留分
    遺留分の割合は2分の1です。

    あなたが配偶者で子どもがいなくて両親も亡くなっている場合は、基本的に遺留分は2分の1あると思ってください。
    例外は、祖父母が健在な場合等ですが、可能性としては低いです。

     

    3.配偶者と子ども

    相続人が配偶者と子どもの場合。

    遺留分は全体の2分の1です。
    2分の1を法定相続分で案分します。

    3-1.配偶者と子ども1人

    配偶者と子ども1人が相続人。
    配偶者と子ども1人の遺留分
    配偶者2分の1×法定相続分2分の1=4分の1
    長男2分の1×法定相続分2分の1=4分の1

    個別の遺留分はそれぞれ4分の1です。

    3-2.配偶者と子ども2人

    配偶者と子ども2人が相続人。
    配偶者と子ども2人の遺留分
    配偶者2分の1×法定相続分2分の1=4分の1
    長男2分の1×法定相続分4分の1=8分の1
    次男2分の1×法定相続分4分の1=8分の1

    個別の遺留分は配偶者が4分の1、子どもがそれぞれ8分の1になります。

     

    4.子どもだけ

    相続人が子どもだけの場合。
    遺留分は全体の2分の1です。

    4-1.子どもが2人

    子ども2人が相続人。
    子ども2人の遺留分
    子ども2分の1×法定相続分2分の1=4分の1
    子ども2分の1×法定相続分2分の1=4分の1

    個別の遺留分は、子どもがそれぞれ4分の1になります。

    4-2.子どもの1人に代襲相続が発生

    上記のケースで1人がすでに亡くなっていて、代襲相続(孫2人)が起きている場合。
    子どもと孫が相続人
    子供と孫の遺留分

    個別の遺留分は子どもが4分の1、孫がそれぞれ8分の1になります。

     

    5.配偶者と直系尊属

    相続人が配偶者と直系尊属の場合。
    遺留分は全体の2分の1です。

    注意点は法定相続分の割合が違うので、案分する際に間違えないように気を付けましょう。

    5-1.配偶者と両親

    配偶者と両親が相続人。
    配偶者と両親の遺留分
    配偶者2分の1×法定相続分3分の2=3分の1
    父親2分の1×法定相続分6分の1=12分の1
    母親2分の1×法定相続分6分の1=12分の1

    個別の遺留分は配偶者が3分の1、両親がそれぞれ12分の1になります。

    5-2.配偶者と父親(母親)

    配偶者と直系尊属1人が相続人。
    配偶者と父親の遺留分
    配偶者2分の1×法定相続分3分の2=3分の1
    父親(母親)2分の1×法定相続分3分の1=6分の1

    個別の遺留分は配偶者が3分の1、父親が6分の1になります。

     

    6.直系尊属だけ

    遺留分は全体の3分の1です。

    6-1.直系尊属が1人

    父親と母親のどちらかが相続人。
    直系尊属の遺留分
    直系尊属が1人だけ相続人の場合は、遺留分は3分の1です。

    6-2.直系尊属が2人

    両親が相続人。
    両親の遺留分

    父親3分の1×法定相続分2分の1=6分の1
    母親3分の1×法定相続分2分の1=6分の1

    個別の遺留分は、父母それぞれ6分の1です。

     

    7.さいごに

    遺留分の個別割合について円グラフで説明しました。
    あなたの相続に該当するケースがありましたら、参考にしてみてください。

    遺留分は残す側と残される側、どちらにとっても重要な要素です。
    相続対策を検討している場合には、必ず計算することになります。

    相続対策について疑問や悩みがありましたら、お気軽にお問い合わせください。

    Pocket
    LINEで送る

    関連記事

    相続の悩みなら、範囲を問わず相談に乗ります

    電話またはメールでご連絡ください

    06-6643-9269

    TOP