大阪梅田で相続の悩みを解決します

06-6643-9269

同性婚

同性婚と成年後見制度|絶対に知っておく必要がある

    同性婚と成年後見制度、パートナーは絶対に知っておく必要がある

    同性パートナーが認知症等になった場合、どのような手続きが必要になるかはご存知でしょうか。

    知らなかった人は、絶対に知っておく必要があります。
    なぜなら、知らないことにより、2人の生活スタイルを維持することが難しくなるからです。

    認知症等により判断能力が低下した人を、保護し支援するために成年後見制度があります。

    成年後見制度は2つに分けることができます。
    法定後見制度任意後見制度です。

    同性カップルにとって、法定後見制度はお勧めできないです。
    選ぶなら任意後見制度です。

    知らなかったで法定後見を選んでしまうと、想定外の事態も起こります。
    法定後見とは何なのか、まだ知らない同性カップルは必ず読んでください。

    目次

    1. 成年後見制度
    2. 法定後見人
      1. 申立て手続き
      2. 後見人の選任
      3. 後見人の職務
    3. まとめ

     

    1.成年後見制度

    成年後見制度とは、認知症等により判断能力が低下した人を、保護し支援する制度です。

    同性パートナーが認知症等により判断能力が低下すると、日常生活において支障をきたす場面に遭遇します。

    たとえば、銀行等の窓口で認知症を疑われると、口座を凍結される場合があります。
    成年後見人を選任しなければ、同性パートナー自身もお金を引き出すことはできません。
    *一定の条件を満たせば、家族に関しては銀行が対応してくれ場合もあります。

    あるいは、不動産を所有している場合に、売却がしたくても認知症を疑われると取引はストップします。
    成年後見人を選任しなければ、自分の持ち家を処分することもできません。

    成年後見制度には、法定後見制度と任意後見制度の2つがあります。
    法定後見はさらに3つに類型されます。

    成年後見制度 法定後見制度 後見
    保佐
    補助
    任意後見制度

    3類型については『法定後見の3類型』で、細かい違いについて書いております。

    法定後見制度により選任される後見人を法定後見人、任意後見制度により選任した後見人を任意後見人と呼びます。

    任意後見については、下記の記事で詳しく説明します。
    同性婚と任意後見契約)はこちらです。

     

    2.法定後見人

    法定後見人は同性カップルには、お勧めできません。
    主な理由は3つです。

    1. 申立て手続き
    2. 後見人の選任
    3. 後見人の職務

    2‐1.申立て手続き

    法定後見人が必要な場合は、家庭裁判所に申し立てが必要です。
    しかしながら、同性パートナーは申し立て手続きができません。

    申し立てができる人は決められています。

    • 本人
    • 配偶者
    • 4親等以内の親族等(親や兄弟姉妹)
    • 市区町村長・検察官

    同性パートナーは申立て手続きを、親族にお願いすることになります。
    カミングアウトの有無や同性愛に対する理解によっては、申立て手続きもスムーズに進みません。

    2‐2.後見人の選任

    申し立てが無事に済んでも、誰を後見人に選任するかは家庭裁判所が判断します。

    あなたを候補者として提出することは可能ですが、同性パートナーが選ばれる保障はないです。
    家族に候補者として書いてもらうことが前提条件です。

    あなたが後見人の候補者となることに、家族全員の同意を家庭裁判所に提出する必要があります。
    同意を取ることが難しい場合は、揉めていると判断されるので専門家が選ばれる可能性が高いです。

    「自分が後見人に選ばれなかった」等を理由に、申し立てを取り下げることはできません。
    *申立人の意図する人とは別の人が選任されそうになったので、申立てを取り下げようとした例が過去にあったそうです。

    1度後見人が選任されると、原則として亡くなるまで後見は続きます。

    2‐3.後見人の職務

    法定後見人の職務は、本人の財産管理身上監護をすることです。
    したがって、親族であっても、財産に手を出すことは難しくなります。

    親族であっても難しいので、法律上の婚姻関係を結べない同性パートナーはもっと難しいです。
    2人の生活スタイルを、続けることは事実上困難です。

     

    3.まとめ

    認知症等になる可能性は誰にでもあるので、同性カップルも例外ではないです。
    同性パートナーが認知症等になってから、法定後見制度を頼ると想定外の事態を招きます。

    法定後見人の候補者になることさえ難しいので、法定後見は同性カップルとっては厳しい制度です。
    ですので、元気なうちに任意後見契約を結んで、後見人をあなたが選んでください。

    任意後見に関する相談を無料で開催しておりますので、疑問や悩みがあればお気軽にご相談ください。

    関連記事

    相続の悩みなら、範囲を問わず相談に乗ります

    電話またはメールでご連絡ください

    06-6643-9269

    TOP