大阪梅田で相続の悩みを解決します

06-6643-9269

相続用語集(や行)

相続用語集(や行)

玄孫(やしゃご・げんそん)

孫の孫。
相続が複雑だと出会うかも知れません。

 

 

遺言(ゆいごん)

一般的には自分の死後に言い残す言葉。

紙でも口頭でも録音でもなんでもいいです。
ただし、遺言書とは違うので注意が必要です。

 

遺言執行者(ゆいごんしっこうしゃ)

遺言の内容を執行する人です。

遺言書で指定される場合と、家庭裁判所が選任する場合があります。

第三者に遺贈している、認知、相続人の廃除、生命保険金の受取人の変更等をしている場合は、遺言書で指定しておきましょう。

 

遺言書(ゆいごんしょ・いごんしょ)

遺産の分割方法等を記載した、法的拘束力を持つ書面。
法律のルールに従って書かなければならない。

一般的には「ゆいごんしょ」法律家は「いごんしょ」。

遺言書についての少し詳しい説明

 

遺言信託(ゆいごんしんたく)

信託銀行の商品名の一つです。
遺言書の作成をサポートし、信託銀行が遺言執行者になってくれるサービスのこと。

遺言による信託とは違うので注意が必要です。

 

遺言代用信託(ゆいごんだいようしんたく)

遺言の代わりに信託を使って財産を承継する方法のこと。

 

遺言による信託(ゆいごんによるしんたく)

遺言書の中で信託の設定を行うこと。
設定者が亡くなることにより、信託がスタートする。

信託銀行の遺言信託とは違います。

 

有料老人ホーム(ゆうりょうろうじんほーむ)

高齢者が暮らしやすいように配慮され、食事や介護等のサービスが付いた民間施設。

 

 

要介護者(ようかいごしゃ)

  1. 要介護状態にある65歳以上の人
  2. 要介護状態にある40歳以上65歳未満の人で、要介護の原因が特定疾患である

 

養護老人ホーム(ようごろうじんほうむ)

経済的理由などで自宅で暮らせない、介護を必要としない65歳以上の高齢者を対象にしています。

 

相続の悩みなら、範囲を問わず相談に乗ります

電話またはメールでご連絡ください

06-6643-9269

TOP