遺留分放棄の撤回は原則として認められない|事情の変化が必要になる

遺留分放棄をしたが撤回したくなる人もいます。ただし、気が変わったからといって、撤回することは認められません。

例外的に認められるのは、遺留分放棄の原因となった事情に変化があった場合です。

遺留分の放棄を撤回を検討されている人は、今回の記事を参考にしてください。

1.遺留分放棄の撤回は難しい

まず初めに知っておいてほしいのは、一度認められた遺留分放棄を撤回するのは難しいということです。

原則として、遺留分放棄の取消し・撤回は認められていません。

ただし、遺留分放棄の原因となった事情が変更したことを理由に、家庭裁判所に撤回を申し立てることはできます。

1-1.家庭裁判所の許可が必要

生前の遺留分放棄は、家庭裁判所の許可を得ることで認められています。

ですので、一度認められた遺留分放棄を撤回するのも、家庭裁判所の許可を得る必要があります。当事者同士の話し合いでは撤回の効力は発生しません。

1-2.相続開始後の撤回は混乱を招く

相続開始後に遺留分放棄の撤回をするのは難しいと言われています。

相続が開始すると権利関係も確定するので、撤回を認めてしまうと権利関係に混乱が生じてしまうからです。

 

2.原因となった事情に変化は生じているか

そもそも生前の遺留分放棄は何らかの事情により、家庭裁判所に申立てがされているはずです。撤回が認められるには遺留分放棄の原因となった事情に、変化が生じている必要があります。

2-1.変化が生じていなければ認められない

当たり前ですが、気が変わったから撤回したいでは認められないです。申立てをしても事情の変化がないことを理由に却下されます。

2-2.家庭裁判所が判断する

たとえ事情に変化があったとしても、判断するのは家庭裁判所となります。

過去の撤回事例と共通する部分が多くても、個々のケースごとに判断するので認められない可能性はあります。

 

3.過去に認められた事情の変化

過去に遺留分放棄の撤回が認められたケースでは、どのような事情の変化があったのでしょうか。

参考になりそうな変化は2つあります。

  • 家業を継ぐ予定だったが継がなかった
  • 条件となる贈与がされなかった

3-1.家業を継ぐ予定だったが継がなくなった

親の家業を継ぐ予定の子どもがいると、その他の子どもに遺留分放棄をさせることがあります。

なぜかというと、相続開始後に遺留分侵害額請求をされると、家業に影響が出てしまうからです。

家業を継ぐことが前提になっているので、予定が変わり継がなくなれば事情の変化があったと言えます。

3-2.条件となる贈与がされなかった

生前に遺留分相当額の金銭を受け取ることで遺留分放棄をすることもあります。

ただし、金銭が分割払いになっている等の理由で、遺留分放棄前に全額を受け取っていない人もいます。

遺留分放棄後の金銭的事情の変化により支払いがなければ、遺留分放棄の前提となる原因に変化があったと言えます。

 

4.さいごに

家庭裁判所に遺留分放棄が認められると、後から撤回するのは非常に難しいです。原因となった事情に変化がなければ認められることはありません。

事情の変化があった場合でも当事者同士の話し合いでは撤回できません。家庭裁判所に遺留分放棄の撤回申立てをして許可を得る必要があります。

遺留分放棄後に原因となる事情の変化があった場合は、家庭裁判所に申立てをしてみましょう。

>相続専門の司法書士事務所

相続専門の司法書士事務所

相続に関する悩みや疑問があれば、お気軽にお問い合わせください。
遺言書に関すること。
相続登記に関すること。
相続手続に関すること。
相続放棄に関すること。
後見に関すること。
事実婚や同性カップルの相続対策。

CTR IMG