相続財産管理人の選任申立書作成依頼

相続財産管理人申立書作成

以下のようなケースでは、相続財産管理人が必要になります。

  • 特別縁故者の財産分与
  • 相続放棄をしたが管理義務を引き継ぎたい
  • 共有者の共有持分を取得
  • 相続債権の回収

相続財産管理人の選任申立てを検討しているなら、以下の説明をご確認ください。

選任申立てに必要な金額

相続財産管理人の選任申立てに必要な金額は、報酬と費用の2つに分かれます。

相続財産管理人選任申立書作成

【報酬部分】

報酬は5万5,000円(消費税込み)となります。

【費用部分】

  • 収入印紙(800円)
  • 予納切手(約2,000円)
    *家庭裁判所により違います。
  • 亡くなった人の出生から死亡までの全ての戸籍謄本等
  • 亡くなった人の住民票(約300円)
    *自治体により違います。
  • 亡くなった人の両親の戸籍謄本等
  • その他の戸籍謄本等
  • 官報公告料(4,230円)
    *家庭裁判所の指示があってから。
  • 予納金

予納金は亡くなった人の財産額により変わります。相続財産管理人の報酬等に充てられます。

予納金の額は申立てをした後に家庭裁判所が決めます。
お電話お待ちしております
📞06-6643-9269

業務時間8:00~20:00
司法書士の小嶋(こじま)が担当します

申込フォームは24時間対応ですのでご希望の時間をご記入ください。折り返しご連絡いたします。
申込フォームに入力する

相続財産管理人選任までの流れ

相続財産管理人の選任までの流れ

①報酬分は5万5,000円となります。

②戸籍謄本等の収集費用は集めなければ分かりません。
*亡くなった人の家族構成によって違います。

収集費用には以下が含まれます。

  • 戸籍謄本等の発行手数料
  • 郵送で取得する際の郵送料
  • 定額小為替の発行手数料
    *郵送で取得する際に必要です。

④予納金は申立てをした後に、家庭裁判所から連絡があります。
*亡くなった人の財産構成により違います。

まずはご相談ください

相続財産管理人の申立てを検討しているなら、まずはご相談ください。

以下の内容なら相談は無料です。

  • 自分が申立人になれるかどうか知りたい
  • 相続財産管理人の選任までの流れを知りたい
  • 詳しい費用の説明が聞きたい

上記以外でも、申立てを検討しているなら相談は無料となります。

お電話お待ちしております
📞06-6643-9269

業務時間8:00~20:00
司法書士の小嶋(こじま)が担当します

申込フォームは24時間対応ですのでご希望の時間をご記入ください。折り返しご連絡いたします。
申込フォームに入力する

よくあるご質問Q&A
特別縁故者も申立てできますか?
亡くなった人の特別縁故者も利害関係人なので、申立てをすることができます。
予納金は発生しますか?
亡くなった人の財産等により家庭裁判所が判断します。
予納金が払えない場合はどうなりますか?
予納金を払わなければ、最終的に申立ては却下されます。
戸籍謄本等は何枚必要になりますか?
亡くなった人の家族構成によって、必要な戸籍謄本等の枚数も変わります。
兄弟姉妹が亡くなっているなら、兄弟姉妹の出生から死亡までの戸籍謄本等も必要です。
>相続専門の司法書士事務所

相続専門の司法書士事務所

相続に関する悩みや疑問があれば、お気軽にお問い合わせください。
遺言書に関すること。
相続登記に関すること。
相続手続に関すること。
相続放棄に関すること。
後見に関すること。
事実婚や同性カップルの相続対策。

CTR IMG