デザイン変更に伴い、表示が一部崩れています。

3カ月経過後の相続放棄|諦める前に一度読んでください

3カ月経過後の相続放棄

あなたが以下のような状態なら、ぜひ読み進めてください。

  • 市役所等の無料相談で無理だと言われた
  • 他の事務所で相続放棄を断られた
  • ネットに相続放棄は無理だと書いてあった
  • 3ヶ月経過後の報酬が高くて困っている

相続放棄は相続の開始を知った日から3ヶ月以内となります。

ですが、例外的に3ヶ月経過していても、相続放棄が認められているケースは実際にあります。

認められるためのポイントも記載しているので、諦めずに読んでください。

3カ月経過後の相続放棄の料金

3ヶ月経過後に相続放棄を依頼される場合は、定額料金としています。

相続放棄する人定額料金
配偶者34,000
子ども34,000
35,000
父母36,000
祖父母37,000
兄弟姉妹38,000
甥姪41,000
3ヶ月経過後の相続放棄

定額料金には、相続放棄に必要な実費を含んでいます。

  • 収入印紙:800円
  • 予納郵券:約500円
  • 戸籍謄本等の取得費用
  • 提出費用:520円

家庭裁判所にはレターパックプラスで提出します。

ちなみに、2人以降は料金が下がります。

相続放棄の依頼は2人目以降が割安

2人目以降に関しては、内容が同じなので割安にしております。

子どもが複数人で依頼

人数定額料金合計金額
1人目34,00034,000
2人目25,00059,000
3人目25,00084,000
4人目25,000109,000
子どもが複数人

兄弟姉妹が複数人で依頼

人数定額料金合計金額
1人目38,00038,000
2人目25,00063,000
3人目25,00088,000
4人目25,000113,000
兄弟姉妹が複数人

みかち司法書士事務所は、3ヶ月経過の相続放棄も経験豊富なので、諦めずにお問い合わせください。

疑問は電話ですぐにお答えします

みかち司法書士事務所
06-6643-9269
受付時間|8:00~20:00
※土・日・祝も受付しています
司法書士の小嶋(こじま)が担当します

司法書士 小嶋高士

相続放棄の経験は、個人通算で650件以上あり、すべて受理されています。
※現時点での成功率は100%

3ヶ月経過後の相続放棄、再転相続人による相続放棄などの経験も豊富なので、悩みや疑問があれば必ずご連絡ください。

ご相談中など出られない場合には、折り返しご連絡いたします。

事務所所在地を確認する。お住まいが遠方の方や時間が取れない方は、電話と郵送でも対応可能です。

申込フォームは24時間365日対応なので、ご希望の時間をご記入ください。折り返しご連絡いたします。

LINEからの問い合わせも可能です。

質問・相談

相続放棄の例外が認められるには理由が必要

3カ月経過後の相続放棄が認められるには、例外に該当する理由が必要です。

以下は、相続放棄の例外が認められる為の重要な点になります。

重要な点

(1)亡くなった人との関係性

亡くなった人との関係性は重要です。

なぜなら、亡くなった人と疎遠であれば、相続財産に気付けなくても、やむを得ないと判断されやすいからです。

(2)相続財産が無いと判断した理由

相続財産が有ることを知っていれば、3ヶ月以内に相続放棄をする必要があります。

したがって、相続財産が無いと判断した理由が重要になります。

過去の事例では、相続財産は無いと聞いていたや、調べても見つからなかった等があります。

(3)他の財産が存在しない

後から借金が見つかった場合、問題になるのはその他の財産です。

すでにその他の財産を相続しているなら、相続放棄するのは難しくなります。

逆に言えば、上記に該当するなら、3ヶ月経過後でも認められる可能性が高いです。

3カ月経過しても相続放棄が認められた事例

相続の開始を知った日から3カ月経過していたが、相続放棄が認められた事例の一部です。

下記の事例以外にも、数十件以上の経験があります。諦める前に連絡してください。

借金に気付けなかった事例

亡くなった母親は内縁の夫と同居していました。

相続人である子どもは、成人しているので一緒には暮らしていません。

内縁の夫から母親が亡くなったと連絡を受け、その際に母親名義の財産は何も無いと聞かされていた。

ところが、亡くなった日から8カ月後に内縁の夫から連絡があり、母親宛てに借金の督促状が届いていることを知らされた。

亡くなった母親と同居しておらず、内縁の夫から財産は無いと聞かされていたので、亡くなった母親の借金に気付けなかった。

したがって、8カ月経過後であっても、相続放棄は認められました。

生活保護費の返還債務に気付けなかった事例

亡くなった父親とは絶縁状態であり、住んでいる場所や生活状況も知らなかった。

社会福祉センターより父親が亡くなったと連絡を受けた。その際に、生活保護を受給していたことや、財産は特に無いとの説明を受けました。

ところが、父親の死亡を知った日から4カ月後に、生活保護費の返還連絡が自宅に届きました。

亡くなった父親とは絶縁状態であり、財産は特に無いとの説明も受けていたので、生活保護費の返還債務に気付けなかった。

したがって、4カ月経過後であっても、相続放棄は認められました。

会社への負債に気付けなかった事例

亡くなった父親は亡くなる直前まで働いていたが、財産は特に無かったので相続手続きは何もしていません。

ところが、父親が亡くなってから半年後に、勤めていた会社から連絡があり、給料の前借をしていたことが発覚しました。

亡くなった父親から給料の前借を聞いたことがなく、会社から請求されたのも死亡から半年後であり、相続人は給料の前借に気付けなかった。

したがって、6ヶ月経過後であっても、相続放棄は認められました。

不動産に気付けなかった事例

亡くなった父親には財産が特に無かったので、相続手続きは何もしていない。

ところが、父親が亡くなってから3年後に固定資産税の連絡が届き、祖父名義で放置されている不動産の共有持分を父親が取得していることが判明。

亡くなった父親から祖父名義の不動産について聞かされておらず、相続人が共有持分に気付くのは難しいです。

したがって、3年経過後であっても、相続放棄は認められました。

連帯保証人であると気付けなかった事例

亡くなった父親は行方不明になっており、生前の生活状況は分からない状態でした。

警察の連絡により父親の死亡を知ったが、父親の再婚相手から財産は特に無いと説明を受けた。実際、部屋も見たが財産が有るようには思えなかった。

ところが、父親の死亡から19年後に書面が届き、父親が連帯保証人であることが判明。

亡くなった父親は行方不明になっており、再婚相手からも財産は無いと説明を受けていたので、父親が連帯保証人であることに気付くのは難しいです。

したがって、19年経過後であっても、相続放棄は認められました。

相続放棄をチャレンジしても今より悪くならない

3ヶ月経過後の相続放棄はみかち司法書士事務所に依頼

相続の開始を知った日から3ヶ月経過後に、相続放棄が認められる保障はありません。

あくまでも、家庭裁判所が特別な事情を認めれば、例外的に相続放棄ができるだけです。

ですが、相続放棄をチャレンジしたからといって、今より悪くはなりません。

チャレンジせずに諦めるぐらいなら、相続放棄の相談は無料なので、必ずお問い合わせください。

3ヶ月経過の相続放棄についても、数十件以上の経験があります。

相続専門の司法書士(小嶋高士)が、知識と経験で疑問にお答えします。

疑問は電話ですぐにお答えします

みかち司法書士事務所
06-6643-9269
受付時間|8:00~20:00
※土・日・祝も受付しています
司法書士の小嶋(こじま)が担当します

ご相談中など出られない場合には、折り返しご連絡いたします。

お住まいが遠方の方や時間が取れない方は、電話と郵送でも対応可能です。

申込フォームは24時間365日対応なので、ご希望の時間をご記入ください。折り返しご連絡いたします。

  1. 1
    入力
  2. 2
    確認
  3. 3
    完了
お問い合わせの種類(任意)
お名前(必須
ふりがな(必須
電話番号(必須
メールアドレス(任意)
相談・依頼内容(任意)
ご都合の良い連絡時間がありましたら、相談・依頼内容の欄にご記入ください。
特に指定が無ければ10時または16時にご連絡いたします。
予期しない問題が発生しました。後でもう一度やり直すか、他の方法で管理者に連絡してください。

よくあるご質問

そちらに依頼すれば、必ず認められますか?

相続放棄を認めるかは家庭裁判所が判断します。
例外に該当する理由がなければ、誰に依頼しても却下されます。

遠方からでも依頼は可能ですか?

日本全国から依頼を受けています。
地元の専門家に断られた人が、ネットで検索して依頼してくることも多いです。

失敗した場合の返金保証はありますか?

返還保証制度は導入しておりません。
相続放棄が認められる可能性がなければ、依頼を断るようにしています。

今までの依頼で、却下された事例はありますか?

ありません。
ただし、当事務所に依頼したからといって、絶対に成功するわけではありません。