後見開始等申立書の作成

後見開始申立書の作成依頼についての説明となります。

必要な費用の内訳や仕事の流れ等をご確認ください。

後見開始申立書の作成料金

後見開始申立書の作成料金は報酬と費用に分かれています。

報酬は3類型で同じ

後見開始申立書となっていますが、保佐・補助の申立書も基本的には同じです。

保佐・補助開始申立書作成の報酬も同じとなります。

費用の内訳

後見開始の申立てをするには、複数の書類を集める必要があります。

診断書(5,000円から1万円)
本人の判断能力を確認するのに必要です。

後見が付いていない事の証明書(300円)
後見人等が付いていないことを確認します。

収入印紙(800円から2,400円)
後見開始なら800円です。

裁判所に提出する切手代(3000円から5000円)
家庭裁判所ごとに違います。

登記費用(2,600円)
後見開始したことを登記します。

本人の戸籍謄本と住民票

後見人候補者の住民票

鑑定費用

 

後見開始申立書作成までの流れ

申立書作成までの簡単な流れとなります。

お客様に準備してもらう書面等

診断書

親族の意見書(同意書)

本人の財産や収支に関する資料等

 

相談は無料

 

当事務所では初回来所時に料金の受取はしておりません
業務内容と見積書をご確認いただいてからの、口座振り込みとしております。
相談をしたからといって、依頼する必要はありませんので、お気軽にお問い合わせください。

 

お電話お待ちしております
📞06-6643-9269
業務時間8:00~20:00

申込フォームは24時間対応ですのでご希望の時間をご記入ください。業務時間外であっても、できる限りご希望の時間にお電話をいたします。

>相続専門の司法書士事務所

相続専門の司法書士事務所

相続に関する悩みや疑問があれば、お気軽にお問い合わせください。
遺言書に関すること。
相続登記に関すること。
相続手続に関すること。
相続放棄に関すること。
後見に関すること。
事実婚や同性カップルの相続対策。

CTR IMG