性別の変更手続き|6つの要件を満たす必要がある

戸籍上の性別を変更するには、6つの要件を満たす必要があります。

6つの要件を満たす人は家庭裁判所の手続きにより、戸籍上の性別の変更をすることができます。

性別変更を検討されている人は参考にしてください。

1.2人以上の医師により性同一性障害であると診断されている

1つ目の要件は、2人以上の医師により性同一性障害であると診断されているです。

性同一性障害
生物学的には性別が明らかであるにもかかわらず、心理的にはそれとは別の性別であるとの持続的な確信を持ち、かつ、自己を身体的及び社会的に他の性別に適合させようとする意思を有する状態

医師に診断されているなので、自分で思っているだけでは認められません。

2人以上必要なのは、医師により判断基準に差があり、間違った診断をする可能性もあるからです。
*過去には間違って性別変更をされた人もいたそうです。

 

2.20歳以上である

2つ目の要件は、20歳以上であるです。

日本では満20歳が成年年齢とされており、性別変更という重大な判断は未成年には認められていません。

仮に法定代理人の同意があっても、20歳未満の人は認められません。

 

3.現に婚姻をしていない

3つ目の要件は、現に婚姻をしていないです。

現に婚姻している人が性別変更をしてしまうと、同性婚となってしまうので認められていません。

現に婚姻をしていないなので、過去に結婚していても問題ありません。事実婚(内縁関係)は法律上の婚姻ではないので、手続きを進めることが出来ます。

 

4.現に未成年の子どもがいない

4つ目の要件は、現に未成年の子どもがいないです。

現に未成年の子どもがいないなので、成年の子どもがいても問題ありません。

性別変更後に養子縁組により未成年の子どもを受け入れることは可能です。

 

5.生殖腺がない又は生殖腺の機能を永続的に欠く状態にある

5つ目の要件は、生殖腺がない又は生殖腺の機能を永続的に欠く状態にあるです。

生殖機能が残っていると性別変更後に子どもが生まれる可能性が有るため。

例えば、女性から男性に変更した後で妊娠すると、男性が男性との間に子どもを出産することになります。

生殖腺を除去している

男性から女性(MtF)なら睾丸の摘出、女性から男性(FtM)なら卵巣・子宮を摘出となります。

生殖線の機能を永続的に欠く状態

女性は卵巣の機能が停止すると生殖能力がなくなります。つまり、生殖腺の機能を永続的に欠く状態といえます。

 

6.他の性別の性器の部分に近似する外観を備えている

6つ目の要件は、他の性別の性器の部分に近似する外観を備えていることです。

公衆浴場(銭湯)などで社会的な混乱を招かないようにするため。

外観を備えているかを家庭裁判所でチェックするわけではなく、医師の診断書への記載で確認します。

 

7.さいごに

性別変更には6つの要件を満たす必要があります。

  1. 2人以上の医師により性同一性障害であると診断されている
  2. 20歳以上である
  3. 現に婚姻をしていない
  4. 現に未成年の子どもがいない
  5. 生殖腺がない又は生殖腺の機能を永続的に欠く状態にある
  6. 他の性別の性器の部分に近似する外観を備えている

ただし、それぞれの要件には批判もあり、法改正により変更する可能性もあります。性別変更の手続きをする前に、現時点での法律を確認しておいてください。

すでに条件を満たしているのであれば、後は家庭裁判所での手続きだけとなります。申立書作成は低額なので、書類作成に不安があればご相談ください。

料金表を確認する

記事を読んで疑問に思われた箇所や分かりにくい説明がありましたら、お気軽にお問い合わせください。
同性カップルの相続に関することことでしたら、無料でお答えしています。
LINEでの回答もできるようになりましたので、公式LINEを登録してお問い合わせください。
友だち追加
>相続専門の司法書士事務所

相続専門の司法書士事務所

相続に関する悩みや疑問があれば、お気軽にお問い合わせください。
遺言書に関すること。
相続登記に関すること。
相続手続に関すること。
相続放棄に関すること。
後見に関すること。
事実婚や同性カップルの相続対策。

CTR IMG