大阪梅田で相続の悩みを解決します

06-6643-9269

成年後見の質問

Q 法定後見と任意後見の違いが知りたいです。
A 法定後見人は家庭裁判所が選びます。
一方、任意後見人はあなたが選びます。
その他にも違う部分がありますので『法定後見と任意後見の違い』を読んでみてください。

 

Q 成年後見人を家族にするつもりでしたが、他人が選ばれました。
知らない人に任せるのが不安なので、申立てを取り下げたいです。
A 家族が後見人に選ばれなかったことを理由に、成年後見の申立てを取り下げることはできません。

 

Q 成年後見人ができないことはありますか?
A 養子縁組、結婚、離婚などの身分上の行為は、代理することはできないです。
病院で手術の同意を代理することもできないです。

 

Q 父親の成年後見の申し立てをして、家族が後見人になっています。
銀行口座からお金も引き出せたので、父親の成年後見を止めたいのですが、どこで手続きをするのですか?
A 原則として、一度成年後見制度を開始すると、途中で止めることはできません。
例外は、後見が必要ないぐらいに、本人が回復したことを証明できた場合です。

 

Q 母親が初期の認知症と診断されました。
成年後見の申し立てが必要でしょうか?
A 必ずしも、成年後見人が必要とは限りません。
申し立てをする前に、成年後見制度の説明を聞かれることをお勧めします。

 

Q 母親の後見を検討しています。
成年後見の申立て費用は、誰が払うのでしょうか。
A 成年後見の申立て費用は、原則として申立人の負担となります。
成年後見の費用と報酬』で詳しく説明しています。

 

相続の悩みなら、範囲を問わず相談に乗ります

電話またはメールでご連絡ください

06-6643-9269

TOP