他の兄弟が相続放棄をすると相続分はどうなるのか?

あなたの兄弟姉妹が相続放棄をすると、あなたの相続分がどうなるかはご存知でしょうか?

相続放棄は個人の権利として行いますので、他の相続人に知らせる義務はありません。あなたが知らない間に相続分は変更されます。

兄弟姉妹がいる人は、相続放棄による相続分の変化について知っておきましょう。

1.相続放棄の特徴

相続放棄にはいくつかの特徴がありますので、まずは確認しておいてください。

  • 個人の権利として行使
  • 相続人ではなかったとみなさる
  • 相続放棄を知らせる義務はない

1-1.個人の権利として行使する

相続放棄をするかどうかは、各相続人が個人の権利として判断します。相続放棄をするのに他の相続人の同意等も不要です。

例えば、相続人が複数人存在しても、1人だけ相続放棄しているケースもあります。

1-2.相続人ではなかったとみなされる

相続人が相続放棄をすると、初めから相続人ではなかったとみなされます。つまり、亡くなった人の子どもであっても、相続放棄をすれば初めから相続人ではないということです。

1-3.相続放棄を知らせる義務はない

あなたが相続放棄したことを、他の相続人に知らせる義務はありません。言い換えれば、他の相続人が相続放棄をしても、あなたに知らせる義務もありません。

あなたを含めて相続人が複数人いたとしても、気付いた時には1人だけの可能性はあります。

関連記事

自分が相続放棄したことを、連絡した方が良いのか質問されることがあります。債権者(お金を貸している人)や後順位相続人に対してです。私が実際に依頼を受けているケースでは、依頼人により答えを変えています。「教えたあげた方が良いですよ」と言[…]

 

2.相続人の数が変われば相続分も変わる

他の相続人が相続放棄をするということは、相続人の数が変わるということです。その結果、あなたの相続分も変わることになります。

2つのケースを説明しますので参考にしてください。

2-1.配偶者と子ども(2人)が相続人

亡くなった人の相続人が配偶者と子ども(2人)のケースです。

子ども1人が相続放棄

相続放棄により相続分も変更

【相続放棄前】
配偶者2分の1、子ども4分の1、子ども4分の1

【相続放棄後】
配偶者2分の1、子ども2分の1

配偶者の相続分は変更しない点に注意してください。

子ども2人が相続放棄

子ども2人が相続放棄すると、後順位相続人がいるかで結論が変わります。

後順位相続人がいない場合は配偶者が1人で相続します。

後順位相続人がいる場合は、直系尊属となら配偶者3分の2、兄弟姉妹となら配偶者4分の3となります。

配偶者が相続放棄

配偶者が相続放棄をすると、子どもだけが相続人となります。

2-2.子どもだけが相続人

子どもだけが相続人のケースでは、最終的な相続人数で等分します。

亡くなった人に子どもが何人いたかではなく、相続放棄をしなかった相続人が何人いるかです。

 

3.知らない間に借金の負担額も増える

亡くなった人の財産にはマイナス財産(借金)も含まれます。借金等の可分債務は法律上当然に分割され、各相続人が相続分に応じて相続します。

可分債務
性質や価値をそこなわずに分割して履行することができる債務のこと

例えば、亡くなった人の相続人が子ども2人で借金が100万円であれば、1人50万円の借金を相続するということです。

【1.相続放棄の特徴】で説明したように、相続放棄をするのに他の相続人の同意は不要ですし、相続放棄を連絡する義務もありません。あなたが知らない間に他の相続人が相続放棄していれば、相続分が変わるので借金の負担額も変わるということです。

以下の図は相続人によって考え方が違うということを表しています。

相続放棄により負担額も変更

たとえ亡くなった人の借金が少額であっても、他の相続人が全員相続放棄すれば1人で全額支払うことになります。

プラスの財産が確実に無い場合は、借金の額に関わらず相続放棄をしている人は多いです。

 

4.さいごに

相続人の中に相続放棄をした人がいると、あなたの相続分は変更となります。たとえ相続放棄の連絡が無かったとしても変更です。

相続財産にはマイナス財産(借金等)も含まれます。あなた以外の相続人が全員相続放棄すれば、あなた一人で借金を返済することになります。

相続人となった際には、他の相続人が相続放棄することにより、相続分が変更になることを知っておいてください。

相続放棄を検討されている場合は、下記のボタンより料金と流れについて確認できます。

相続放棄の料金を確認してみる

相続放棄について電話や面談の際に、よく聞かれる質問をまとめています。

相続放棄に関する質問を確認してみる

>相続専門の司法書士事務所

相続専門の司法書士事務所

相続に関する悩みや疑問があれば、お気軽にお問い合わせください。
遺言書に関すること。
相続登記に関すること。
相続手続に関すること。
相続放棄に関すること。
後見に関すること。
事実婚や同性カップルの相続対策。

CTR IMG