司法書士試験の勉強は独学でも可能

独学

司法書士試験を独学で勉強して受かるのかどうか、インターネットで検索している人は多いです。

実際、独学で合格したという記事も複数あります。

一方で、「書いてあることが本当かどうか怪しい」と感じたことはないですか。

独学で合格したと書いてあるが、司法書士の登録はしていない。あるいは、記事を読んでみたら独学は難しいから、資格の学校を勧めている記事もあります。

結論から言えば、私自身が独学で勉強して合格しているので、仕事をしながら独学で勉強しても合格することは可能です。

もちろん、資格の学校に通われて勉強した方が、合格する可能性は高いと思います。

独学で勉強していると不安になることも多いので、私の体験談を気分転換にお使いください。

司法書士試験を受けるまでの経歴

まずは、私の学歴と職歴からです。

資格試験に独学で受かるかどうかに、学歴と職歴は関係しないので気にする必要はありません。

最終学歴が中卒でも独学で合格できる

独学で合格した人の学歴を確認すると、〇〇大学法学部と書いてあることが多いです。法学部でなければ独学は難しいのかと思うかもしれません。

ですが、私の最終学歴は中卒です。〇〇大学法学部でなくても、司法書士試験に独学で合格することは可能です。

初めて司法書士試験の勉強した際は、読めない漢字もありましたが、それでも独学で合格できています。

結果論ですが、資格試験に合格するかどうかに学歴は関係ないです。

法律に関係ない職歴でも独学で合格できる

独学で合格した人の中には、法律事務所で働きながら勉強した人もいます。法律事務所で働いているから、独学でも合格できたんだと思うかもしれません。

ですが、私は法律事務所で働いたことがありません。試験勉強を始める前は、広島市の自動車部品工場で働いていました。

試験勉強を始めた後は、派遣社員として地方都市(呉市・高松市・岡山市・姫路市・東近江市等)を移り住みながら働いていました。派遣会社が用意してくれた寮で生活しながら勉強です。

司法書士の新人研修が始まる直前は、三重県名張市でリチウム電池の製造をしていました。

途中で派遣切りをされ、住む所が無くなったりしたのも、今振り返れば話のネタになるので役立ってます。
*一週間程は家が無かったので、京都でネットカフェ難民になっていました。

法律事務所で働いたことが無くても、独学で司法書士試験に合格することは可能です。

 

司法書士試験の勉強を始める前の状態

司法書士試験の勉強を始める前の状態についても書いておきます。

本当に何も無い状態から独学で勉強を始めたので、スタート地点はどこからでも大丈夫です。

資格試験の勉強経験が無くても大丈夫

司法書士の勉強を始めるまで、他の資格の勉強をしたことが無かったです。当然ですが、司法書士試験の難易度も知りませんでした。

生まれて初めて資格試験の勉強をしたのが、司法書士試験です。勉強は中学を卒業してから14年ぶりです。

ですので、他の資格試験を勉強したことが無くても、司法書士試験に独学で合格できます。

司法書士を選んだ理由は特に無し

司法書士を選んだ理由は特に無いです。

何か資格を取得しようと思い、行政書士を検索していたら司法書士がヒットしたのがきっかけです。

「司法書士」という言葉も初めて見ましたし、「司法書士」という漢字を見ても、何をする人なのか分かりませんでした。

ネットで行政書士より司法書士の方が難しいと書いていたので、「勉強するなら難しい方がいいかな」ぐらいの軽い気持ちです。

独学を選んだ理由はネットに書いていたから

独学を選んだ理由は、ネットで勉強方法を検索していたら、独学でも合格できると書いていたからです。

2年間勉強したら素人でも合格できると書いていたので、素直に信じて勉強しました。

一応、資格の学校もネットで調べたのですが、費用が高すぎて選択する気が起きませんでした。

 

司法書士試験の勉強について

司法書士試験の勉強についてです。

記事を読んだ方は驚くかもしれませんが、何も知らない状態で適当に自分で考えた勉強方法です。

勉強方法は100%独学なので他は知らない

100%独学の勉強になります。模試も受けていないので、独学しか知らないです。

知り合いもいなかったので、全部自分で勝手に考えて勉強していました。今から考えると無駄も相当あります。

特徴としては、テキストは買わずに勉強を始めます。最初にテキストを読んでも時間の無駄なので、過去問だけをひたすら勉強します。

ちなみに、他の資格を勉強するときも、テキストは買わずに勉強を始めます。
*簿記や会計の場合は除きます。

受験回数は2回だけど1回で合格したかった

受験回数は2回。試し受験等もしなかったです。

本当は1回で合格するつもりでした。

「中卒が独学で工場の派遣で働きながら1回で合格する」のに拘り過ぎたのが失敗の理由です。

ですので、普通に勉強すれば、働きながら1回で合格することは可能だと思います。

独学の欠点は自分の力が把握しにくい

独学でずっと勉強していたので、自分の力がどの程度なのか把握しにくかったです。

私の場合は司法書士の勉強をしながら、別の資格試験を受けることにより、自分の勉強法でも結果が出るということが分かりました。

宅建と行政書士とビジネス実務法務検定を、自分の実力を確認するために司法書士の勉強をしながら受験です。

普通の考えでは「二兎を追う者は一兎をも得ず」になるのですが、独学なので自分勝手に受験しました。

無事に合格することができたので、自分の勉強法でも結果がでるのだと自信になりました。

 

過去の自分にアドバイス

私が過去の自分に勉強方法をアドバイスするなら、以下の3つになります。

  • ひたすら司法書士試験の過去問を解け
  • ノートは作成するだけ時間の無駄
  • 予想問題集は解けなくて当たり前

それぞれ理由を説明していきます。

ひたすら司法書士試験の過去問を解け

ひたすら司法書士試験の過去問を解くのが重要です。

分からなくても問題に挑む

初めて過去問を解くときは、分からなくて当然です。私が過去問を解いたときは、不動産登記という言葉も知らなかったので、問題を読んでも何のことか分からなかったです。

民事訴訟法を30問解いたときは、勘で答えても4問しか正解できませんでした。

ですが、問題を解いて解説を読むを繰り返していれば、勝手に分かるようになります。
*過去問は分野別に分かれている本をお勧めします。

正解が分かるだけでなく、〇✖の個数問題に変わっても解けるようにします。

また、択一の過去問をしっかり理解できていれば、記述式を解く際にも役に立ちます。

過去問は何回でも解けばいい

よくある疑問として、「過去問を何回やればいいのか?」があります。

私の考えは、何十回でも何百回でも解くです。過去問を解き過ぎたから、司法書士試験に落ちたという人はいないと思います。

実際、私も過去問に飽きて別の資格試験(司法試験等)の問題集を解いたりしましたが、時間の無駄なので司法書士試験の過去問をひたすら解きましょう。

ノートは作成するだけ時間の無駄

司法書士試験に限らないのですが、分からない知識をノートにまとめるのは止めた方が良いです。

ノートを作成していると勉強をしている気分になりますが、結果的に時間の無駄になります。

なぜなら、過去問をひたすら解いていれば、ほとんどの知識は頭に入るからです。ノートを書いている時間があれば過去問を解きましょう。

実は、私もノートを作成しましたが、まったく役に立ちませんでした。自分で作ったノートよりも、過去問の解説ページの方が詳しく書いてあります。

ある程度、勉強が進んだ段階で、どうしても覚えられない部分だけメモ帳(ポケットサイズ)に書いておきます。通勤時間や休み時間などがあれば、メモ帳に目を通します。

予想問題集は解けなくて当たり前

過去問を解けるようになれば、次は予想問題集を解きたくなります。

予想問題集に挑む前に覚えておいてほしいのは、分からない問題があっても気にしないことです。

私も初めて予想問題集を解いたときは、分からない問題が多くて挫けそうになりました。

ですが、予想問題集は過去問に無い問題を複数混ぜているので、解けなくて当たり前です。

重要なのは、過去問で出題されている問題が解けているかです。過去問の知識で7割から8割は正解できます。残りの2割から3割は、予想問題集を一度解けば頭に入ります。

予想問題集を解くのは、過去問を補完するためです。あくまでも、メインは過去問となります。

ちなみに、予想問題集で分からない問題に出会ったら、ラッキーぐらいに思いましょう。本試験前に自分が知らない知識を知ることができたからです。

 

さいごに

あまり一般的な経歴ではないので参考にならないでしょうが、気分転換のお役に立てれば幸いです。

司法書士試験に合格してからも、資格の取得は続けています。私が受験した資格試験に関してだけですが、全部独学で合格できています。

正しい努力を人よりも続ければ、資格試験は必ず合格できます。

 

ホームページを読んだ人から質問があったので、以下に書いておきます。

Q.勉強は1日どれぐらいしていましたか?
A.平日は3時間30分ぐらいで、朝1時間30分・昼30分・夜1時間30分の割合です。
休日は6時間ぐらいで、朝2時間・昼2時間・夜2時間の割合です。
Q.休日は遊んでいましたか?
A.勉強割合を見てもらえれば気付くと思うのですが、休日だからといって1日中勉強はしていないです。
基本的に休日は遊んでいました。ただし、試験の1カ月ぐらい前からは、気持ちが高まってきたので勉強時間も増えました。
Q.六法全書は読みましたか?
A.司法書士の新人研修に参加するまで、六法全書は読んだことが無かったです。
新人研修の持参物に六法全書があったので、その際に初めて買いました。
Q.仕事は何時間労働でしたか?
A.働いていた工場によって違うのですが、司法書士試験を受けたときは4勤2休で日勤と夜勤の交代勤務でした。昼勤を4日間したら次は夜勤を4日間します。
実働は10時間・休憩が1時間30分でした。
Q.独学で受かると思った理由は何ですか?
A.資格試験のことを何も知らなかったのが理由です。
司法書士試験の難易度などは、まったく知りませんでした。
ネットを検索したら独学で合格できると書いてあったので、疑うことなく独学で勉強しました。
Q.司法書士試験に合格するのに、勉強は何時間必要でしょうか?
A.分かりません。
勉強を始める際のスタートラインが人によって違うので、必要な勉強時間も人によって違います。
Q.テキストは買わなくても大丈夫なのですか?
A.初心者がテキストを読んでも理解するのは難しいです。理解できないテキストを読むより、過去問で経験を積む方が役立ちます。
テキストを買うなら、勉強の最終段階で上級者向けのテキストを買った方がいいです。
Q.模試を受けなかった理由は何ですか?
A.受けなかった理由は、わざわざ受ける理由が無かったからです。
ですので、受ける理由があれば、受ける価値はあります。
Q.予想問題集は解いた方が良いですか?
A.解いた方が良いです。理由は2つあります。
1つ目は、法改正等で過去問に無い知識を補充できる。
2つ目は、今まで出題されていない部分を補充できる。
Q.他に独学で受かった人を知っていますか?
A.同じ年に合格した人の中にも1人いました。
詳しい話はできなかったのですが、勉強方法は過去問をひたすら解くでした。
Q.徹夜で勉強をしたことはありますか?
A.ありません。
徹夜で勉強をしようと思ったことはありますが、眠たくなると集中力が切れるので止めました。
Q.行政書士試験は司法書士試験より簡単でしたか?
A.法律の問題は行政書士試験の方が簡単でしたが、一般常識の問題でめちゃくちゃ苦戦しました。
一般常識の足切り(部分点)に引っかかるところでした。
>相続専門の司法書士事務所

相続専門の司法書士事務所

相続に関する悩みや疑問があれば、お気軽にお問い合わせください。
遺言書に関すること。
相続登記に関すること。
相続手続に関すること。
相続放棄に関すること。
後見に関すること。
事実婚や同性カップルの相続対策。

CTR IMG