失踪宣告をするのに捜索願(行方不明者届)は必要なのか?

失踪宣告を検討しているが、捜索願を出していないので、失踪宣告できないのか不安に思っていませんか?

失踪宣告に捜索願が必要だと勘違いしている人も多いです。捜索願と失踪宣告に直接の繋がりはありません。

捜索願を出していなくても、失踪宣告の条件を満たしていれば、失踪宣告は認められます。

今回の記事では、失踪宣告と捜索願について説明しているので、失踪宣告の参考にしてください。

司法書士から一言捜索願は旧名称で、現在は行方不明者届という名称に変わっています。

1.捜索願は失踪宣告をするのに必須ではない

結論から言えば、行方不明者の捜索願(行方不明者届)は、失踪宣告をするのに必須ではありません。

申立人と行方不明者の関係性によっては、捜索願を出していない申立人もいます。あるいは、行方不明に気付いた時点で、数十年経過している人もいます。

実際、みかち司法書士事務所で依頼を受けた失踪宣告でも、捜索願を出していないケースの方が多いです。

もちろん、警察に捜索願を出しているなら、失踪宣告の申立をする際に添付書面として使用します。

 

2.なぜ、失踪宣告に捜索願が必須だと勘違いするのか?

失踪宣告の申立をするのに、捜索願(行方不明者届)が必須だと勘違いしている人もいます。

2-1.失踪宣告に関係なく捜索願を出している

そもそも、捜索願を出している人は、家族を探すために捜索願を出しています。

例えば、一緒に暮らしていた家族が行方不明になれば、失踪宣告に関係なく捜索願を出しています。捜索願を出しても行方不明者が見つからず、年月の経過により失踪宣告の申立をします。

つまり、失踪宣告をするために捜索願を出したのではなく、結果的に捜索願を失踪宣告に使用しているだけです。

2-2.捜索願を出している失踪宣告しか経験がない

失踪宣告の実務を経験しているなら、捜索願が必須ではないことも知っています。

ただし、失踪宣告の相談を受けた専門家が、捜索願を出した人からしか依頼を受けたことがない可能性はあります。

捜索願を出している失踪宣告の依頼しか受けていなければ、捜索願が必須だと勘違いする専門家もいるでしょう。

 

3.捜索願は失踪を証する資料の一つに過ぎない

失踪宣告の申立をする際には、申立書だけでなく「失踪を証する資料」も必要になります。

以下は、失踪宣告の申し立てについて説明している、裁判所のホームページです。

(2) 標準的な申立添付書類

不在者の戸籍謄本(全部事項証明書)
不在者の戸籍附票
失踪を証する資料
申立人の利害関係を証する資料(親族関係であれば戸籍謄本(全部事項証明書))

出典:裁判所ウェブサイト(失踪宣告)

家庭裁判所が申立添付書類として求めているのは、失踪を証する資料です。捜索願(行方不明者届)と指定しているわけではありません。

捜索願以外の書類であっても、失踪を証する資料に該当するなら問題ありません。

あくまでも、捜索願は失踪を証する資料の一つに過ぎません。

 

4.捜索願以外の資料を添付して失踪宣告をする

捜索願(行方不明者届)を出していないなら、捜索願以外の資料を添付して失踪宣告をします。

具体的には、職権消除された住民票(戸籍の附票)を、失踪を証する資料として使用します。

職権消除
市区町村の職務に基づく正当な権限等により住民票を消除すること

住民票を職権消除されて以降、新しい住所が記載されていなければ、住所不定となります。

ですので、職権消除されている人は「不在者」と言えます。
※不在者とは住所(居所)を去った人。

不在者の生死が7年以上不明であれば、失踪宣告の申し立てをすることが可能です。

通常、職権消除された日から7年以上経過していれば、職権消除された住民票は失踪を証する資料に該当します。

 

5.失踪宣告で捜索願が役に立つのは事実

失踪宣告の申し立てをするのに、捜索願(行方不明者届)は必須ではありません。

ですが、捜索願を出していると、いつから行方不明なのかを証するのに役立ちます

なぜかというと、住民票が職権消除されていても、行方不明になった日は分かりません。他の書面(上申書)で行方不明になった日を証する必要があります。

捜索願を出していれば、いつから行方不明になったのか証しやすいです。

例えば、捜索願を平成25年7月1日に出していれば、行方不明になった日は平成25年7月1日よりも前のはずです。
※捜索願を出した日以後に生存確認できた場合は除く。

捜索願が出せるのであれば、捜索願を出しておいて損はありません。

5-1.失踪宣告の申立てに添付するのは行方不明者届受理証明書

失踪宣告の申立書に捜索願は出していると記載するだけでなく、行方不明者届受理証明書も取得して提出します。

もし、行方不明者届受理証明書が手元になければ、今のうちに取得しておきましょう。

 

6.さいごに

今回の記事では「失踪宣告と捜索願」について説明しました。

失踪宣告をするのに、捜索願(行方不明者届)は必須の書類ではありません。捜索願がなくても失踪宣告は認められます。

あくまでも、捜索願は「失踪を証する資料」の一つに過ぎません。他の資料で失踪を証することも可能です。

ただし、捜索願を出していれば、失踪宣告の役に立つのは事実なので、捜索願を出しておいて損はありません。

普段、失踪宣告に関わることは少ないので、不明な点があればお気軽にご相談ください。

長期間に渡り生死不明な人がいると、以下のような問題があります。

  • 何十年経過しても相続が発生しない
  • 遺産分割協議ができない
  • 気持ちの整理ができない

行方不明者の失踪宣告をご検討されている方は、以下よりご確認いただけます。

\相続手続きを進めよう/失踪宣告の流れを確認する

失踪宣告の質問は電話でお答えします
📞06-6643-9269

受付時間8:00~20:00
司法書士の小嶋(こじま)が担当します

ご相談中など出られない場合には、折り返しご連絡いたします。

申込フォームは24時間対応ですのでご希望の時間をご記入ください。折り返しご連絡いたします。

\問い合わせは無料/失踪宣告の問い合わせをする

下記から相談用LINEに登録できます。

質問・相談

LINEからでも失踪宣告の相談は可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

失踪宣告について電話や面談の際に、よく聞かれる質問をまとめています。

失踪宣告に関する質問を確認

失踪宣告の基本については、失踪宣告のまとめ記事をご覧ください。

失踪宣告のまとめ記事

失踪宣告に関する記事も複数ありますので、悩みを解決するための参考にしてください。

失踪宣告記事一覧

>相続専門の司法書士事務所

相続専門の司法書士事務所

相続に関する悩みや疑問があれば、お気軽にお問い合わせください。
遺言書に関すること。
相続登記に関すること。
相続手続に関すること。
相続放棄に関すること。
後見に関すること。
事実婚や同性カップルの相続対策。

CTR IMG