遺言書の文案作成

NO IMAGE

遺言書に記載する財産額によって、報酬額に差を付けています。
一般的には不動産を取得されていなければ、3,000万円未満が多いのではないでしょうか。

自筆証書遺言または公正証書遺言どちらを選ばれても、報酬額の部分はほとんど差がないです。

 

お電話お待ちしております
📞06-6643-9269

業務時間8:00~19:00

業務時間内にお電話するのが難しい場合は、申込フォームは24時間対応ですのでご希望の時間をご記入ください。
できる限りご希望の時間にお電話をいたします。

2人同時作成は割引

ご夫婦やカップルで同時に遺言書を作成される場合は、金銭面での負担を考慮して割引としております。

自筆証書遺言にする場合は、法務局に保管することをお勧めしています。
法務局保管費用は3,900円です。

たとえば、資産3,000万円未満で法務局保管の場合。

自筆証書遺言なら47,900円となります。
報酬(4万円)+消費税(4,000円)+(3,900円)

2人で同時に作成は73,800円です。
報酬(6万円)+消費税(6,000円)+(7,800円)

 

公正証書にする費用

公正証書遺言にする場合は、公証役場に支払う費用が発生します。

公正証書遺言にされる場合は、最低でも3万6,000円が費用として必要となります。

目的価格が100万円以下なら5,000円
合計額が1億円以下なので1万1,000円追加
証人2人の手配料2万円

公正証書遺言にする場合の最大のネックは、公証役場への費用が意外に高いことです。

自筆証書遺言と公正証書遺言で悩まれている場合は、まずはお気軽にお問い合わせください。

 

当事務所では初回来所時に料金の受取はしておりません
業務内容と見積書をご確認いただいてからの、口座振り込みとしております。
相談をしたからといって、依頼する必要はありませんので、お気軽にお問い合わせください。

 

お電話お待ちしております
📞06-6643-9269

業務時間8:00~19:00

業務時間内にお電話するのが難しい場合は、申込フォームは24時間対応ですのでご希望の時間をご記入ください。
できる限りご希望の時間にお電話いたします。

>相続に関する取扱い業務

相続に関する取扱い業務

相続に関する相談
遺言書の文案作成
任意後見契約書の文案作成
相続登記
相続放棄
後見申立書作成
その他

CTR IMG