大阪梅田で相続の悩みを解決します

06-6643-9269

同性婚

同性パートナーに相続税が発生する可能性|2つの理由から考える

    同性パートナーが相続税を払う可能性は高くなる

    同性パートナーが実際に相続税を支払うことは、今まではあまり無かったのではないでしょうか。

    けれども、遠くない未来においては、今までよりは増えると思います。
    増える理由としては、2つ挙げることができます。

    1. 生命保険金の受取
    2. 不動産の購入

    1つ目の生命保険金の受取は、同性パートナーが実際に受け取るケースがこれから増えてきます。
    2つ目の不動産の購入は、同性カップルが住宅ローンを組みやすくなったので、相続財産に不動産が含まれるからです。

    2つとも同性カップルにとっては良いことです。
    ただし、それに伴って相続税が発生する可能性も、これまでよりは高くなります。

    実際に相続税が発生するのは、まだ先になると思いますが、知識として知っておいて損はないです。

    目次

    1. 生命保険金の受取
      1. みなし相続財産
      2. 非課税枠
    2. 不動産の購入
      1. 住宅ローン
      2. 相続財産に不動産
    3. まとめ

     

    1.生命保険金の受取

    2015年11月より生命保険金の受取人に、同性パートナーを指定することが、保険会社によっては可能になりました。

    しかしながら、実際に生命保険金を受け取った人は、まだ少ないのではないでしょうか。
    5年後、10年後ぐらいには、生命保険金を受け取る同性パートナーも増えてくると思います。

    1‐1.みなし相続財産

    生命保険金は相続財産ではないのですが、相続税の計算では「みなし相続財産」として含みます。

    みなし相続財産
    相続財産ではないが相続税の計算においては、相続財産とみなして課税する

     

    今までは生命保険金を相続税の計算に含める、同性パートナーは存在しませんでした。
    これから先はみなし相続財産として、計算に含めるケースも増えていきます。

    1‐2.非課税枠

    生命保険金の非課税枠
    基本的に同性パートナーは、生命保険金の非課税枠を使うことができません。
    したがって、受け取った金額がそのまま相続税の計算に組み込まれます。

    受け取る生命保険金が高額であれば、相続税が発生する可能性も高くなります。

    相続税の基礎控除額を計算しておく等、最低限の準備は忘れずにしておきましょう。

    生命保険については、下記の記事でも説明しています。
    同性婚と生命保険)はこちらです。

     

    2.不動産の購入

    同性カップルが不動産を購入するには、今までは高いハードルがありました。
    収入合算ができない、ペアローンが組めない等です。
    同性パートナーが1人で不動産契約
    同性カップルが不動産を購入する場合は、1人で契約するケースが多かったのではないでしょうか。
    *当事者間では資金援助をされていたと思います。

    2‐1.住宅ローン

    住宅ローンの世界にも、変化の波が訪れています。

    銀行によっては、住宅ローンを組む際に同性パートナーと収入合算ができる。
    あるいは、同性パートナーとペアローンを組むことが、可能になりました。

    収入合算とは、申込者の収入に同性パートナーの収入も合算して、住宅ローンの融資額を計算します。
    借入額の上限が高くなるので、選択肢の幅が広がります。

    ペアローンとは、2人がそれぞれ住宅ローン契約をして、共同で不動産を購入します。
    それぞれの借入額が低くなります。

    住宅ローンについては(同性婚と住宅ローン)で説明しています。

    2‐2.相続財産に不動産

    同性カップルが不動産を購入するハードルが、今までよりは低くなりつつあります。

    実際に不動産を購入する同性カップルが増えれば、亡くなったときの相続財産に不動産が含まれるということです。
    収入合算の場合は不動産名義が1人なので、名義人(同性パートナー)が亡くなると相続財産が高額になりやすいです。

    同性カップルで不動産を購入することは、同性パートナーへの相続財産も増えます。
    実際に相続が起るのは、まだまだ先でしょうが、相続対策は忘れずにしておきましょう。

    不動産については、下記の記事で説明しています。
    同性婚と不動産)はこちらです。

     

    3.まとめ

    同性パートナーが相続税を払う可能性は、今までよりは高くなります。
    ただし、早くから対策をしておけば、相続税を恐れる必要はありません。

    基礎控除額がいくらになるのか、相続財産には何が含まれるのか、生前に出来ることは何なのか。
    相続税について、知っておくことが対策の第一歩です。

    同性カップルを取り巻く環境は、これから先も常に変化していくので、知っておくことは重要になります。
    分からないことや疑問に思ったことは、気兼ねく尋ねてみましょう。

    関連記事

    相続の悩みなら、範囲を問わず相談に乗ります

    電話またはメールでご連絡ください

    06-6643-9269

    TOP