CATEGORY

同性婚

同性カップルと養子縁組|相続対策にはリスクもある

同性カップルが相続対策(財産を残す)のために、養子縁組を利用することもあります。 なぜなら、養子縁組により親族関係を作り、相続人としての地位を得ることができるからです。 養子縁組には親子型と兄弟姉妹型の2つがありますが、どちらでも相続人の地位を得ることができます。 一方で、養子縁組を利用することにより、同性カップルにはリスクも発生します。 財産を残すための養子縁組に、本当にメリットがあるのかを考え […]

同性カップルと相続のルール|知っておくべき基本知識

同性カップルが知っておくべき、相続の基本知識(ルール)についてです。 人が亡くなると有していた財産は、法律で決められたルールに従って相続されます。 相続のルールは同性カップルに冷たいです。何もしなければ何も残すことはできないです。 対策の第一歩として、基本知識を得ることから始めましょう。 目次 法定相続 法定相続人 法定相続分 分割方法 遺産分割協議 遺言書 特別縁故者 まとめ   1. […]

同性婚と生前贈与|確実に渡せるが注意点もある

同性カップルが生前贈与する場合は注意が必要 贈与は当事者間の意思表示で成立するので、相続人であるかは関係ないです。 したがって、同性カップルも上手く使うことで、メリットを最大限に活かすことができます。 同性カップルが生前贈与を使うメリットは、2つあります。 同性パートナーに財産を残せる 同性パートナーの相続税を減らせる ただし、同性カップルが生前贈与を使う際には注意点もあります。贈与した財産が無駄 […]

同性婚と遺留分|パートナーにとって迷惑な制度

同性パートナーへの遺贈を考える際に、遺留分を気にすることも多いはずです。遺留分制度の目的は共に歩んできた人を守る意味があります。けれども、同性カップルにとっては迷惑な存在となっています。遺留分のルールを知っておけば、対策等も立てれますので確認しておいてください。

同性婚と信託契約|可能性を秘めた新しい対策

信託契約を利用することで、今までは出来なかったことも可能になります。同性カップルが相続対策で利用することも可能です。ただし、すべてのカップルにメリットがあるわけではないので、別の方法と比較検討したうえでご利用ください。

同性婚と特別縁故者|パートナーが最後に頼る手段

特別縁故者制度は同性パートナーが最後に頼る方法となります。ただし、亡くなった人に相続人がいないことが条件となります。ですので、生前から当てにするのは危険です。あくまでも最終手段として考えておいてください。

同性婚と生命保険|パートナーを受取人にできる時代

同性パートナーを生命保険の受取人に、指定できるようになってから数年が経過しました。 実際に生命保険契約を結ばれた人も、多数いると思います。 一方、まだ生命保険契約を結んでいない人もいますので、同性婚と生命保険について考えていきます。 1章では生命保険を結ぶ際の注意点等を、2章では実際に生命保険金を受け取る際の問題点を、3章では同性婚において生命保険契約を利用するメリットについて書いています。 目次 […]

パートナーシップ証明書|取得しておくと何のメリットがあるのか

パートナシップ証明書を取得すると、同性カップルには何のメリットがあるのでしょうか。まだまだ取得されていない人も多いので、一つ一つ考えていきます。基本的には無料であることや、病院等でパートナーの証明に使えたりもします。注意点は、法律上の効力はないので、相続で優遇されたりはしません。

LGBT・同性婚と相続税|パートナーには無慈悲な相続税

同性パートナーが財産を取得した場合は、相続税の課税対象者となります。 同性パートナーが苦労して財産を引き継いでも、今度は相続税の問題が待ち構えています。LGBT・同性婚に対しては相続税のルールも厳しいです。 なぜなら、相続人には当然に認められている特例等が、同性婚では認められていません。その結果、相続税が高額になりやすいです。 相続税は亡くなった後、10か月以内に現金一括納付となります。納税資金を […]

>相続に関する取扱い業務

相続に関する取扱い業務

相続に関する相談
遺言書の文案作成
任意後見契約書の文案作成
相続登記
相続放棄
後見申立書作成
その他

CTR IMG